2019年11月24日

翻訳文を日本語に訳し戻すにあたっての方針

 一昨日、平安文学に関する翻訳文を日本語に訳し戻すことを書きました。

「平安文学の翻訳から見たポケット翻訳機への期待」(2019年11月22日)

 今から33年前に、文学研究にコンピュータを導入する意義と具体例を、『新・文学資料整理術パソコン奮戦記』という本にまとめました。その時、コンピュータに文学などわかるはずがない、という批判をいただきました。電気で動く単なる機械に、過剰なまでの期待をもってのご意見でした。
 私が提示したのは、情報文具とい道具をどう文学研究に活用するか、という問題提起でした。それを、コンピュータが人間の思考活動に対峙するものとして、あるいは置き換わるものとして捉えられたのです。この反応は数年続きました。今なら、そんなことを言う人はもういないと思います。

 一昨日、平安文学の翻訳文を日本語に訳し戻すことを書きました。いらっしゃらないとは思うものの、機械翻訳など使い物にならない! 何を愚かなことを! とおっしゃる方がおられるのではと危惧します。そこで、訳し戻しは文学的な表現で日本語に戻すものではないことを、あらためてここで確認しておきます。無用な批判を避けるためです。

 現在、訳し戻しをお願いする時に、次の方針を提示しています。

■訳し戻しの依頼内容■



〈概要〉
 世界各国37種類の言語で翻訳された『源氏物語』に関する翻訳書を整理し、その中から特定の巻を日本語に訳し戻して比較検討の基礎資料とするのが、今回の翻訳依頼の主旨です。
 この各国語翻訳を日本語に一元化したものを通して、日本文化が変容して伝えられていく諸相と実態を確認し、研究者等との共同研究で考察していきます。各国にどのような表現で『源氏物語』が、ひいては日本文化が伝えられているのか、ということを調査研究しようとするものです。
 日本文学を通して日本文化が海外にどう伝わっているか、ということが本研究で最終的に取り組む課題となります。
 そのため、文学的な名訳は求めません。
 現地にお住まいの方に伝わる感覚で、現地の方々が理解できるレベルでの、ごく普通の逐語訳にしてください。日本語を母語とする人に向けての日本語訳ではないことを、充分に理解して取り組んでいただきたいと思います。

〈注意事項〉
(A)日本語へ訳し戻すにあたっての各国語訳の本文資料は、PDFでお渡しします。それを日本語に訳し戻していただき、プレーンテキストで返信してください。

(B)受け取ってから1ヶ月ほどで完成したものを返送してください。完成した日本語訳を公開するときには、訳者のお名前を公表させていただくことをご了承ください。

(C)人選は、各言語につき2名(原則としてネイティブの方1名と日本語を母語とする方1名)を、本科研の研究代表者である伊藤鉄也が適任と思う方にお願いします。

(D)お渡しした資料のうち、「刊記」「まえがき」「序章」「あとがき」等を参照し、当該翻訳文が(1)何時(2)どこの国で刊行(3)誰が(4)どのようなテキストを基にして(5)どのような方針で訳したのか、を整理した文章を、A4版1枚くらいを目安にした分量で、訳し戻し文とは別のファイルで提出してください。

(E)「脚注・後注」も、翻訳者が読者に日本文化をどう伝えようとしているのか、という貴重な資料となります。これも日本語に訳し戻して、訳し戻し文とは別ファイルとして提出してください。

(F)訳し戻しをしていただくにあたり、問題と思われた、もしくは手間取った、または苦労した箇所に関するメモも、訳し戻し文とは別ファイルとして提出してください。日本文化がどのように伝えられているのか、ということを検討する上で、大切な資料になるためです。

(G)文学作品の翻訳書を日本語に訳し戻した著作物や、多言語翻訳を担当した方には、その翻訳に関わる権利を、本科研の共同研究の成果として公開するものであることを理解していただき、作成者個人の権利以外は本科研の基盤研究機関である大阪大学に委譲することを原則とします。これは、日本学術振興会に研究計画を申請した際に申告したことです。


 ここに明示している通り、名訳を期待しているのではなくて、文化の変容を検討するために、可能な限り原語に忠実に日本語へ移し替えてもらうことに力点があります。訳し戻されたものが、日本語として多少おかしくても構わないのです。日本の文化が相手の国にどのような言葉として伝えられようとしたのかを知る資料になればいいのです。
 その意味では、ポケット翻訳機は格好の情報文具となりそうです。
 このテーマが、おもしろい展開となることを期待しています。
 
 
 
posted by genjiito at 21:00| Comment(0) | ■科研研究

2019年11月13日

東欧で来年9月に国際日本文学研究交流集会を検討中

 現在取り組んでいる科研の成果の公開と、研究交流を目的とした国際日本文学研究交流集会を、来年9月に実施したいと思います。
 2020年9月16日〜19日に、第31回EAJRS(日本資料専門家欧州協会)の会議が、ロシアのサンクトペテルブルグで開催されます。可能であればそこで、翻訳本に関する研究報告をする予定です。
 その後、ハンガリーに移動して、9月20日〜23日の間にカーロリ大学と地方の公共機関等の施設で、国際日本文学研究交流集会を2箇所で開きます。その集会は、平安文学の中でも、〈物語〉と〈和歌〉を中心とした共同討議ができる集まりにしたいと思います。
 ハンガリーの集会に、近隣に在住の方々や、興味と関心をお持ちの方の参加を呼びかけるつもりです。スロベニア、クロアチア、セルビア、ルーマニア、ウクライナなどの国々の方を思い浮かべています。
 まだ、プランをメモとして書き出し、身近な方々と話を始めたところです。基本的には、日本語による発表と討議を行います。一般の方々にも理解していただけるように、通訳と現地語の資料は付けたいところです。この初発の段階から、共同研究としての意見交換をする中で、内容をより具体的に煮詰めていきたいと思います。
 こうした計画について、ご意見やアイデアをお寄せいただけると幸いです。
 
 
 
posted by genjiito at 19:46| Comment(0) | ■科研研究

2019年10月31日

平安文学の翻訳本整理に関するアルバイトを募集中(その5)

 すでに4度、私の科研で多言語翻訳に関するアルバイトを募集していることを、本ブログに掲載して来ました。
 おかげさまで、すばらしい方との出会いがあり、すでに業務についていただいています。
 そこで、今回はさらに、「日本語による情報の整理をしていただける方」を募ります。
 この科研のテーマで調査を進めていると、膨大な情報が集まります。それらのデータをエクセルなどで整理するのに、人手が足りなくなりました。外国語が得意な方というのではなく、さらなる情報収集と集まった情報を整理していただける方を求めています。もちろん、この研究は多言語・異文化・学際的な領域を対象としているため、作業内容は多岐にわたります。
 有象無象の情報を整理することに興味のある方、文学関連の情報を収集することに興味のある方に来ていただけると助かります。

 今回は、大阪大学外国学図書館(箕面キャンパス)の斜め向かいに建つ、総合研究棟の1階エレベータ横の掲示板に、次のポスターを掲示していただいています。

191029_poster.jpg

 〈内容〉〈時給〉〈日時〉〈場所〉〈連絡先〉は、掲示されている通りです。前回よりも〈時給〉が少し上がりました。

 翻訳については、在宅で取り組んでいただくことも可能です。翻訳に興味と関心があり、アラビア語・クロアチア語・スロベニア語・フィンランド語・ベトナム語・ポルトガル語・リトアニア語などの言語に長けた方の協力を求めています。

 上記言語の運用および翻訳そして情報の整理ができる方について、お知り合いをも含めて、この情報を拡散していただけると幸いです。他大学の学生さんや、社会人の方も歓迎します。連絡をお待ちしています。
 希望される方は、本ブログのコメント欄を利用して連絡をいただければ、折り返し面談に関してメールを差し上げます。
 
 
 
posted by genjiito at 18:33| Comment(0) | ■科研研究

2019年10月23日

箕面の研究室にフィットレル先生の来訪を受けて

 大阪大学の日本語日本文化教育センターで招聘研究員(日本古典文学専門)をなさっているフィットレル・アーロンさんが、私の研究室にお出でになりました。日本語日本文化教育センターは、私がいる箕面キャンパスの総合研究棟からすぐ近くの坂の途中に建っています。中国からの庄婕淳さんに次いで、研究者としては2人目の来訪者です。部屋が少しずつ片付いているので、こうしてお出でになってもそれなりの対応がどうにかできるようになりました。
 今日も、たくさんの楽しい話に花が咲きました。フィトレルさんは『更級日記』をハンガリー語に翻訳したことに引き続いて、『百人一首』や「三十六歌仙」に興味をもっているとのことです。フィットレルさんのことは、「平安文学のハンガリー語訳に関する最新情報(フィットレル版)」(2018年06月18日)で紹介しました。

 明々後日26日(土)に、NPO主催の京都でのイベントの話をすると、すでに私のブログをお読みだったこともあってか、参加したいとのことです。フィットレルさんのお仲間で、『百人一首』のハンガリー語訳をなさったカーロイ・オルショヤさんにも、声を掛けてみるとのことです。可能であれば連れて来てもらえそうです。
 そのカーロイさんは、『百人一首』のハンガリー語訳をした方なので、来年の2月にこの私の科研の研究会があれば2人で発表をしたい、とのことです。また、来春発行を予定している『海外平安文学研究ジャーナル 8号』に、2人とも研究論文(資料解説)を投稿したい、とおっしゃってくださいました。ありがたいことです。フィットレルさんには、現在編集が最終段階となっているジャーナルの第7号にも執筆していただいているので、楽しみが増えます。
 さらには、ハンガリー語訳『源氏物語』を日本語に訳し戻すことも、引き受けてもらえました。『十帖源氏』もハンガリー語に翻訳したいとのことです。まずは、ハンガリー語訳『源氏物語』の「若紫」「須磨」「明石」の3巻分のコピーをお渡ししました。
 また1つ、完成が楽しみな翻訳資料が増えます。

 科研(A)として取り組んでいる「海外における平安文学及び多言語翻訳に関する研究」(課題番号︰17H00912)は、途切れることなく情報が集まり、その整理が進んでいます。
 今夏、アルバイトの募集の第2期分を公開しました。
「平安文学の翻訳本に関するアルバイト募集のポスター(その4)」(2019年08月23日)
 今も、この中の「クロアチア語」「スロベニア語」に加えて「ドイツ語」の情報を収集して整理してもらえるアルバイターを探し求めています。

 さらには、諸外国の言語に堪能な方というよりも、集まっている膨大な情報を整理してもらえるアルバイトの方を探し求めています。日本語が読み書きできて、エクセルが普通に使えれば大丈夫です。条件などは、上記2019年08月23日の記事を参照してください。
 いずれにしても、アルバイトのことに関しては、このブログのコメント欄などを活用して連絡をいただければ、私から詳しくお答えします。
 
 
 
posted by genjiito at 23:56| Comment(0) | ■科研研究

2019年10月18日

ルーマニア語が母語のロマン・パシュカ先生と出町柳で面談

 不思議なご縁で、京都大学のパシュカ・ロマン先生を知ることとなりました。
 簡単な人物紹介は、京都大学のホームページ(http://www.cape.bun.kyoto-u.ac.jp/member/#a_member_pasca)で見ることができます。
 今日は、出町柳でお目にかかり、いろいろと有意義な話を伺う機会が得られました。
 お話の中心は、持参したイオン・スクンピエル氏著「日本ルーマニア関係133年」の巻末資料「ルーマニアで出版されている日本関連書籍」のリストと、在ルーマニア日本大使館のフロレンティナ・トマさん作成の「ルーマニア語に翻訳されている日本文学作品」を見ながらの翻訳書の確認でした。
 今年の3月にルーマニアへ調査旅行で行ったことは、「カンテミール大学訪問後は書店へ」(2019年03月09日)に書いた通りです。その記事にある、カンテミール大学で会った先生方は、みなさんロマン先生のお仲間だったのです。また、翌日の「ブカレスト大学で『百人一首』に関する基調講演」(2019年03月10日)に書いたことも、ロマン先生がブカレスト大学のご出身ということもあり、私がその時に名刺交換した先生方もこれまたお仲間なのです。世界は狭いものだと、いつものことながら実感しました。
 ロマン先生は、『枕草子』のルーマニア語訳に関わっておられました。これについては、古文から訳された1977年版と、それを改訂した2004年版がそうです。1977年版は、時代の趨勢もあり、検閲でカットされたものだったようです。それを、ロマン先生は元版の訳者であるチョンカ先生と相談して補われたのが2004年版だ、とのことでした。これとは別に、2015年版は、英訳からルーマニア語訳にしたものです。オックスフォード大学の先生が関わっておられるようです。これらも、今後の調査で明らかにしていくつもりです。なお、チョンカ先生は現在はドイツにお住まいのようです。機会を得て、その背景などを直接伺いたいものです。
 『源氏物語』に関しては、2017年に刊行されたホンドル先生のルーマニア語訳『源氏物語』以外に、「【速報】1969年版ルーマニア語訳『源氏物語』との出会い」(2019年03月08日)があったことは、すでに報告しました。それに加えて、今日はさらにもう一冊の『源氏物語』に関する情報がいただけました。それは、1985年にEPLUから刊行されたルーマニア語訳『源氏物語』です。これは、フランス語からの重訳のようです。ただし、「葵」巻までのようなので、1969年版のアーサー・ウェイリーの英訳からルーマニア語に訳した『源氏物語』とどのような関係にあるのか、今後さらに調査を進めて行きます。
 今日のロマン先生のお話から、ルーマニアの共産主義時代における出版物に関する影響を考える必要性を痛感しました。私には荷の重いこととはいえ、多分野の方々とのコラボレーションを通して、問題点を浮き彫りにしていきたいと思っています。ご意見などをお寄せいただけると幸いです。
 ホンドル先生のルーマニア語訳『源氏物語』「若紫」巻のコピーをお渡しし、日本語への訳し戻しをお願いしました。
 こうして、ルーマニア語に翻訳された平安文学の調査研究も、少しずつ前進しています。成果が見える形で報告できることを、今から楽しみにしています。
 
 
 
posted by genjiito at 22:39| Comment(0) | ■科研研究

2019年10月16日

愛知文教大学で翻訳本に関する出張授業

 今日は、愛知文教大学で「海外で読まれている平安文学 −翻訳本の表紙を楽しむ−」と題して、出張授業をして来ました。科研の成果を公開することで、若い学生たちに最新の情報を提供し、一緒に考えるきっかけを作り出そう、とするのが目的です。
 配布する資料の冒頭には、次の説明を掲げました。
 これから、このプログラムをメニューの一つとして、全国各地を回って行く予定です。

開催目的:日本古典文学が海外で受け入れられている現状と世界の書籍文化を知る機会の提供

開催基盤:科研(A)「海外における平安文学及び多言語翻訳に関する研究」
     (課題番号︰17H00912、研究代表者・伊藤鉄也・大阪大学)

後援協力:特定非営利活動法人〈源氏物語電子資料館〉

講義補助:吉村仁志(科研運用補助員、同志社大学・3年生)

配布冊子:『平安文学翻訳本集成〈2018〉』(伊藤鉄也 他3名編、2019年3月)
     【ダウンロード先】https://genjiito.org/aboutkaken/allresearchreports/

閲覧資料:『平安文学翻訳本集成〈2018〉』に掲載した翻訳本から20点を適宜選択

情報公開:「海外へいあんぶんがく情報」(http://genjiito.org

講義概要:
 日本の古典文学の中でも、平安文学は多くの国々で翻訳され、広く読まれている。例えば『源氏物語』は36種類の言語で翻訳されている(2019年10月16日現在)。
 今回は、その翻訳本の表紙と中身および収集の来歴を紹介し、そこから見えてくる今後の新しい研究テーマを紹介する。平安文学を翻訳した本の表紙デザインの多彩さを楽しんでいただけるように、20冊を精選して持参した。世界各国の翻訳本を自分の手で触り、目で見て、表紙絵・装訂・用紙・文字の諸相を体感してほしい。そして、日本の古典文学の中でも平安文学が、さまざまな外国語に翻訳されている状況やその意味を考えていただけると幸いである。


 キャリーバッグに詰め込んで持参した翻訳本20冊は、以下のものてす。

10_books-20.jpg

※『平安文学翻訳本集成〈2018〉』での、持参した20冊の図版番号と翻訳言語
  (G=源氏、H=平安 未収=冊子に未収録)
--------------------------------------
〈前掲写真の左側〉(英語・日本語・ビルマ語・タミル語・タイ語・チベット語)

【G10、英語】 【H4、英語】 【H14、『蜻蛉日記』、英語】 【H『百人一首』、英語、未収】

【G日本語訳、未収】【G73、ビルマ語】【G38、タミル語】【G『あさきゆめみし』、タイ語、未収】

【G画帖、英語、未収】 【H11、英語】 【H11、チベット語】
--------------------------------------
〈前掲写真の右側〉(中国語)

【H6】 【H39】 【G『あさきゆめみし』(中国語)、未収】

【G解説、日本語、未収】 【G解説。英語、未収】 【G解説書、中国語、未収】

【G45、繁体字】 【G55、簡体字】 【G42】


 名古屋駅でJR中央線に乗り換え、高蔵寺駅からスクールバスで大学へ行きました。気持ちのいい樹々の中に、爽やかな学校がありました。写真左端の建物の2階が、本日の会場でした。

191016_genkan.jpg

 まずは、学長室で少しお話をしました。広報のためにブログ用の写真を、とのことだったので、それでは私も訪問した証明写真を、ということで学長と写真を撮り合いしました。大学の広報紙に、この時の写真が掲載されるようです。

 会場は階段教室が用意されていました。

191016_room.jpg

 学生には、今春発行した『平安文学翻訳本集成〈2018〉』と、お話する内容を分かりやすくまとめたA4カラー版7枚の資料を配布しました。持参した翻訳本20冊は、教室の前の方に並べました。

 約60分間、レジメを基にして写真やホームページを映写しながら、一般の学生であることを意識して説明を進めます。
 まずは、こんな部屋で世界中の翻訳本と情報を整理していますよ、と箕面キャンパスの研究室の様子を映し出しました。

12_room1.jpg

 今日の受講生は学部1年生で、科目名は「日本の伝統と文化」です。日頃から科研の資料と情報の整理で箕面キャンパスに来ている科研運用補助員の吉村仁君も同行し、会場で手助けをしてもらいました。
 スクリーンに写真や資料を映写しながら、海外での平安文学の研究状況や翻訳本の実態を語りました。おおよそ、次のような進行です。

 最初に強調したのは、『源氏物語』が36種類の言語で翻訳されていることです。

【『源氏物語』が翻訳されている36種類の言語一覧】(2019年10月16日 現在)

アッサム語(インド)・アラビア語・イタリア語・ウクライナ語・ウルドゥー語(インド)・英語・エスペラント・オランダ語・オディアー語(インド)・クロアチア語・スウェーデン語・スペイン語・スロベニア語・セルビア語・タミル語(インド)・チェコ語・中国語(簡体字)・中国語(繁体字)・テルグ語(インド)・ドイツ語・トルコ語・(現代)日本語・ハンガリー語・ハングル・パンジャービー語(インド)・ビルマ語・ヒンディー語(インド)・フィンランド語・フランス語・ベトナム語・ポルトガル語・マラヤーラム語(インド)・モンゴル語・リトアニア語・ルーマニア語・ロシア語・(※日本点字訳を予定)


 また、近年は英訳『源氏物語』の訳し戻しがなされています。
 ・『ウェイリー版 源氏物語 全4巻』
  (佐復秀樹訳、平凡社ライブラリー、2008年〜9年)
 ・『源氏物語 A・ウェイリー版 全4巻』
  (毬矢 まりえ, 森山 恵、左右社、2017年〜19年)
 具体的には、次のような訳の違いが見られます。
 「Her lodging was in the wing called Kiritsubo.」の“wing”
  →佐復訳「対」、毬矢訳「本殿から離れたウィング」

 同じように私の科研でも、各国の翻訳を訳し戻していることを報告しました。可能であれば、ネイティブスピーカーと日本人の翻訳者の2人で訳すようにしています。

■平安文学作品の翻訳本を日本語に[訳し戻し]すること(※公開準備中)

 各国語に翻訳された文章を日本語に一元化し、それを通して、日本文化が変容して伝えられていく諸相と実態を確認し、研究者等と共同研究の形で考察していく。各国にどのような表現で平安文学が、ひいては日本文化が伝えられているのか、ということを調査研究しようとするものである。日本文学を通して日本文化が海外にどう伝わっているかの究明が、この研究において最終的に取り組む課題となる。


 また、『十帖源氏』を多言語翻訳する取り組みも紹介しました。

『十帖源氏』の翻訳と研究

 日本側で作成した平易な現代語訳を活用して各国で翻訳を進める
  検索表示画面 http://genjiito.org/10jyougenji/10jyougenji_japan/
  (カーン訳) https://genjiito.org/heian_data/glossary_db_kri_02/
  ※各国の翻訳の訳し戻しを基礎資料として、国際集会で共同討議を行なう
 翻訳しやすい現代日本語訳を東京と京都で作成中
 NPO法人〈源氏物語電子資料館〉のホームページから公開中
  http://genjiemuseum.web.fc2.com/10jyo-kiroku.html


 インドにおける8言語による翻訳の例も、日本の文化を多言語に翻訳することの困難さの事例としてあげました。
 併せて、表紙のデザインにも注目してほしいとも。
 例えば、金閣寺や遊女や浴衣等が描かれた表紙絵からは、日本をイメージするアイテムの性格が、国々によって異なることがわかります。アジア諸国は、欧米とは異なるデザインになっているように思われます。これらは、これからの若者に考えてもらいたいこととして提示しました。

 最後の20分は、実際に持参した翻訳本を手に取って見てもらいました。
 質問の中には、なぜこんなにたくさんの平安文学作品が翻訳されているか、ということがありました。よくわからないと前置きをした上で、読んだ内容が京都へ行くと追体験できることも、人気の一つではないか、と答えました。地名や通りや建物が数多く今も残っているので、千年前の日本の話であっても、イメージを作り上げやすいのだと思われます。再確認や再構築することが容易なのです。虚構と現実とが錯綜する楽しみを実感できることが、海外の多くの方々に読んでもらえる背景にあるのではないでしょうか。
 翻訳することの意味も考えましょう、と問いかけました。翻訳本を通して、日本の文化が他国に言葉の移し替えによって伝わります。その伝わり方を調べることは、自ずと異文化交流につながるのです。国際交流の原点に立つことになります。言葉にこだわることの意味を、学生たちには何とか伝えることができたのではないかと思います。
 久しぶりの授業で緊張しました。しかし、心地よい疲れを味わうこともできました。
 今後とも、この取り組みを続けたいと思います。声をかけてくだされば、こちらから翻訳本を持って伺います。まさに、出前授業です。科研の成果を公開するものなので、金銭的な負担はおかけしません。次は、来年2月に行くところがほぼ決まっています。その前後にも可能ですので、お問い合わせいただければ検討させていただきます。
 
 
 
posted by genjiito at 22:39| Comment(0) | ■科研研究

2019年09月25日

セルビア語が母語のフィリップさんと淀屋橋で面談

 今日は、多くの方からの嬉しい連絡や情報があり、取り組んでいる科研「海外における平安文学及び多言語翻訳に関する研究」(課題番号︰17H00912)の今後の展開がますます楽しみになりました。

 まず、インドでお世話になった村上明香さんが、無事に博士の学位を取って帰国したとのことです。アラハバード大学に留学し、ウルドゥー語の勉強をしてい彼女のおかげで、ウルドゥー語訳『源氏物語』を見つけることができたことは、「ウルドゥー語訳『源氏物語』の完本発見」(2016年02月19日)に書いた通りです。来月、東京で会うことになりました。楽しい夢のある話が、たくさん聞けそうです。

 ルーマニア語に関して、研究協力者の淺川槙子さんの仲介で、京都大学のロマン・パシュカ先生と連絡がつきました。科研のテーマに理解を示してくださっているので、これからいろいろと連絡をとります。私のことは、カンテミール大学の研究仲間から聞いていたとのことです。次の記事に、そのカンテミール大学へ行った時のことを書いています。「カンテミール大学訪問後は書店へ」(2019年03月09日)
 また、心強い研究協力者が加わります。

 昨夏、米国ハーバード大学でお世話になった京都工芸繊維大学の井戸美里さんが、今週末28日(土)に開催する「紫風庵」での「源氏物語と三十六歌仙の写本を変体仮名で読む会」(第5回)に参加するとのことです。美術・絵画を専門とする方なので、この会がますます盛り上がることでしょう。井戸さんとのことは、「写本の調査の後はお茶室を見学し英訳源氏を確認する」(2018年08月30日)に書いています。

 そして先ほどまで、大阪中之島の淀屋橋で、セルビア生まれのフィリップ・ステファノヴィッチさんと楽しい話をしてきました。夜の土佐堀川の川面に光が映り瞬くのを見下ろしながら、セルビアの話を聞きました。

190926_filip.jpg

 セルビア語が母語のフィリップさんは、ベオグラード大学で日本語を勉強し、大阪大学に留学もしていたという、爽やかな青年です。フィリップさんの日本語は、非常に流暢でした。会うまでは、なぜか髭面のおじさん顔を想定していたのです。ごめんなさい。科研の主旨を理解していただき、セルビア語訳『源氏物語』の研究に協力してもらえることになりました。

190926_serubia-G.jpg

 また、セルビア語訳『源氏物語』の翻訳は2003年に出ているので、翻訳者は健在だろうということで、その方を探してもらえることにもなりました。翻訳者と連絡が取れ次第に、現地で直接お目にかかってお話を伺って来ることになりそうです。
 お渡しした『平安文学翻訳本集成〈2018〉』のセルビア語訳に関する記述で、翻訳者の名前のスペルが間違っていることがわかりました。正しくは、「Sreten Ilic(スレーテン・イリック or イリッチ)」です。「I」と「L」は紛らわしい字形をしているので、間違ってしまいました。書誌事項と翻訳史年表共に訂正が必要です。また、書名に「ロマン」(小説)という語は不要だと思われます。これについては、翻訳本の書名をどうするのかという問題として、各国語の表記を再検討して決めたいと思います。
 
 
 
posted by genjiito at 23:57| Comment(0) | ■科研研究

2019年09月04日

突然の雷雨で電車が運休し小旅行となる

 今日は、外国学図書館で、大学所蔵の翻訳本の確認を書庫の中でしました。書棚一列で、私の手元にない翻訳本が38冊も見つかりました。その棚の裏側の列には、詩歌関係の翻訳本がたくさんあります。他にも、日記や随筆の棚にも翻訳本があります。これらは、来週以降の調査とします。この調査結果は、科研の成果を報告しているホームページ「海外平安文学情報」(http://genjiito.org)に公開しますので、いましばらくお待ちください。

190904_HEM.jpg

 受付で司書の方から、この箕面の外国学図書館と豊中の総合図書館とが所有する翻訳本を、OPACを使ってリストアップする方法を教えていただきました。長時間にわたり、丁寧な説明をしていただき感謝しています。私が何でも次々と聞くので、何かとお手数をおかけしています。ありがたいことです。
 しばらくは、こうした情報収集と資料整理に専念することになりそうです。

 午後3時ごろ、阪急の西京極駅から桂駅の間で、落雷に伴う信号関係の故障が発生したようです。そのために、桂駅〜河原町駅間の運転が見合わせとなっていました。私が帰ろうとしていた午後5時過ぎも、まだ復旧していません。振替輸送となっていました。今年の4月以来、初めての通勤電車の運休です。
 どうしたら河原町駅まで帰れるのか、よくわからないままに駅員さんに相談すると、各停で富田駅か高槻市駅か大山崎駅でJRに乗り換えて京都駅に出るしかない、とのことです。ただし、阪急の高槻市駅からJR高槻駅までは徒歩10分。この雨の中で乗り換えは大変なので、富田駅か大山崎駅での乗り換えを勧められました。

 大山崎というと、乗り換えるJR山崎駅のすぐ横に「妙喜庵」がある所です。千利休が作った現存唯一の茶室で国宝の「待庵」がある所です。近くまで行ってみるか、と心が動きました。しかし、そこの拝観は予約が必要であり、今は振替輸送で移動する途中の身です。一番乗り換えが近い富田駅から摂津富田駅へ移動して、京都駅に出ることにしました。
 仕事帰りの小旅行となりました。
 
 
 
posted by genjiito at 20:45| Comment(0) | ■科研研究

2019年08月27日

『平安文学翻訳事典 2020』の分類項目(試案)と解説項目

 今日は、研究協力者の2人と一緒に、本科研の最終報告書の1つとなる『平安文学翻訳事典 2020』の構成を検討しました。そして、収録する本をどのように整理するかを考えました。この件では、第1回目の打ち合わせとなります。

 これまでに研究代表者として私が、海外の文学研究に関して研究成果を公刊した資料集は、以下の8点があります。
『海外における源氏物語』(2003年)
『スペイン語圏における日本文学』(2004年)
『海外における平安文学』(2005年)
『海外における上代文学』(2006年)
『海外における日本文学研究論文1+2』(2006年)
『日本古典文学翻訳事典1〈英語改訂編〉』(2014年)
『日本古典文学翻訳事典2〈平安外語編〉』(2016年)
『平安文学翻訳本集成 2018』(2019年)

 これらは、統一した分類基準によって翻訳本に関する諸書を整理してはいませんでした。そこで、この時点で基本的な分類項目を立て、今後とも増え続ける翻訳関係の資料を整理するための方針を確認しました。

平安文学関連の翻訳書籍の分類項目
(明治以降、試案、2019/08/27)

(1)翻訳(作品自体の翻訳、現代日本語訳を含む)
(2)抄訳
(3)研究(翻訳者関連本を含む)
(4)解説
(5)小説(翻案)
(6)随想
(7)漫画


 なお、各翻訳本の解説では、一冊ごとに次の項目を立てて説明をして来ました。これは、今後とも継続する予定です。

【言語の種類】
@ タイトル
A 翻訳者
B 出版地
C 出版社・発行者
D 発行・刊行年
E 巻号
F 頁数
G 序文・解説の内容の概略
H 翻訳に用いた底本情報
I 翻訳内容の構成、章立
J 図版、挿絵の有無
K 参考文献の有無
L 索引の有無
M メモ・その他


 この方針で記述した一例として、フランス語訳『伊勢物語』をあげます。

【フランス語】
@『伊勢物語』
  Contes d'Ise (Ise monogatari)
A翻訳者 Gaston Renondeau(ガストン・ルノンドー)
B出版地 Paris(パリ/フランス)
C出版社・発行者 Gallimard(ガリマール出版)
D発行・刊行年 1969 年
E巻号 1
F頁数 184 頁
G序文・解説の内容と概略
 ルノンドーによる『伊勢物語』のフランス語訳。序、解説(7 ~ 11 頁)はいずれも翻訳者自身による。序には、はじめに能楽作品を通じて『伊勢物語』の世界と和歌に触れたとある。また、本書は Frits Vos(フリッツ・フォス)による A Study of the Ise monogatari , 1957 の出版以後の翻訳であり、『伊勢物語』の価値を再評価するために力を尽くした、とある。解説では、まず和歌の形式・修辞法について説明し、『伊勢物語』の成立と年代に関しては、主人公在原業平に関する歴史書の記述や『古今和歌集』(905 年)、『後撰和歌集』(951 年)等に重出する和歌の存在から、成立年代を 951 年頃、もしくはそれ以降とするフォスの説を紹介する。
H翻訳に用いた底本情報
 伝定家筆本
I翻訳内容の構成、章立
 翻訳部分(17 ~ 181 頁)は、全 125 段を、長短を問わず 1段ごとに頁を改めて訳出する。和歌の部分は行と書体を改め、字数を下げ、上句と下句の境を意識しながら主に5行の分かち書きにする。掛詞の翻訳には、詞と掛けられた意味を併記した箇所(108 段)がある。適宜、脚注に有職故実や史実、語釈などを付す。
J図版、挿絵の有無
 翻訳の前に、史料に確認される在原業平の略歴を掲載し、藤原一族及び皇室の系図から業平の系譜上の位置を示す(13 ~ 16 頁)。
K参考文献の有無 −
L索引の有無 −
Mメモ・その他
 表紙には仏の坐像を使用する。Collection Unesco D’ oeuvres Représentatives Série Japonaise シリーズの1つである。翻訳者・ルノンドーには、他に谷崎潤一郎『鍵』(La confession impudique, 1963)、三島由紀夫『宴のあと』(Après le banquet, 1965)などの翻訳がある。


 ここに提示したのは、あくまでも今日の時点での、最初の試案です。
 大方のご意見をいただく中で、検討を重ねながら確定していきたいと思っています。
 ご教示をいただけると幸いです。
 
 
 
posted by genjiito at 20:56| Comment(0) | ■科研研究

2019年08月23日

平安文学の翻訳本に関するアルバイト募集のポスター(その4)

 すでに3度、私の科研で多言語翻訳に関するアルバイトを募集していることを、本ブログに掲載しました。
 おかげさまで、すばらしい方との出会いがあり、すでに業務についていただいています。
 大学の図書館の入口は、こうした方々の募集には最適なスペースのようです。
 そこで、今回はさらに、「クロアチア語・スロベニア語・セルビア語・ルーマニア語」の言語に関して、アルバイトとして来てくださる方を募ります。

 今回も、大阪大学外国学図書館(箕面キャンパス)の入口に、次のポスターを前回のものと張り替えて掲示していただいています。

190823_poster4.jpg

 〈内容〉〈時給〉〈日時〉〈場所〉〈連絡先〉は、掲示されている通りです。
 翻訳については、在宅で取り組んでいただくことも可能です。

 上記言語の運用および翻訳ができる方について、お知り合いを含めて情報を拡散していただけると幸いです。他大学の学生さんや、社会人の方も歓迎します。連絡をお待ちしています。
 希望される方は、本ブログのコメント欄を利用して連絡をいただいても構いません。
 
 
 
posted by genjiito at 19:26| Comment(0) | ■科研研究

2019年08月13日

ビルマ語の研究者と念願の面談をして

 大阪大学 外国語学部 ビルマ語専攻の大塚先生と、長時間にわたり親しくお話をしました。昨晩シンガポールから戻って来られ、明日から9月15日までミャンマーで調査というハードスケジュールの隙間に、こうして貴重な時間を割いて下さいました。ありがたいことです。この面談は、ヤンゴンでお世話になったココライズジャパンの長田さんが間に入ってくださったことで実現したものです。
 場所は、私の研究室がある総合研究棟に接する研究講義棟B棟でした。初対面ということで、まずは次の3点の希望するところを伝えました。

(1)ビルマ語に翻訳された日本文学と日本文化に関する約130点の書籍のリストが、現在手元にあります。ただし、その書誌が未整理なので、このお手伝いをしてもらえるアルバイトの学生さんを紹介してもらえないか。

(2)ビルマ語に翻訳された平安文学関係の作品を、わかりやすい日本語に訳し戻してもらえる方を紹介してほしいこと。具体的には、『百人一首』と『三十六歌仙』のビルマ語訳を手始めに。

(3)NPO法人〈源氏物語電子資料館〉のホームページから公開している、ダイジェスト版『十帖源氏』の「須磨」巻と「明石」巻をビルマ語に翻訳できる方を紹介してほしいこと。


 それぞれに、適任者を探してくださることになりました。
 また、井上先生と南田先生を紹介していただけるとも。長年、日本とビルマの文化交流に関わってこられた先達のアドバイスをいただけることで、この科研の情報の質が格段にあがることでしょう。
 さらには、去年と今年の2回にわたって私が行った、ヤンゴン外国語大学には教え子が今年度から行っているとのことなので、次回行った時には最新の情報交換ができます。新しいネットワークが、これまでの人脈をさらに補強できます。ありがたいことです。
 最後に、ビルマ語とミャンマー語の使い分けについて、お尋ねしました。私が今使っているビルマ語という表現でいい、というのが結論です。政治的な視点からはいろいろとあるにしても、ニッポンとニホンが通用するように、どちらでも問題はないそうです。文化論の範疇で扱うことでもあり、今後ともビルマ語で通すことにします。
 今春から、旧・大阪外国語大学の箕面キャンパスに研究室を持つようになりました。それによって、願ってもない研究環境に身を置いていることを実感する日々となっています。これまでに本科研「海外における平安文学及び多言語翻訳に関する研究」(課題番号︰17H00912)に理解を示してくださった多くの方々に感謝するとともに、この環境を生かして、さらに稔り多い成果に結びつくように、調査と研究を展開していきたいと思います。
 
 
 
posted by genjiito at 21:09| Comment(0) | ■科研研究

2019年08月07日

箕面キャンパスでの新しい研究室のレイアウト

 本年4月から、研究環境が大きく変わりました。大阪府下箕面の地に研究活動の拠点を移し、気分一新でスタートしたことは、すでに報告した通りです。ただし、提供していただいた研究室は、90平米もある広い部屋でした。プレゼンテーションルームと呼ばれていた大広間です。

190807_room0.jpg

 普通の研究室の3部屋分あるので、この部屋をどう使うか思案しながらの5ヶ月でした。荷物を運び込んだ当初の様子は、
「微笑んでいるように見えた太陽の塔」(2019年04月03日)

「楽しい偶然が重なって稔りある一日になる」(2019年04月09日)、
そして
「京洛逍遥(541)新研究室の整理をした帰りに嵯峨野温泉へ」(2019年04月24日)
に書きました。


 什器が何もなかったので、引越しの時に運び込んだダンボール箱を組んで、簡易書架を作って対処しました。
 しかし、いつまでもこのままではいけないので、什器を購入していただくことにしました。机、イス、作業用のテーブルなどです。

190807_room4.jpg

 そのうち、ダンボールで組み上げた本箱が、次第に変形しだしたのを機に、カラーボックスを手配しました。貴重な翻訳本や書類などを管理するためです。昨日、そのカラーボックスが25個届きました。組み立ててあるものだと思っていたところ、それは私の方で組み上げるものだったのです。発注の仕組みがまた理解できていないこともあり、いろいろと思い違いがあります。
 とにかく、カラーボックスはこちらで組み立てるしかありません。普通の3段ボックスが15個と、A4版が縦に入る少し背の高い3段ボックスが10個あります。
 特任研究員の大山さんが、ご自宅から電動ドライバーを持ってきてくださいました。これは大助かりで、この工具は今回の組み立て作業で大活躍しました。
 組み立てのほとんどは、アルバイトで来ている吉村君が大奮闘してくれました。おかげで、25個のカラーボックスを、2日がかりで合計400本のネジを捻じ込んで完成させることができました。私も何個かを組み立てました。

190807_room5.jpg

 このカラーボックスを段ボール箱と置き換えた部屋全体は、こんな雰囲気になりました。
 翻訳本は、これも吉村君の手際の良い整理のおかげで、翻訳言語別に見事に並べて終わりました。次の写真の正面奥に4段に積み上げてある段ボール箱は、来週撤去するものです。

190807_room6.jpg

190807_room7.jpg

 壁際には、梱包されてきた段ボールが積み上がっています。この風景も、今回の貴重な記録です。

190807_room8.jpg

 あとは、これから時間をかけて、A4版の書類や資料を整理します。もちろん、研究書や資料集などは、まだ床に積み上げたままの状態です。根気が求められています。とにかく、これでやっと何とか整った環境で研究が進められます。
 翻訳本や関連資料をご覧になる方のために、閲覧用の丸テーブルも用意できました。資料確認やさまざまな情報の活用にと、これまでに収集整理したものが役立つことでしょう。本年3月に発行した『平安文学翻訳本集成〈2018〉』に掲載した翻訳本などの確認も、この新しい研究資料室でできるようになりました。

190807_room9.jpg

 遅ればせながら、半歩前進です。ただし、アルバイトの方々に作業をしてもらうエリアは、これから整備していきます。今月から来月にかけて、あと3名のアルバイトの方(ロシア・インド・ミャンマー)に手助けしていただく予定です。

190807_room10.jpg

 現在、ミャンマー、モスクワ、ウクライナ、オーストラリアへの、調査研究の旅を計画しています。平安文学に関連した新しい情報をお持ちの方からの、調査の協力や連絡をお待ちしています。
 
 
 
posted by genjiito at 23:36| Comment(0) | ■科研研究

2019年07月30日

ロシア語の資料と情報を整理できる方と面談をして

 科研で、ロシア語を担当していただけるアルバイト希望の方と、箕面キャンパスの研究室でお話をしました。図書館に掲示していたポースターが目に留まったことから、仕事をしてみたいとの連絡があったのです。
 お目にかかったのは、大阪大学外国語学部でロシア語を勉強しておられる方です。先月6月までの1年間、サンクトペテルブルグに交換留学生として行っていたとのこと。モスクワでの留学経験もあるそうです。心強い助っ人がまた一人、この科研に加わります。ウクライナ語の勉強もしていたとのことなので、ちゃっかり最近刊行されたウクライナ語訳『源氏物語』のこともお願いしました。
 手掛けたいことは無限にあります。それはともかく、まずは一歩ずつ進みます。
 集めた情報や成果は、その都度、ホームページ「海外へいあんぶんがく情報」に公開します。この科研は、コラボレーションによる共同研究で進めています。専門家や関係者からの、折々のご教示をいただけると、ささやかな報告も大きな稔りに成長していくことでしょう。
 引き続き、インド諸語とルーマニア語による平安文学情報の収集と整理をしてくださる方を、探し求めています。新しい出会いを楽しみにしていますので、このブログのコメント欄を活用して連絡をください。折り返し、面談についての返信を差し上げます。
 大阪大学で科研の事務を担当なさっているみなさまへ。
 次から次へと、矢継ぎ早に急なお願いばかりで申し訳ありません。
 もろもろ、ご高配のほどを、よろしくお願いいたします。
 
 
 
posted by genjiito at 19:52| Comment(0) | ■科研研究

2019年07月22日

平安文学の翻訳本に関するアルバイト募集のポスター(その3)

 すでに2度ほど、科研で多言語翻訳に関するアルバイトを募集していることを、本ブログに掲載しました。

(1)「平安文学の翻訳本に関するアルバイト募集中」(2019年04月17日)
 (ここでは、「インド諸語、ビルマ(ミャンマー)語、ルーマニア語を最優先で」と。)

(2)「続・平安文学の翻訳本を整理するアルバイトを募集中」(2019年06月12日)
 (ここでは、ロシア語を追加。)

 その後、特に問い合わせも希望者もないままに、今に至っています。条件としての言語があまりにも限定されているので、該当する方にこの募集案内が届いていないかと思われます。

 そこで、大阪大学外国学図書館(箕面キャンパス)の入口に、今月初旬から、次のポスターを掲示していただいています。今春よりアルバイトで来ている吉村君が、このかわいいポスターを作ってくれました。

190721_Arbeit.jpg

 ここにも記したように、次の言語に親しんでおられる方を求めています。翻訳については、在宅で取り組んでいただくことも可能です。

インド諸語、ビルマ(ミャンマー)語、ルーマニア語・ロシア語


 この内、ビルマ(ミャンマー)語については、来月中旬の面談しだいで適任者を紹介してもらえることが期待できる状況にあります。
 いずれにしても、「インド諸語、ビルマ(ミャンマー)語、ルーマニア語・ロシア語」の運用および翻訳ができる方について、お知り合いを含めて情報を拡散していただけると幸いです。
 
 
 
posted by genjiito at 19:27| Comment(0) | ■科研研究

2019年06月12日

続・平安文学の翻訳本を整理するアルバイトを募集中

 本年度が始まってすぐの4月17日に、「平安文学の翻訳本に関するアルバイト募集中」という記事を公開しました。
 このことで、再度の募集のお知らせです。

 科研「海外における平安文学及び多言語翻訳に関する研究」(課題番号︰17H00912)では、平安文学に関する翻訳本の整理を進めています。多彩な言語にわたるものなので、手助けをしてくださる方を募っています。
 次の言語が母語で日本語を普通に運用できる方と、日本語が母語の方で次の言語を日本語に翻訳できる方を探し求めています。翻訳は、文学的な表現を求めているのではなく、逐語訳ができるレベルで大丈夫です。翻訳本に関する資料作成のお手伝いをお願いしたいのです。

インド諸語・ビルマ(ミャンマー)語・ルーマニア語・ロシア語


 現段階では、以下の条件を考えています。

 ※時給:950円(交通費の支給なし)
 ※日時:火 or 水曜日/11時〜16時の5時間以内
 ※場所:大阪大学箕面キャンパス 総合研究棟 6階
     (大阪府箕面市粟生間谷東8丁目1)

 やってみようと思われる方は、このブログのコメント欄を活用してお知らせください。直接お目にかかって、実際の翻訳資料をもとにしてご説明いたします。
 なお、成果は科研のホームページ[海外へいあんぶんがく情報](http://genjiito.org)に公開し、お名前は研究協力者の中のアルバイトの項目に明記します。これは、情報の質を確保する意味で責任の一端を共に担っていただく意味から、この科研では常に心がけていることです。
 
 
 
posted by genjiito at 20:44| Comment(0) | ■科研研究

2019年06月07日

大阪大学外国学図書館の貴重な資料群

 私の新しい研究室のすぐ隣には、外国語学部の研究室が入ったB棟があります。
 その3階から上には、これまで探し求めて来た海外の翻訳本情報や、貴重なアドバイスがいただける研究室が並んでいます。

190607_panel.jpg

 『源氏物語』は、今日現在で36種類の言語で翻訳されています。先日報告したように、最近確認できたのが、36番目となるウクライナ語訳『源氏物語』です。平安文学となると、さらに言語の種類は増えそうです。とにかく、日本の文学は、それも古典文学は世界中の言語に翻訳されているのです。
 上の写真の多彩な言語を担当されている研究室を見ても、今はまだ確認できていない『源氏物語』を翻訳した言語は、デンマーク語・ペルシア語・スワヒリ語・タイ語・インドネシア語・フィリピン語があるのです。これらも、直接研究室を訪問して先生にお目にかかり、またその国から来ている留学生たちに話を聞けば、まだまだ見つかりそうです。その研究室訪問の計画は、現在準備を進めているところです。

 そのB棟の前、私の研究室の真下には、大阪大学外国学図書館があります。
 今回、図書館の利用手続を終え、書庫に入ることができました。まさに、私にとっては垂涎の資料の宝庫でした。

 日本文学作品が並ぶ書棚には、日本語の本の間に翻訳本が寄り添うように置かれていました。私は日本語と英語しか認識できないので、これらはどのような本であるのかを、研究協力者の手を借りて後日あらためて調査します。表紙を見た限りでも、まったく知らない本が多くありました。

 オンライン蔵書検索(OPAC)で、所蔵資料はわかります。いや、わかるはずです。しかし、これまでの経験では、自分で直接書籍や資料を手にしてみないと、確かなことは言えません。コンピュータの記録やシステムは、あくまでも文字化された情報の集積です。文字列にされた時点で、削ぎ落とされた情報を、本そのものは持っています。まずは表紙の絵が、OPACではわかりません。

 言語がわからなくても、私はまずは勘に頼って本を仕分けています。その後に、専門の方に教えていただくのです。まずは勘から、というのが、一番の近道のように思っています。科学的な研究手法ではありません。しかし、これまでにこの手法で、絶対にないといわれて来た本を何冊も見つけ出して来ました。これも、立派な研究手法だと思います。

 それよりも何よりも、この図書館の書庫で驚喜したのは、コレクションの多さでした。
 例えば、「ユーゴ関係コレクション」「リトアニア語寄贈図書」「台湾研究講座関連図書」に始まり、退職なさった先生方の寄贈図書群である「スペイン語関係」「ブラジル・ポルトガルコレクション」「ヤンゴン大学寄贈図書」「ビルマ語関係」「中央アジアコレクション」「インド関係」「インド・パキスタン関係」「インドネシア語関係」「南十字星文庫」「北欧関係」「中国語・中国文学」「サハラ以南 アフリカ言語文化コレクション」などなど。ここには、先生のお名前を冠した文庫は取り上げていません。
 さらには、膨大な量の海外の新聞・雑誌・書評などの印刷物。

 この書庫の整理だけでも、翻訳本の有無はともかく、世界に紹介されている日本文学の全体像を明らかにする手がかりが得られます。それだけでも、ますます夢が広がります。

 この大阪大学外国学図書館が所蔵する平安文学の翻訳本の情報と、私が持っている本のリストを統合したものが出来たら、東京外国語大学の図書館の資料と突き合わせてみたいと思います。
 それによって、「海外へいあんぶんがく情報」(http://genjiito.org)から公開している翻訳史年表も、さらに詳細なものとなることでしょう。

 こうした作業のお手伝いをしてくださる方を探し求めています。謝金がどのように使えるのか、まだ研究基盤機関が変わったばかりなので、その実状がわかりません。とにかく、ご自分の勉強を兼ねての原本調査の協力、ということで、連絡をいただけると幸いです。
 
 
 
posted by genjiito at 21:26| Comment(0) | ■科研研究

2019年05月30日

科研の実績報告書ができました

 昨年度の科学研究費補助金による基盤研究(A)の取り組みは、「海外における平安文学及び多言語翻訳に関する研究」(課題番号︰17H00912)をテーマとするものでした。
 その成果・実績の報告書が学振(日本学術振興会)から公開されるまでに、しばらく時間がかかります。そこで、その研究実績の報告書の一部をここに引用します。
 交付された直接経費は〈7,900,000円〉、間接経費は〈2,370,000円〉、未使用額は〈68,793円〉でした。
 多くの方々に助けられて、多くの成果をあげることができました。
 あらためて、関係するみなさまにお礼を申し上げます。
 まだ後2年あります。
 これまでと変わらぬご支援を、引き続きよろしくお願いします。

【研究実績の概要】


 本年度も、海外の研究情報と翻訳本を収集する活動と共に、現地の大学及び国際交流基金とのコラボレーションとしての国際研究交流を実施した。出向いた国は、ペルー・アメリカ・ミャンマー・ルーマニアの4カ国であった。いずれも先生方や現地の研究者との有益な面談に加え、多彩な研究情報や資料と、情報として伝わっていなかった多くの翻訳本を入手することができた。特に今年度は、ルーマニア語訳『源氏物語』の情報と共に翻訳者との対談も実現したことは大きな成果となった。これらは、年度末に発行した報告書である『平安文学翻訳本集成〈2018〉』に収録している。
 また、翻訳書籍に関する展示も、昨年度に引き続き開催した。研究代表者が収集した各国語に翻訳された古典文学作品について、解題を付して展示を行ったものである。多くの学生、教職員の目に留まるようにした。
 各国語訳『源氏物語』の訳し戻しは、世界35言語に翻訳された『源氏物語』を、その言語を母語とする者(母語話者)と母語としない者(非母語話者)により、日本語への訳し戻しを行っている。今年度は、主にビルマ語訳『源氏物語』(ケィン キン インジィン著)の訳し戻し作業を行い、日本文化の変容を考察する基礎資料を作成した。このことは、研究会に翻訳者ご本人をお呼びし、ディスカッションをする中で翻訳について考えた。
 懸案のホームページ「海外へいあんぶんがく情報」(http://genjiito.org)は、年度末に無事に完成し公開することができた。これは、前回の科研で作成した「海外源氏情報」をさらに発展させた内容のホームページである。今後は、このホームページを情報公開の窓口として、これまでの研究成果を広く共有しながら本科研のテーマを追求し、深めていきたい。(752字)


--------------------------------------

【現在までの進捗状況】


(1)当初の計画以上に進展している。

 当初設定した、研究期間の4年間で調査研究によって解明する目標は、次の3点であった。
 1. 世界各国で翻訳されている平安文学の総合的調査を実施し、各国の受容史と研究史を整理
 2. 江戸時代の簡約版『十帖源氏』を多国語翻訳し、日本文化の変容と理解について共同研究
 3. ホームページや電子ジャーナル等のメディアを活用して、研究者が情報交換をする場所を提供
 この内、1は予想以上に情報が集まり、受容資料としての翻訳本も確実に収集点数を増やしている。また、
 3のホームページ[海外へいあんぶんがく情報](http://genjiito.org/)も年度末に稼働しだしたことにより、コラボレーションが具体的に実現しつつある。
 そうした中で、2の『十帖源氏』の多国語翻訳は、これまでの基盤整備を踏まえて実施するものであり、3年目の2019年度の課題となっている。この2年間で得られた情報と人脈を有効に活用して、多国語翻訳を進展させていきたい。また、このテーマの遂行にあたり、これまで構築した人脈を活かして幅広い多彩な翻訳を実現したい。(460字)


--------------------------------------

【今後の研究の推進方策】


 本研究課題の今後の推進方策は、3年目に具体的に展開する『十帖源氏』の多国語翻訳の実施が中心となるはずである。『源氏物語』の第12巻「須磨」と第13巻「明石」を、翻訳の対象として予定している。そして、その成果はホームページのみならず、電子版『海外平安文学研究ジャーナル』に掲載して公開することとなる。
 電子版『海外平安文学研究ジャーナル』は、これまでに第6号まで発行している。次は、これまで2年間の成果を盛った第7号(今秋発行予定)と、本年度末に発行する第8号である。そこには、これまでに収集した情報と翻訳本、そして『十帖源氏』の多国語翻訳の掲載である。また、『海外平安文学研究ジャーナル〈ミャンマー編〉』の編集も最終段階となっている。
 こうした方向性を定めた研究を遂行していくことで、「1.翻訳から見た日本文化の変容」「2.『十帖源氏』の翻訳と研究」「3.共同研究基盤の整備」が関連しながら成果として公表できるものとなるはずである。
 また、「国際日本文学研究交流集会」の開催も、今後取り組むものである。これは、これまで研究環境が十全ではなかったために、実施が遅れていたものである。開催に向けての準備は整ってきたので、国内と海外で開催する段取りを進めているところである。(533字)

 
 
 
posted by genjiito at 20:39| Comment(0) | ■科研研究