2017年03月14日

ブログを従来の「鷺水亭」から、この「鷺水庵」へ完全に移行しました

 昨秋、「鷺水亭」と題するブログを発信していた「eoblog」の運営会社から、突然、閉鎖の連絡を受けました。
 今月3月末で、これまで10年にわたって毎日書き続けて来た「鷺水亭より」は、アクセスできなくなります。
 そのため、「鷺水亭より」の更新は本日(2017年03月14日)までとします。

 これまでにも、いくつかの運営会社の問題で、私の情報発信基地は移転を繰り返しながら彷徨っていました。
 今回は時間があったために、どうにかそのすべての記事を移転させることができました。
 この面倒な作業を支援していただいたKさんを始めとする関係者のみなさまに、この場を借りてお礼を申し上げます。
 今後は、この「さくら」のサイトを情報発信の母体として、「鷺水庵より」として、これまで通りに継続していきます。

 今日が区切り目となるため、これまでを振り返っておきます。

 私がインターネットにホームページ〈源氏物語電子資料館〉を開設したのは、1995年9月でした。
 ブログとして〈たたみこも平群の里から〉を開始したのは、2004年12月13日です。
 それも、奈良から京都への転宅に伴い、2007年6月24日からは〈賀茂街道から〉として、あらためての始発としました。
 そして、2011年11月に還暦を迎えたことを機に、そのブログの標題を〈鷺水亭より〉と変更しました。

 2007年6月に京都から発信しだした記事は、本日(2017年03月14日)までに3,617本となっています。
 「鷺水亭より」へのアクセス数は、921,702件でした。
 そのカウントの手法はわからないものの、多くの方に読んでいただいて来たことは、毎日300から400件以上の来訪があったことでわかります。
 ありがたいことです。

 情報発信のサイトは変わっても、今後も同じ調子で書き続けるつもりです。

 自己紹介の文章には、次のように記しています。

 『源氏物語』に関する情報の収集と整理、海外との文化交流のお手伝い、そしてアクセシビリティ等を考えています。
 この世に生存していたことの証明も兼ねて、日々の雑録を記します。


 今後ともこれまでと変わらず、この「鷺水庵より」を折々に読んでいただけると幸いです。
 
 
 
posted by genjiito at 17:45| Comment(0) | 連絡事項

2016年05月18日

古書販売目録に関する講演会のお知らせ

 千代田区立千代田図書館で、古書販売目録に関する講演会が開催されます。

 いつもお世話になっている、千代田図書館で企画等を担当なさっている河合さんの広報のお手伝いを、ここで少しだけさせてください。

 この「古書販売目録コレクション」については、私も『源氏物語』に関する記事を調査して収集するという作業を進めています。しかし、何かと諸事に手と時間を取られて、なかなか調査に行けないのです。

 一人でも多くの方に、このような資料が眠っていることを知っていただきたいと思っています。興味と関心を持って、目録を見てみようと思っていただけたら幸いです。

 私に連絡をいただければ、最初のうちはご一緒に調査のお世話をいたします。連絡には、このブログのコメント欄を使ってください。

 河合さんからいただいた情報を、以下に引用します。


 このたび、八木書店さんと連携して古書目録に関する講演会を開催することになりましたので、とりあえず概要をお知らせします。

 文学、書誌学、歴史等をテーマとする研究者の皆様、そして、大学図書館・研究所図書室の職員の皆様向けの講演会です。

 事前申込制ですが、受付方法などは調整中です。

 もしご興味がございましたら、ご予定いただけますと幸いです。

1. 開催概要
 日時:2016年7月30日(土)14:00〜16:30
 会場:千代田区役所4階 401&402会議室
 演題:古書目録の学問的な意味
 講師:尾上陽介氏(おのえ・ようすけ、東京大学史料編纂所准教授 古文書・古記録部門)
 定員:60〜70名(事前申込制)
 尾上氏の講演(約60分)終了後に、下記のプログラム設ける
 ミニ講演「反町茂雄と弘文荘」(約20分、八木壮一氏)
 「Web版 弘文荘待買古書目」の活用方法案内(約20分、恋塚嘉氏)
 代表的な古書販売目録の自由閲覧(約20分)

2. 講演内容
 古書目録から具体的にどのような学問的成果が得られるのか、『明月記』(藤原定家の日記、鎌倉時代)の研究事例を紹介。
 さらに、国内外の研究者から高く評価されている「弘文荘待賈古書目」について、その学問的な意義をお話しいただく。

 詳細が決まったら、またご連絡します。
 よろしくお願いいたします。
posted by genjiito at 23:36| Comment(0) | 連絡事項