2017年09月20日

京洛逍遥(466)洛陽三十三所(9)青龍寺

 青龍寺は、石塀小路で知られる高台寺の南、清水寺を見上げる八坂の塔のすぐ北にあります。
 昨日書いた、洛陽三十三所の第4番札所「革堂行願寺」(2017年09月19日)には、2010年8月11日に行きました。この青龍寺はその10日前の8月1日に行っています。
 発見されたばかりの胃ガンについて、京大病院の担当医だった岡部先生から説明を聞いた2日後です。ガンの進行状況や切除手術の方法などを聞き、いろいろなことを考えながらの観音さま巡りを始めたばかりの時期です。「心身雑記(66)今後の我が身についての巻」(2010年07月30日)に、そうしたことを記しています。もっとも今から思うと、この観音霊場巡りは、あまり深刻な気持ちからではなかったようです。
 私は、スタンプラリーが好きなのです。この2週間前から、西国三十三所巡礼を石山寺を皮切りに回っています。
「西国三十三所(1)5周目は石山寺から」(2010年07月19日)
 石山寺に向かったのは、ガンの告知を受けた3日目でした。そしてすぐに、洛陽三十三所の札所巡りもスタートしていたのです。とにかく、若いときから観音様が好きでした。特に、18歳の時に読んだ井上靖の小説『星と祭』から、実に多くの影響を受けました。
 「びわ湖108霊場」も歩き始めたままで、ずっと止まっています。これも、そろそろ再開することにします。またまた、楽しい忙しさを纏った日々を送ることになりそうです。
(青龍寺での写真は当日のものを掲載したため、現在と少し異なるものが写っているかもしれません。)

100801seiryu1.jpg


100801seiryu2.jpg


100801seiryu3.jpg


100801_seiryu-sign.jpg


 以下、ホームページ「洛陽三十三所観音巡礼」から青龍寺の略説を引きます。

御詠歌
ありがたや まよいのくもは おこるまじ
 せいりゅうじより かへるさのみち
 
 当寺は、桓武天皇の勅により長岡宮近郊に創建された大宝寺にはじまる。平安遷都と共に現在地に移り、六時礼讃別時念仏の道場となって引導寺、その後青龍寺と改称された。
 御本尊聖観世音菩薩は、唐の徳宗皇帝より献上された香木伽羅を、桓武天皇の勅命を以って伝教大師が彫刻されたと伝えられている。


170920_seiryuuji-map.jpg

 
 
 
posted by genjiito at 21:38| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年09月19日

京洛逍遥(465)洛陽三十三所(4)革堂行願寺

 今から7年前の8月に、革堂・行願寺へ行ったときの観音霊場巡り報告です。
 前回書いた、第3番札所の「護浄院 清荒神」は8月19日だったので、この革堂はその1週間前の11日に行っています。(写真は当日のものを掲載したため、現在と少し異なるものが写っているかもしれません。)

 この時には、西国三十三所の御詠歌版も集印していたため、一緒に次の写真も残っています。これは、この3週間後の8月31日に京大病院で胃ガンの大手術をしており、そのため手術前に無事を祈願しての観音霊場巡りをしていた記録でもあります。

100811_koudo-saigoku.jpg

 革堂は、京都市役所の北にあり、革堂の前の寺町通り沿いには藤原定家の屋敷跡もあります。そのことは、「京洛逍遥(52)定家京極邸址前で喫茶」(2008年12月28日)をご参照ください。


100811_koudo-mon.jpg

 さて、革堂はよく行く通りにあるため、気軽にヒョイと立ち寄っています。

100811_koudo-setumei.jpg


100811_koudo-hondo.jpg


100811_koudo-sign.jpg

100811_koudou-sign.jpg

 以下、ホームページ「洛陽三十三所観音巡礼」から革堂の略説を引きます。

御詠歌
はなをみて いまはのぞみも こうどうの
 にわのちぐさも さかりなるらん

 千年の歴史を持つ寺で、創建当初は一条通りにあり、開基は行円上人で、革聖の行円上人願いの寺のいわれより、革堂行願寺と名付けられました。
 この御本尊は上人がすべての人々の成仏のため仏像を彫刻したいと発願し、賀茂の社に霊木があることを告げられ、その槻の木に自ら一刀三礼して彫られた観音様で秘仏となっております。

 
170912_koudo-map.jpg 
 
 
posted by genjiito at 23:14| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年09月11日

京洛逍遥(464)洛陽三十三所(3)護浄院 清荒神

 今から7年前の8月に、清荒神へ行ったときの観音霊場巡り報告です。
 前回書いた、第2番札所の「新京極 誓願寺」は8月21日で、この清荒神はその2日前の19日に行ったようです。(写真は当日のものを掲載したため、現在と少し異なるものが写っているかもしれません。)

100819_kiyosi-mon.jpg

100819_kiyosi-hondo.jpg

100819_kiyosi-in.jpg

170905_kiyoshi.jpg

 清荒神は、京都御苑の仙洞御所と鴨川の間に位置し、廬山寺の南にあります。前を東西に走る手狭な荒神口通の左手には、藤原道長が建立した法成寺跡があります。この法成寺跡については、「源氏のゆかり(28)説明板36-法成寺跡」(2008年10月07日)で紹介しました。

 荒神口通の東側、河原町通を渡ったところに、NPO法人〈源氏物語電子資料館〉の登記手続きでよく行く、京都地方法務局があります。さらに鴨川に架かる荒神橋を渡ると、京都大学稲盛財団記念館や東南アジア研究所があります。この奥が、毎月のようにお世話になっている京大病院です。
 この地域は、私にとっては日常的に往き来している所なので、こうして紹介するのが何となくくすぐったい気持ちがします。地元感覚があるからでしょうか。

 以下、ホームページ「洛陽三十三所観音巡礼」から清荒神の略説を引きます。

御詠歌
あらたかや こうじんどうの じゅんていは
 いのらばりやく さづけたもうぞ

 准胝観音さまは、あらゆる仏さまの母といわれているところから「仏母准胝尊」ともいわれ、多くの仏を生み出す母ですから、あらゆる人々のなやみに答えて救って下さる観音さまです。
 また子授けの観音さまとして、清浄と母性の象徴、母の願いを叶えて下さる准胝観音さまに祈りを捧げて下さい。


170911_kiyoshi-map.jpg 
 
 
posted by genjiito at 20:07| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年09月10日

京洛逍遥(463)平安神宮でのお茶会に行く

 平安神宮澄心会の月釜の行事に参加して来ました。

170910_outenmon.jpg

170910haiden.jpg

 神苑内の澄心亭での、裏千家吉田宗育氏のお茶席に寄せていただいたのです。

170910_otyasitu.jpg

170910_matiai.jpg

 待合では、先客の男性と私の2人だけでした。お正客に、と言われたらどうしようと思い、ドキドキです。幸い、その方は経験豊富な方だったようで、率先してお正客をつとめてくださいました。
 席入りすると、サッと手前座に一番近い正客のところに座られたので、私が次客となります。床には、鷹司兼煕が重陽節句を歌った和歌の軸が掛かっていました。兼煕は17世紀後半の人で、関白になっています。お公家さんの文字は仮名の崩し方も難しくて、何文字か読めませんでした。
 しばらくすると、今日の最後の席ということもあってか、水屋でお手伝いをなさっていた方々も入って来られ、10名ほどになりました。
 お菓子は、菊の着せ綿です。このお菓子については、「京都で『源氏物語「蜻蛉」』の写本を読む(第13回)」(2014年09月06日)で詳しく書いていますのでご参照ください。

 私の前に置かれた薄茶は、縦長の馬上杯を模したお茶碗でした。高台のところに小さな穴が刳り抜かれていました。珍しいものだそうです。どう持っていいのか戸惑いながらも、正客役をなさっている右隣の方のアドバイスをいただき、包み込むようにしておいしいお茶をいただきました。それにしても、小さなビアカップのような茶碗に、どのようにして茶筅で泡立てられたのか、よく見ていなかったので今でも不思議です。縦長の湯呑みのようなカップの中に茶筅を入れると、そこで前後左右のいずれにも振ることができないと思われるからです。何か秘訣があるのでしょう。

 部屋も道具も、重陽の節句に合わせて菊に関するもので構成されていました。
 小一時間ほどのお茶会でした。正客をなさっていた男性の動き方や話題を投げ掛けられるタイミングなどは、いつかは私もお正客をさせられることから逃げ切れないはずなので、いい勉強になります。とにかく、しっかりとお稽古をすることと、お茶会の場数を踏むことしかありません。

 私がお茶をやっているのは、我が家にお越しのお客様にお茶を点てて差し上げ、ゆったりとお話をしたいからです。そのために、こうしていろいろなお茶会に参加して、自分なりのお茶の出し方をイメージトレーニングしています。場の作り方の勉強だと思って、機会を見つけては足を運んでいるのです。

 平安神宮の周辺は、府立図書館に来たときによく通ります。本ブログでも何度も取り上げています。しかし、神苑の中に入るのは4年ぶりだと思います。

「京洛逍遥(271)良好だった検診2日目と京洛の桜」(2013年04月05日)

 平安神宮の神苑というと、何と言っても紅しだれコンサートです。

「京洛逍遥(132)平安神宮紅しだれコンサート -2010-」(2010年04月09日)

 このコンサートは、あまりの人の多さに疲れるようになり、しばらく行っていません。
 さまざまな京洛での催しも、気疲れや人疲れのするものには、しだいに足が遠のくようになりました。
 それでも、数多くのイベントが開催されるので、行けるものに行く、という方針でいます。

 一人でのんびりと苑内を歩きました。少し汗ばむ蒸し暑さを感じます。

170910_ogawa.jpg

 栖鳳池から望む泰平閣は、よくガイドブックで見かける姿です。

170910_taiheikaku.jpg

 ちょうど結婚式と行き会い、泰平閣の橋の中程でしばらく足留めとなりました。
 のんびりとした一日です。
 
 
 
posted by genjiito at 20:48| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年09月05日

京洛逍遥(462)洛陽三十三所(2)新京極 誓願寺

 今から7年前の8月、昨日の洛陽三十三所観音霊場の第1番札所「頂法寺」へ行った10日後に、この第2番札所「誓願寺」へ行っています。(写真は当日のものを掲載したため、現在と少し異なるものが写っています。)

170905_seiganji1.jpg

170905_seiganji2.jpg

170905_seiganji.jpg

 誓願寺は、河原町三条から四条の西を南北に走る商店街にあり、お土産物を求めて多くの修学旅行生や海外からの観光客で賑わう所です。和泉式部や清少納言のゆかりの地であり、この洛陽三十三所のご朱印をいただいた一月半後には、落語を聞きに行っています。
 そんなこんなを、これまでに何度かこの京洛逍遥で取り上げていますので、以下の記事もご笑覧を。

「京洛逍遥(164)誓願寺の策伝忌と奉納落語会」(2010年10月11日)

「京洛逍遥(286)『都名所図会』の河原町三条界隈(その2)」(2013年08月18日)

 以下、ホームページ「洛陽三十三所観音巡礼」から誓願寺の略説を引きます。

御詠歌
くちずさみ そのなもながき こがねでら
 ここあんらくの じょうどなるらん

 誓願寺は、西暦六六七年、天智天皇によって奈良の地に三論宗として開創された。以来、改宗と二度の移転を経て、現在は浄土宗西山深草派の総本山である。
 当寺安置の十一面観音は、弘法大師の作と伝えられ、かつては長金寺(一言堂)の本尊であった。古来、一言で願いを叶えてくれる「一言観音」として信仰を集めている。


170905_seigan-map.jpg 
 
 
posted by genjiito at 20:29| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年09月04日

京洛逍遥(461)洛陽三十三所(1)六角堂頂法寺

 今から7年前の8月に行った時のことです。
 昨日の記事にあるように、洛陽三十三所巡りを再開したことに伴い、記録として取り上げていきます。

100829_rokkaku4.jpg


100811_rokkaku3_rakuyo.jpg

170904_rokkaku.jpg

 頂法寺というよりも、六角堂の方が馴染みのある呼び方です。京都市内の真ん中、三条通と蛸薬師通の間で、京都駅前から南北に走る烏丸通のすぐそばにあります。地下鉄で烏丸御池駅から、まっすぐ南に歩いて3分。本堂の前の六角形の石が、京都の中心だとも言われています。
 この六角堂については、西国三十三所札所巡りをしていたときの記事で、さらに詳しく書いていますのでご笑覧を。

「西国三十三所(7)頂法寺(六角堂)」(2010年10月07日)

 以下、ホームページ「洛陽三十三所観音巡礼」から頂法寺の略説を引きます。

御詠歌
わがおもふ こころのうちは むつのかど
 ただまろかれと いのるなりけり

 当寺は西国十八番の札所で、用明天皇二年(五八七)に聖徳太子により建立されたと伝えられている。
 御本尊は太子の護持仏と伝えられる如意輪観音菩薩で、秘仏となっている。本堂北の本坊を池坊と呼び、室町時代以降多くのいけ花の名手を輩出した、華道発祥の地として有名。現在も華道家元池坊の拠点となっている。


170904_rokkaku-map.jpg
 
 
 
posted by genjiito at 20:33| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年09月03日

京洛逍遥(460)洛陽三十三所(28)壬生寺

 壬生寺のご本尊は延命地蔵菩薩です。今夏の地蔵盆でも、町内の地蔵祭には、この壬生寺から読経にお越しになっていました。

 壬生寺は、新撰組ゆかりの寺として知られています。しかし私は、それよりも山本兼一の『とびきり屋見立て帖』のシリーズに出てくる芹沢鴨や近藤勇や坂本龍馬を思い出します。
 それはともかく、今回は洛陽三十三所の一つとして、中院の十一面観音菩薩を拝みに行きました。
 壬生寺に来るのは初めてです。この近くにある天然温泉「壬生の湯」には何度か来ているのに、壬生寺までは足を延ばしていなかったのです。今日もこの後は、「壬生の湯」に入り、ゆっくりと身体を休めます。

 南門から入り、東の表門から出ました。

170903_minamimon.jpg

170903_hondou.jpg

170903_nakanoin.jpg

170903_syuuin.jpg

170903_omotemon.jpg

 洛陽三十三所については、忘れてしまうほどの7年半も前に、観音霊場巡りとして3本の記事を書いたままで、その後に行ったところは書かずに来ています。何かと多忙を極め、札所に行ってもこのブログに書くゆとりもないままに来ていたのです。

「京洛逍遙(114)洛陽三十三所(6)金戒光明寺」(2009年12月06日)

「京洛逍遙(122)洛陽三十三所(8)大蓮寺」(2010年02月26日)

「京洛逍遙(125)洛陽三十三所(31)東向観音寺」(2010年03月01日)

 今回、こうして足を留めたことを機に、すでにこれまでに集印しているお寺のことも、思い出しながら書いていくことにします。

 以下、ホームページ「洛陽三十三所観音巡礼」から壬生寺の略説を引きます。

御詠歌
しゃくじょうの おとなりひびく みぶでらに ごうりきするは このほとけなり

 壬生寺の塔頭である中院は、古名を中之坊と呼ばれ、寛永年間(一六二四〜一六四三)、本良律師により創建された。
 本尊は、十一面観世音菩薩(鎌倉時代)である。鎌倉時代の壬生寺再興時に、平政平の発願により新造された諸仏の内の一体である。明治時代には律宗の修業道場であった。


170903_mibu-map.jpg 
 
 

posted by genjiito at 23:53| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年08月30日

京洛逍遥(459)宇治天然温泉「源氏の湯」と回転寿司「くら」

 今年の夏の最後となる今日は、宇治にある天然温泉「源氏の湯」で鋭気を養ってきました。明日から、今年の後半が始まります。
 「源氏の湯」は、平等院のさらに南にあります。京洛ではなくて、洛南です。近鉄大久保駅から歩いて7分。意外と近いところにあることを、行ってみて初めて気づきました。
 回転寿司「くら」の裏だったので、まずは腹拵えから。大好きな回転寿司も、日々変化していることを実感します。特に、「くら」は工夫がいっぱいです。最近は、糖質制限食の寿司メニューを開発しています。

170830_kurazusi.jpg

 「源氏の湯」は、竹を取り入れたりして雰囲気を大事にしていました。

170830_genjyu.jpg

 廊下の突き当たりには、国宝の源氏絵「東屋一」(徳川美術館蔵)の複製が掛かっていました。浮舟が物語絵を見ながら物語を読んでもらっている場面です。

170830_genjie.jpg

 この絵が選ばれた理由はわかりません。しかし、この宇治には『源氏物語ミュージアム』が土佐光則筆とされる『源氏絵鑑帖』を所蔵しているので、その複製をいくつか飾ったら良かったのに、と思いました。国宝の源氏絵にしたのには、何か深いわけがあるのでしょうか。
 さらには、この絵の説明は一文字も見当たりませんでした。その手前の日本人形も、説明文が台座に隠れていて、よくわかりません。単に置くだけでなく、それが何であるかを来場者と共有すべきだと思います。無責任さを感じました。
 ここには、のんびりと一日中いることもできます。四周年を迎えたとのことなので、今後さらに名前が知られると利用者が増えることでしょう。
 
 
 
posted by genjiito at 20:10| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年08月21日

京洛逍遥(458)京大病院がある聖護院地域での長かった一日

 朝早くから京大病院へ診察に行きました。
 病院の玄関から東を見上げると、先日の京都五山の送り火でみごとな「大」の字を浮かび上がらせた如意ヶ岳の大文字が見えます。また来年の勇姿を楽しみにしましょう。

170821_dqimomji.jpg

 今日は、皮膚科と糖尿病内分泌栄養内科の2つが組まれています。
 まずは採血から。一時間後に結果が出て、それによって糖尿病に関する診察があります。
 今日の採血では、いつもと違って針を刺された腕が痺れました。いろいろな手術を私は経験しているので、これくらいは大したことはありません。痛くないですか? と聞かれたら、「痛いです」と答えようと思っていました。しかし、こんな時に限って聞かれることもなく、試験管の本数が多くなっていきます。5本の管に、血液がたっぷりと吸い込まれました。これまでにない痛さだったのは、針の位置に加えて、体調もあったかと思います。

 血液検査の結果が出るまでの間に、皮膚科に行きます。
 今日で、右足の疣の治療は終了となりました。きれいになったのです。
 昨年の初夏からなので、約一年半かかりました。疣は恐るべし、ということを実感しました。ただし、昨年の7月に剥離骨折をした左足首が、いまだに不調です。これは皮膚科とは関係ないので、自然におさまるのを待つしかないようです。最初に診てもらった整形外科の対応に問題があったのではないか、と勝手に思っています。

 糖尿病栄養内科では、いつものように血液検査の結果をもとにして、詳しい説明を伺いました。腎臓も肝臓も問題はありません。ただし、今回初めて、肝臓に疾患がある場合に血液中で上昇する物質である「AST(GOT)」と「ALT(GPT)」のうち、「AST(GOT)」だけが少しだけ高い数値を示していました。これについては、以下のことが原因とされているようです。

アルコールを過剰摂取していないか
肥満ではないか
最近内服を始めた薬やサプリメントなどがないか
過度な運動を行っていないか


 いずれも、私にはあてはまりません。
 基準値をオーバーしているといっても、数値で1だけのオーバーなので、特に問題はないようです。

 さて、一番の課題であるヘモグロビン A1cの値です。
 この前の4月が「7.1」、6月が「7.6」と危ない状況になり、今回が「7.4」なので、少しだけ下がっています。例年、初夏から高くなり、8月から秋口にかけて下がる傾向があるので、また次の10月の様子を見ることになりました。今、特に何かがあるということではないようです。消化管を持たない私は、血糖値が高めなのはどうしようもないことのようです。合併症に気をつけることが肝要です。その兆しは、微塵も感じられません。今気になっているのは、加齢による老化の諸症状だけです。

 体重が50キロにならないことについては、無理に体重を増やそうとすると血糖値が上昇しがちなので、このままの食生活でいいのではないか、ということでした。昨日の体重は48.8キロです。しばらくは、懸案の50キロを目標にすることに拘らないことにします。到達目標を下げます。

 2つの科の診察が終わってから会計のところへ向かうと、「ここが最後尾」という札を持った方が入口のホール近くにおられて驚きました。とにかく、長蛇の列です。一時間弱の待ち時間だとのこと。精算にはそれ以上の待ち時間があるので、その間に病院の前の薬局へ処方箋を持って行きました。
 ここでも、30分以上は待たされます。これに痺れを切らして、かつて別の薬局へ処方箋を持って行って対処しようとしたことがあります。ところが、薬局へ行くタイミングを失してしまい、再度処方箋を書いてもらったことがあります。そのため、何時間かかっても、診察が終わって精算するその日の内に薬を受け取ることにしています。

 今日は、さらに時間がかかるようなので、この空白の時間を利用して、NPO法人〈源氏物語電子資料館〉に関係する書類のことで、この聖護院地区に集中している2つの役所へ行くことにしました。
 病院のすぐ東側の荒神橋の袂にある京都地方法務局では、NPOの資産と役員再任の登記に関することで対処してもらいました。あらかじめ予約をしておいたので、迅速に終わりました。丁寧な説明をしてくださいました。ありがとうございます。

 この荒神橋の柱には、「荒神橋」と「くわう志ん者し」と刻まれています。この「荒神橋」と刻まれた柱の左後に、如意ヶ嶽の大文字が見えています。

170821_koujin1.jpg

170821_koujin2.jpg

私は、「はし」が「者し」と変体仮名混じりで刻まれることが多い点に注目しています。今のところ、そこに法則性が見いだせないので、とにかく事例を集めているところです。

 次に、法務局から自転車で丸太町通りを東へ走り、平安神宮の北側にある左京税務署へと移動します。NPO法人の税金に関して相談をもちかけると、ここでも親切な対応をしてもらいました。そして、申告するものがないことを確認できました。今後とも、NPO法人〈源氏物語電子資料館〉が幅広い事業展開をするようになれば、ここのお世話になることになります。そのように活躍の場が拡がることを楽しみにしたいと思います。府税に関しても問題はないでしょう、との判断を時間をかけて点検してもらいました。税金に疎い私に、懇切丁寧に説明してくださった署員の方に感謝しています。

 その後、また病院に戻っていろいろな対応や手続きをして、夕方になってやっと今日のスケジュールが終わりました。丸一日が、こうした時間に費やされることは、毎度のこととはいえ、粘り強い忍耐を強いられることです。今後は、段取りよく物事に対処することで、限られた時間をさらに有効に使いたいとの思いを強くしました。
 それにしても、こうして病院で身体のことでチェックをしていただき、特に問題がないことを確認できたというこことは、明日も引き続き生きていていいという安堵の思いにつながります。何かと不安を抱える身体とのお付き合いをしていると、こうして一日一日生きていられる時間が延びていくことは、何ものにも代えがたい嬉しさでもあります。これまでのように、元気だった頃のようには、思うように仕事が捗ってはいません。しかし、明日があるということは、もう一歩でも仕事が捗るということです。与えられた幸運を、さらに次へとつなげていきたいと思っています。
 約束の仕事をなかなか終えることができず、多くの方にご迷惑をおかけしています。身体が動く限り、自分なりの優先順位の中で、すべきことをこなしています。自ずと、スローライフになっています。こんな状況にあって、痩せ細った身体を労り、抱えてのことなので、今しばらくお待ちください。
 
 
 
posted by genjiito at 23:56| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年08月20日

京洛逍遥(457)日本料理と[洗い茶巾]でのお点前のこと

 盛りだくさんだった昨日の地蔵盆で、お昼の食事と私のお点前のことを書いていませんでした。
 昼食は、地下鉄烏丸線の北山駅と松ヶ崎駅の間にある、日本料理の「北山 そわか」へ行きました。
 お店の外観が印象的です。

170819_sowaka1.jpg

 店内も小綺麗で、季節感に溢れた日本料理屋さんです。

170819_sowaka2.jpg

 お刺身の後にも、いろいろと出てきます。

170819_sowaka3.jpg

 鯛のあら炊きと京野菜には、夏の終わりを感じました。

170819_sowaka4.jpg

 食後は自宅に帰り、私が薄茶を点てました。この前から練習している[洗い茶巾]のお点前で、みなさんに一服差し上げました。水の音をさせながら、何とかそれらしくできました。

170819_tea.jpg
 
 
 
posted by genjiito at 23:58| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年08月19日

京洛逍遥(456)地元の地蔵盆に初めて参加

 近所の公園では、お地蔵様が遊んでいる子供たちを、いつもこっそりと見守っておられます。

170819_jizou1.jpg

 今日は地蔵盆です。これが関西特有の行事であることは、先日の「丸善での講演会「京都の伝統文化 地蔵盆の歴史を知る」に行って」(2017年08月12日)に書いた通りです。

 町内会では、地蔵盆のことを知らせる回覧が、月初めから回っていました。

170819_jizou2.jpg

170819_jizou3.jpg

 今日は、朝の9時から夜の8時過ぎまで、盛りだくさんのイベントが組まれています。お経をあげてくださる御師さんは、壬生寺からいらっしゃいます。

 公園の東端におられるお地蔵様の前では、地蔵祭会場の準備が進んでいます。

170819_jizou4.jpg

 上の写真の右端にお地蔵様の祠があり、左側にフリーマーケットの品物が拡がっています。
 お地蔵様の前で数珠回しが始まりました。主役は子供たちです。

170819_jizou5.jpg

170819_jizou6.jpg

 娘たちが孫を連れて来て参加しました。一人前に、数珠回しに飛び入りで参加です。この子の名前入りの真新しい提灯は、テントの上から吊り下げられています。

170819_jizou7.jpg

 役割分担も、きっちりと決まっています。

170819_jizou8.jpg

 数珠回しが終わってからも、子供たちはお地蔵様に感謝していました。

170819_jizou9.jpg

 とにかく、大盛り上がりです。子供たちはたくさんのおみやげをもらって大はしゃぎ。最後は、大人の花火を見てから、一人ずつが花火をもらって大満足。

170819_hanabi1.jpg

170819_hanabi3.jpg

170819_hanabi2.jpg

 その盛り上げに奔走しておられる役員のみなさんの奮闘ぶりを見て、町内会の役割をあらためて教えていただきました。ありがとうございます。
 京都にある一万体のお地蔵様は、それぞれに大切な役割を果たされたことでしょう。また来年が楽しみになりました。
 
 
 
posted by genjiito at 20:54| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年08月16日

京洛逍遥(455)快晴の中で京都五山の送り火-2017

 ここ3年間の京都五山の送り火は、悩ましい雨の中での点火でした。
 今日は快晴で、いつものように出雲路橋の南から拝みました。
 以下に掲げる写真のように、大文字、妙・法、舟形の4つをきれいに見ることができました。

 まずは、京都大学の裏の大文字が点火され、消えゆくまでです。

170816_daimonji1.jpg

170816_daimonji2.jpg

170816_daimonji3.jpg

170816_daimonji4.jpg

170816_daimonji5.jpg

170816_daimonji6.jpg

170816_daimonji7.jpg

170816_daimonji8.jpg

 帰り道に、松ヶ崎の「妙」と「法」が、民家の屋根越しに、文字の上の部分だけが見えました。

170816_myouhou1.jpg

170816_myouhou2.jpg

170816_myouhou3.jpg

 さらに出雲路橋の上からは、西賀茂の船形も見えました。

170816_funagata.jpg

 昨年は大変でした。今年は満腹です。
 このブログを書き始めてからこれまでの、9年分の大文字の送り火の記事を一覧にしておきます。
 毎年、こうして如意ヶ岳を見上げて、ご先祖様を見送っていたのです。
 今年も無事にお見送りできました。
 さて、今年度の後半に向けて、また前に向かって歩いて行きます。

 京都新聞のニュースによると、京都府警の発表では今日の人出は、昨年より5万人多い8万人だったそうです。
 確かに、海外からの人がいつもよりも多いようでした。

--------------------------------------

■過去9年間の送り火の記事一覧■

 (各記事の中のリンクは未整理です)

「京洛逍遥(420)大雨洪水警報の中での送り火 -2016-」(2016年08月16日)

「京洛逍遥(373)雨間に6万人が見上げた大文字 -2015-」(2015年08月16日)

「京洛逍遥(335)大雨の後の如意ヶ岳を焦がす大文字」(2014年08月16日)

「京洛逍遥(284)京都五山の送り火 -2013-」(2013年08月16日)

「お墓参りと大文字の送り火-2012」(2012年08月16日)

「銀閣寺山門前で大文字の護摩木を志納」(2012年08月15日)

「京洛逍遥(196)京都五山の送り火を考える-2011」(2011年08月16日)

「京洛逍遥(156)大文字の送り火-2010」(2010年08月16日)

「京洛逍遥(99)大文字の送り火2009」(2009年08月17日)

「京洛逍遥(45)大文字の送り火」(2008年08月16日)
 
 
 
posted by genjiito at 23:14| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年08月13日

京洛逍遥(454)第30回 下鴨納涼古本まつり -2017

 今年も下鴨神社の糺の森では、お盆の時期に恒例となった「下鴨納涼古本まつり」が開催されています。今年は30回目で、今週16日(水)までです。

170813fan.jpg

 40の書店が持ち込む80万冊の本が並ぶ姿は壮観です。

170813_tadasu.jpg

170813_books.jpg

 しかも、子どもたちに本をいっぱい読んでもらおうという思いを込め、児童書や絵本が1万冊もあるのです。ぬりえ大会、紙芝居、絵本の読み聞かせと、子供を意識したイベントが盛り沢山です。

170813_ehon1.jpg

170813_ehon2.jpg

 千古の森である糺の森を流れる御手洗川は、子供たちにとっての水遊び場と化しています。

170813_mitarasi.jpg

 とにかくお店が多いので、ブラブラと流して歩くしかありません。
 伊井春樹先生からは、探し求めていると本の方からおいでおいでをしてくれる、と教えられてきました。これまでの本との出会いを信じて、ひたすらキョロキョロと眼球運動に専念します。
 我が家は木造なので、原則は買いません。ここは、探していた欲しい本、引越しで処分した本、などなど、本との出会いと別れを楽しむ空間です。過去から現在へ、そして未来へと想像が膨らむ時間の中に身を置く場所です。本のお世話になって今に至っていることを実感するのです。

 今春の引っ越しで思い切って捨てた本に、数万円の値札が付いているのを何冊か見かけました。無念さが蘇ります。しかし、それも本との縁なので、ここはその諦めの場でもあります。

 今年これからの古書市は、次のものが予定されています。時間を作って、また行くつもりです。

170813_kosyo1.jpg

170813_kosyo2.jpg 
 
 
posted by genjiito at 18:09| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年08月08日

京洛逍遥(453)京都市バスの運転手さん(2017年-その1)

 先日も書いたように、市バスの運転手さんの車内放送が、ひと頃よりも格段によくなっています。そんなに嫌ならマイクを使わなければいいのに、と言いたくなるような場面が、最近は急激に減りました。運転手さんの若者世代への交代が、順調にいった成果のようです。急ブレーキや急発進も、あまりありません。先日、久しぶりに身体がガックンゴックンとしましたが。

 約1年前に、「京洛逍遥(409)京都のバスの運転手さん(2016年-その2)」(2016年05月29日)を書きました。あれから後も、日常的に足として利用している市バスでは、いろいろなことがありました。以下、印象的なところを記録に留めておきます。

 まず、好感を持った方から。

 瓜生さんは、私が後ろから追いかけるようにして走って行くと、バスを停めたままでジッと待っていてくださいました。以前にもそのようなことがありました。この方が運転なさるバスに乗るたびに、非常に安心できます。その気持ちが伝わり、ありがたく思いました。清田さん、川上さん、松田さん、三輪さん、堀次さん、原田さん、太田さんは、対応も話し方も優しく、ハキハキして感じがいい方々です。

 由良さんはこれまでの運転手さんの中では珍しく、終始無言でした。結局一言も喋らずに通されたので、それはそれで見事でした。車内には録音テープによる案内の音声が流れるので、わざわざマイクで重ねて喋らなくてもいいのだ、ということを、この時にあらためて感じました。
 それに引き換え、あまりにも丁寧過ぎて、盛りだくさんの案内で喋り過ぎだと思える方もいらっしゃいます。とにかくうるさくて、スピーカーの近くにいたので落ち着いて座っていられないこともありました。

 奥に詰めてほしいと、再三の注意をマイクでされる方もいらっしゃいます。対応は丁寧なので、仕事に対する誠意を感じました。旅行者が入口付近に固まっていると、なかなか出発できないのは確かです。後から乗りたい方も入ってこられないのです。京都市バスは、真ん中から乗ります。それだけに、乗ってすぐに入口を塞ぐように何人もの方が立たれると、中は空いていることが多いだけに困ったことです。

 以下、難儀な運転手さんのことも。

 マイクでボソボソと喋っておられるので、まったく意味不明の音が車内に流れるだけのことがあります。停留所の名前を言っておられるようでした。しかし、日本語かどうかすら不明なので、風邪を引いた鵞鳥の声のようにしか聞こえません。
 同じように、Yさん、Nさん、Mさん、Iさん、Kさんは、語尾が不明瞭なことに加えて、語尾を引っ張りすぎなので、ふざけているのかと思います。

 Nさんのマイク放送は、まったく意味不明の上、海外の方に「なんぼ入れたん」と言いい、終いには「もうええわ」と料金の確認を面倒くさがって放棄されました。気分の悪いこともあるのでしょう。しかし、投げやりな態度はいただけません。

 いろいろな運転手さんが、京都の街中をバスで回っておられます。それぞれに大切な役割を果たしておられます。それでもそれぞれに個性があり、人間味を感じたりします。
 そんな中で、乗客が不快な思いをすることがままあることも事実です。
 快適に移動できる公共交通機関として、今後とも安全運転で快適な空間を作ってくださることをお願いしたいと思います。
 
 
 
posted by genjiito at 23:48| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年07月24日

京洛逍遥(452)祇園祭の後祭の山鉾巡行から解体まで

 祇園祭の後祭で山鉾巡行がありました。10基の山と鉾が、御池通から河原町通を下ります。巡行と共に下り、四条河原町の交差点で、辻回しを見ました。

 道路に竹を敷いて、大きく重い山鉾を90度回転させるのは、なかなかの見ものです。
 以下、写真は辻回しのみにしておきます。
 今日の後祭は、次の順番で巡行しました。

 橋弁慶山

 ○北観音山
170724kitakannon.jpg

 鯉山

 役行者山

 八幡山

 ○南観音山
170724minamikannon.jpg


 鈴鹿山

 浄妙山

 黒主山

 ○大船鉾
170724oofunaboko.jpg

170724tujimawashi.jpg

 山鉾巡行の後は、子ども神輿を先頭にして花傘巡行が続きます。
 獅子舞が沿道の観客の頭を噛んで回っていました。

170724sisimai.jpg

 我が子を見守るお母さんたちも目立っていました。

170724tigo.jpg

 祇園甲部と宮河町の芸妓さんたちも参加しておられました。

170724koubu.jpg

170724miyagawa.jpg

 その他、子鷺踊りなど、いろいろな行列が続きます。

170724sagimai.jpg

 しんがりの「岩戸山」は、なぜここに付いて巡行しているのか、調べてみてもよくわかりませんでした。ご教示を。

170724iwatoyama.jpg

 お昼は、御幸町六角下るの「ここら屋 御幸町本店」で鱧の丼をいただきました。

170724kokoraya.jpg

 そして、デザートは錦市場の中の「黒豆茶庵 北尾 京の台所・錦店」で「抹茶〈冷〉(豆しぼり、キラキラ付)」をいただきました。

 錦市場を抜け、新町通で今日の辻回しで大活躍をした三つの山鉾の、衣装を脱いだ姿を見てきました。

◆南観音山
170724minami-hone.jpg

◆北観音山
170724kita-hone.jpg

◆大船鉾
170724oofuna-hone.jpg

 また、粽を探してもどこも残っていないとのことでした。
 そこで、バスで八坂神社へ行き、御本社で粽をいただきました。ここの粽は初めてです。

170724yasaka.jpg

 今年も残り半年を、無病息災で過ごせますように。
 
 
 

posted by genjiito at 23:58| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年07月17日

京洛逍遥(451)[洗い茶巾]のお稽古の後、巡行を終えた祇園祭の山鉾を見る

 大和平群にお茶のお稽古に行きました。京都市内をバスで移動中のことでした。バスは、河原町通りを避けて河原町丸太町から鴨川を東に渡り、川端通りを川沿いに五条まで下りました。祇園祭の巡行のために交通規制があるからだそうです。洛中の一角で行われているお祭りではあっても、市をあげての一大イベントとなっています。
 バスが川端三条を通りかかった時、車中から西の方を見ると、河原町通りを一基の山鉾が視界に入りました。

170717sanjyou.jpg

 三条大橋から河原町通りにかけては、ものすごい人出です。浴衣を着た男女が目立ちます。
 ニュースによると、浴衣姿の7割以上が中国から観光においでの方々だそうです。海外からお越しの方々が、日本の伝統的な夏の風景を作り出してくださっている、ということになります。これも日本の文化の特徴であり、一面なのです。真似をし、真似をされる中で、また新しい文化が生まれます。何でもかんでも批判的にとらえないで、1日も早く幅広い視野でアジア圏における文化の伝播や継承を語り合いたいものです。

 元山上口駅に降り立つと、ホトトギスが喧しいくらいに鳴きあっていました。一、二羽がほどほどです。インドで孔雀やインコの大群と出くわしたときも、興醒めだったことを思い出します。

170717_eki.jpg

 今日のお茶のお稽古は、前回お願いしていた、丸卓を使った洗い茶巾です。お盆にお呼びするお客さんのためのお稽古です。夏らしい涼しげなお手前なのです。
 茶碗に張った水に茶巾を浸けて持ち出し、茶碗の上で音をたてて軽く絞ります。その後、建水の上でしっかりと絞ります。この時の音で涼しさを感じていただくことがポイントだと思いました。
 また、我が家の風炉は電熱器を使っています。いつも熱くなりすぎるので、スイッチを入れたり切ったりしていて、慌ただしいことです。これも、抹茶を棗からお椀に掬い入れたタイミングで水差しの蓋を取るので、その時に水を釜に足したらいいことも覚えました。
 臨機応変にと言っても、それなりの場面があってのことなので、タイミングを見計らっての動きは覚えておくに限ります。
 この丸卓を使った洗い茶巾のお点前は、どうしても覚えたかったものなので、もう1回お浚いをしていただきました。
 今春からは月に2回のお稽古を心がけています。これまでの年に数回と違い、その時だけでは覚えきれないにしても、思い出す間隔が短いと気分的にも思い出す苦労がない分だけでも楽です。

 お稽古から帰る途中で、祇園祭の前祭で今日の巡行を終えたばかりの山鉾を、妻と待ち合わせて見に行きました。粽は、後祭の折にいただくつもりです。
 ちょうど7年前の7月16日のことです。私にとって、それよりも妻にとってはさらに忘れられない祇園祭でした。その日、私がガンの告知を受けたからです。その夕方、妻と御池で待ち合わせて祇園祭を見てから、長刀鉾の近くで鱧寿司をいただきました。

「心身雑記(59)ガンの告知を受けた時の気持ち」(2010年07月17日)

 今日は巡行を終え、明日の解体を待つ山鉾を見て回りました。
 以下、新町通りの南北が中心です。

■放下鉾
170717_houkaboko.jpg

■船鉾
170717_funaboko.jpg

 この船鉾の左後に岩戸山が立っています。

 ■岩戸山
170717_hoko9.jpg

 四条通にも、一仕事終えた山鉾が立っています。
 月鉾の向こう左手に函谷鉾が見えます。

170717_tukihoko.jpg

 そして、新町通りの「いっ献」と、錦市場の「そわか」でお神酒を少しいただきました。

170717_ikkon.jpg

170717_hamo.jpg

 四条通りに出ると、御神輿の賑わいの最中でした。すでに時刻は夜の10時を回っています。それにもかかわらず、大勢の人が四条通を埋め尽くしています。祇園祭の底力を目の当たりにしました。

170717_mikosi.jpg

 今年も、無病息災の後半となることを祈り、長刀鉾の粽菓子を我が家の仏さんに買って帰りました。

170717_dtimaki.jpg 
 
 

posted by genjiito at 23:55| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年06月19日

京洛逍遥(450)上京区を歩くためのフリーマップ

 上京区役所に行ったところ、ロビーの一角に「ご自由にお持ち帰りください」として〈上京を歩く〉や〈上京探訪〉という散策マップがたくさんありました。今日は15種類をいただきました。

170619_map1.jpg

 以下の写真の通り、上京の歴史・文化・文学に関するさまざまな散策ルートが紹介されています。

170619_map3.jpg

 例えば、これまでは西陣だけが知られていて、東陣はあまり意識されていませんでした。しかし最近は、応仁の乱の激戦地であった百々橋跡周辺が注目されだしました。表千家や裏千家など茶道関係の施設が密集するそのあたりに東陣があったことから、より一層訪れる人が増えるに違いありません。〈上京探訪(東陣)〉は、そうした当時がよくわかるマップとなっています。

170619_map2.jpg

 地下鉄今出川駅を降りられる機会がありましたら、東側の堀川通に向かって歩いてすぐの上京区役所に立ち寄り、このマップを手に入れておかれたら、京都散策がさらに充実することでしょう。ここ以外にこのマップが置かれている場所は、他にもあるかもしれません。
 市販のガイドブックにはない、地元が発行する魅力に溢れた記事が満載です。
 
 
 

posted by genjiito at 23:55| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年06月17日

京洛逍遥(449)梅雨入りしたのに雨が降らず賀茂川の水嵩が心配です

 賀茂川の水が少ないため、藻が目立つようになりました。
 こんなに水が少なく、藻が一面に広がっている様子は、これまでに見たことがありません。
 今年は超猛暑の夏になると言われています。
 涼しさを感じさせてくれる川面の緩やかな流れと、川風の心地よさが、今年の夏はどうなるのか心配しています。

170617_mizumo1.jpg

170617_mizumo2.jpg

170617_mizumo3.jpg

170617_mizumo4.jpg

 我が家でトントンと呼んでいる飛び石を渡ると、水が少ないことが一目瞭然です。
 足元で水の流れが感じられないと、何となく物足りなさを覚えます。

170617_tonton.jpg
 
 
 
posted by genjiito at 20:55| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年06月11日

京洛逍遥(448)白川通から真如堂を経て神楽岡通へ

 慌ただしかった日々に疲れ切った身体を休めるため、初夏の緑を浴びに真如堂へ行きました。
 バス停「真如堂前」を降りて東参道から入りました。

170612_sinnyodo1.jpg

170612_sinnyodo2.jpg

 本堂の裏手から入ったこともあり、まずは見ごろの紫陽花と対面です。

170612_sinnyodo3.jpg

 緑の木立の中に本堂はたたずんでいます。

170612_sinnyodo4.jpg

 本堂左手前では、沙羅がもうすぐ花開くところでした。

170612_sara.jpg

 インドの話では、お釈迦様が最後の説法をした後、頭を北にして沙羅の木の間に横たわって入寂された、と言われています。日本の沙羅は夏椿で、インドのものとはまったく別物だそうです。『平家物語』の「沙羅双樹」はどのような花だったのでしょうか。

 本堂右手前の菩提樹は、黄色の花を咲かせていました。

170612_bodaijyu.jpg

 見ごろは10日ほどの間だとのことなので、見るのは来週一杯なら大丈夫でしょうか。お釈迦さまは、菩提樹の下で悟りを開かれました。ただし説明によると、日本とインドでは植物の分類が異なる、違う木だそうです。これも、翻訳・意訳の世界のようです。

 去来の句碑を見かけました。
 変体仮名に敏感になっている私は、最初の「念仏可南」の「南」の文字が気になりました。鎌倉時代を中心にして写本を読んでいる私は、ほとんどこの「南」という変体仮名に出会わないからです。近世ではよく使われるのでしょうか。

170612_kyorai.jpg

 陽成天皇陵、吉田山荘、後一条天皇陵と、神楽通をブラブラしていると、たまたま黎明協会資料研修館で「琳派展 2017」をやっているのを見かけました。思いがけず、光悦や光琳の絵や書を堪能することができました。

170612_rinpa1.jpg

170612_rinpa2.jpg

 伝宗達筆『源氏物語図』(「蛍」、次の写真はホームページより)は、屏風絵の断簡です。

170612_genjie1.jpg

 また、屏風絵の1部として「若菜上」も所蔵されているようです(写真はホームページより)。

170612_genjie2.jpg

 歌仙絵も、楽しい出会いとなりました。いいものを拝見できました。琳派の茶道具も見られます。明治27年に刷られた『光琳百図』とその版木も、興味深いものでした。
 ここは、2004年に開館した新しい美術館です。閑静な住宅地の中にあり、ゆったりと展示作品が見られるので、散策の途中で寄るのにいいと思います。

 最近注目されている、吉田山山頂にあるカフェ「茂庵」まで足を延ばしました。神楽岡通から山道を15分ほど歩いて登ります。
 途中で、送り火で知られる如意ヶ岳の「大」の字がきれいに見えました。

170612_daimonji.jpg

 また、ここには、大正時代の長屋風の文化住宅群も現存しています。

170612_jyutaku.jpg

 茂庵へは、この狭い入口からまだまだ山を登ります。

170612_moan1.jpg

 茂庵までの山道の途中には、瀟洒なお茶室がいくつかありました。

170612_tyasitsu.jpg

 ようやく辿り着いた茂庵は、山小屋風の風情があります。

170612_moan3.jpg

170612_moan4.jpg

 多くの方々が待っておられるので、どれくらい待つか思案のしどころです。1時間以上はざらだとのことなので、またいつか、ということにして下山しました。

 ちょうどお昼時だったので、吉田山を下って今出川通り沿いにある進々堂京大北門前店でランチをいただきました。ここは、いつ来ても大学生活の匂いがします。
 朝から半日、いつもとは違う世界を散策することができました。
 
 
 
posted by genjiito at 23:57| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年05月16日

京洛逍遥(447)観光でポケット版の音声案内が使える日が近い

 これから観光のお伴となる、便利なグッズのモデルケースが、我々の日常に提供されました。「宮内庁参観音声ガイド」というスマホ用のアプリとして、今日16日からiPhone 版が無料で配信されました。Android版はもう少し先のようです(讀売新聞、2017年5月16日・夕刊)。

170516_guide1.jpg

 このアプリを使うと、皇居と京都御所をわかりやすく案内してくれます。立ち止まってガイドブックを見たり、掲示されている説明を読むのは、小さな文字を読むのが面倒な歳になると、なかなか大変でした。それが、このアプリでGPS機能を使うことで、指定されているエリアに立つと自動的に音声ガイドや写真が流れるのです。これは歩き回るのが楽しくなります。ブラブラと歩きながらの観光にも重宝しそうです。これは大助かりです。そして、ガイドさん受難の歴史の始まりです。

 以下に、「Map」「List」「Info」の3画面を紹介します。

170516_guide2.jpg

--------------------------------------

170516_guide3.jpg

--------------------------------------

170516_guide4.jpg

 現在のところ、次の6種類の言葉に対応しています。

日本、英語、中国語、韓国語、フランス語、スペイン語


 最近特に多くなった、スペイン語話者の存在を忘れていないところがいいと思います。

 目が見えない方のために、スマホを物体にかざすと、それが何であるかを声で教えてくれるアプリがあります。
 そんな時代の流れを意識して、私は、ペンでなぞると写本に関する音声案内が流れる仕掛けを考えました。目が見えない方々に限らず、見える方々も写本の変体仮名を読んだり学習する方法として、昨年の科研で取り組み、一部を実現しました。

「民博で古写本『源氏物語』の触読研究会」(2016年12月10日)

 写真や音声を活用し、日常生活を魅力的にする小道具は、今後ともアイデア次第でいろいろと出てきそうです。また、産み出したいと思っています。
 楽しい時代になりました。大いに満喫したいと思います。
 
 
 

posted by genjiito at 23:56| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年05月15日

京洛逍遥(446)風が心地よかった葵祭-2017

 下鴨神社を出た葵祭の行列は、下鴨中通を北に進んで北大路通を左折し、さらに西に進むと北大路橋を渡ることになります。この橋を渡ってすぐの賀茂街道を川沿いに北に直進します。

 河原では、鴨たちが北大路橋を渡る行列を見たいのか、護岸に集まって今か今かと待っていました。

170515_kamo.jpg

 先導は、パトカーに続く京都騎馬隊です。

170515_kiba1.jpg

170515_kiba2.jpg

 その後を、葵と桂を身に着けた500人の行列が、延々800メートルも続くのです。藤の花を垂れる牛車は、よく観光写真などに使われる絵柄です。

170515_gissya.jpg

 このお祭りの本来の主役である近衛使代が乗る馬は、銀面の飾りを着けています。これがこの行列の本体部分なのです。あまり注目されませんが。

170515_konoe.jpg

 沿道の皆のお目当ては、やはり斎王代の腰輿(およよ)です。今年は、第62代となります。これは、最後の方でしずしずとやってきます。

170515_saiou1.jpg

170515_saiou2.jpg

 今年は、風が涼しくて心地よいお祭でした。
 帰り道のトントンは、めずらしく大渋滞です。

170515_tonton.jpg

posted by genjiito at 21:19| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年05月06日

京洛逍遥(445)ゴールデンウィークの賀茂川にて

 昨日に続き、初夏の京洛の風景です。
 少し汗ばむ陽気となり、鷺も黒鵜と共に思い思いの姿で日向ぼっこです。

170505_sagi20.jpg

170505_kawau.jpg

170505_sagi19.jpg

 水草の茂みで休む鴨や、遊歩道に上がって来る鴨もいます。

170505_kamo1.jpg

170506_kamo2.jpg

 上空には獲物を狙う鳶がいて、私も右手に持って食べていたアイスモナカを、サッと持ち去られました。大きな翼で頬を少し叩かれた感触だけが残ります。あっという間の出来事でした。
 お弁当がよく狙われるそうです。

170505_tobi.jpg

 北大路橋から、京大裏の如意ヶ岳に刻まれている大文字を望みました。

170505_kitaojibashi2.jpg

 橋の袂に置かれた説明板をあげます。

170505_kitaojibashi1.jpg

 昭和8年に架けられた橋に鎮座する灯籠は、金閣をイメージしたものだそうです。
 昭和53年までは、この橋の上を市電が走っていたことが、この写真からわかります。
 
 
 

posted by genjiito at 23:00| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年05月05日

京洛逍遥(444)ゴールデンウィークに飛ぶ鷺たち

 今年は、訪問者の多いゴールデンウィークとなりました。
 お客人といっても気の置けない方々なので、よもやま話で楽しい時間が流れて行きます。
 四六時中飛び回っている私にしてはめずらしいことです。
 何年ぶりというよりも、初めてのことだと思います。
 これといって、どこへ出かけることもありません。
 のんびりと朝夕の賀茂川を散策して心地よい風を楽しんでいます。
 東京を引き上げ、ホッと憩える初夏を迎えています。

 賀茂川の鷺は、日々百態を楽しめます。
 今回は、連続写真でその楽しい動きを並べてみました。
 コンパクトカメラの自動撮影なので、ピントの甘さはお許しを。
 
170505_sagi07.jpg

170505_sagi09.jpg 
 
 
170505_sagi10.jpg

170505_sagi11.jpg

170505_sagi12-1.jpg 
 
 
170505_sagi12.jpg

170505_sagi13.jpg

170505_sagi14.jpg

170505_sagi15.jpg

170505_sagi16.jpg

170505_sagi17.jpg

170505_sagi18.jpg
 
 
 

posted by genjiito at 21:00| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年05月03日

京洛逍遥(443)現代版の売茶翁とお話をする

 先日、賀茂川を散歩していた時、河原の散策路の一隅で野点のお茶を振る舞うおじさんがおられました。ここで、ときどき見かけます。
 たまたま誰もお客人がいらっしゃらなかったので、少しお話を聞くことができました。どのような方が、どのような考え方で道行く人々にお茶を振る舞っておられるのか、いつも気になっていたからです。
 話し好きな方で、自由気儘に人生を楽しんでおられます。お茶も、流派に縛られず、楽しく美味しく喫していただくことを無上の喜びとしておられるのです。
 全国をまわっておられるとか。
 土手に泊めてあるトラックの荷台は、畳のお茶室になっているようです。全国各地の道々で、車を停めてお茶をいただき話をするそうです。東北や九州にも行かれます。また、北海道や北陸からお茶をいただきに、この賀茂川を訪れる方もいらっしゃるそうです。ツイッターをなさっていて、次に行く所をそこに書いているそうです。
 時間があれば、もっと話を伺いたいところでした。しかし、暗くなってきたのでまたの機会に、ということでお別れしました。
 今度ここには5月下旬に来るかな、とのことでした。次に出会えたら、ぜひとも一服いただいてお話に興じたいと思います。
 そういえば、このすぐ目の前には、「京洛逍遥(440)売茶翁の詩碑と散り初めた桜」(2017年04月21日)で紹介した、「売茶翁没後二百五十年記念碑」(2013年建立)の「遊鴨河煮茶」が建っています。
 その碑文の中に、つぎのことばがあります。
鴨川畔など風光明媚なところで往来に茶を振舞う

 この方は、まさにこの生きざまを体現しておられるようです。
 魅力的な方でした。
 
 
 
posted by genjiito at 23:54| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年04月30日

京洛逍遥(442)下鴨神社で孫娘の誕生の報告と祈願をする

 3月までで東京を引き払ったことに関連して、まだ行っていなかった氏神さまへ、その報告と無事の成長を祈願しに行ってきました。下鴨神社の楼門は、いつも温かく迎えてくださいます。

170430_roumon.jpg

 本殿前に、次の掲示があることに気づきました。関西ならではの、機知に富んだ文面です。

170430_omitoosi.jpg

 御手洗川の光琳の梅は、今は若葉に覆われています。

170430_ume.jpg

 「水みくじ」があることを、今回初めて知りました。

170430_omkuji.jpg

 御手洗の池に浸けると、文字が浮かび上がりました。
 幸いなことに「大吉」です。孫を見守ってくださる神意に感謝しています。

170430_mitarasigawa.jpg

170430_mizumikuji.jpg

 糺ノ森の馬場では、5月3日の流鏑馬神事の準備が進んでいます。

170430_baba.jpg

 また、新たに殿舎の移設工事も進んでいました。これは、ラグビーの第一蹴があった聖地としての復興事業のようです。

170430_rugby.jpg

 このことは、後日報告します。
 
 
 
posted by genjiito at 23:59| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年04月24日

京洛逍遥(441)病院大好き人間だと言われています

 京洛では、まだ少し肌寒いと感じる朝夕です。しかし、日中は日々温かくなっています。
 通院のために行った京大病院から、大好きな如意ヶ岳の大文字を見上げました。この「大」の字は、見るたびに違う雰囲気なので、そこここから見て楽しんでいます。

170424_byouinkara.jpg

 先週、皮下腫瘍を摘出する手術を受けました。病理組織の検査結果は、良性の腫瘍であったことがわかりました。また、無事に抜糸も終えました。これで一安心です。
 一週間、病院からは何も連絡がなかったので、特に問題はないだろうと思っていました。胃ガンの時は、人間ドックで検査を受けて直ぐに、告知と至急再検査をとの電話があったからです。
 残る課題は、今年になってから発症した発疹です。これまでは、まったくなかった症状です。今年になってからの異常ということで、思い当たることがあります。昨年末から今月まで、よく精神が壊れなかったものだと感心するほどに、転退職に伴う尋常ではない激務と多忙さの中にいました。精神的に潰れなかったのが不思議なほどに、寝るヒマがありませんでした。冗談ではなく、気が狂わないように、と自分に言い聞かせる日々でした。その影響が、2月を過ぎたあたりから、肌に出だしたようです。睡眠不足と過剰なストレスによるものであることは明らかでした。今から思えば、このひ弱な身体が、よくもこの重圧に耐えたものだと驚いています。この4ヶ月を、生きて乗り切れたことは、私の感覚では奇跡だと思っています。人間の身体の不可思議さを痛感しています。これしきのことでは、人間の身体も心も崩れ落ちないことを知りました。
 4月を挟んでの、激変した環境にも、最近は身体が付いて来るようになりました。薬で対処できるところまで持ち直して来たようです。しばらくは、薬を飲み続けます。
 保険証が新しくなり、少し自制していた病院通いを再開しだしました。歯科と眼科はこれからです。
 今回もそうであるように、私は身体に何か変調を感じると、直ぐに病院へ駆け込みます。病院には、というよりもお医者さんには、明らかに当たり外れがあります。これは、厳然たる事実です。しかし、私は病院の対応が何かおかしいと、直ぐにまた別の病院へ行きます。これが、いつも早めに病気に対処でき、最善の処置をしていただいている秘訣だと思っています。家族から、病院大好き人間だと言われている由縁です。
 もっとも、高齢者の病院通いは何かと社会問題となっている折でもあり、自粛を心がけながらも適材適所に診てもらう、という対応にします。

 帰りがけに、賀茂川右岸から病院越しの大文字を望みました。
 賀茂川畔では、八重桜が今は一番の見ごろです。

170424_daimonji.jpg 
 
 


posted by genjiito at 23:37| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年04月21日

京洛逍遥(440)売茶翁の詩碑と散り初めた桜

 先日、売茶翁の詩碑の前で赤ちゃんの写真を撮りました。
 その売茶翁の詩碑について、このブログではまだ紹介していなかったことに気づきました。

 北大路橋東詰の半木の道の入口に、みごとな紅枝垂れ桜があります。満開のころの紅色から、しだいにピンクになり、これからは白くなって散って行きます。

170421_sakura2.jpg

 その後ろ、京都府立大学グランド側に、「売茶翁没後二百五十年記念碑」(2013年建立)があります。

170421_baisaou.jpg

 売茶翁は江戸時代の僧で、煎茶の中興の祖、本朝煎茶の茶神と呼ばれた人です。
 この碑には、次の漢詩と説明が刻まれています。

(正面)
遊鴨河煮茶
担茶具出蝸舎
択檻泉遊鴨河
鼎裏非人間味
神仙何覓瑶池
 売茶翁高遊外
  黄檗亘令書 [黄檗山主][亘令]

(背面)
売茶翁没後二百五十年記念
 一般社団法人全日本煎茶道連盟寄贈
 売茶翁没後二五〇年記念事業実行委員会
  平成二十五年七月十六日建立


 石碑の左側に、小さな石碑に説明文が刻まれています。
  鴨河に遊び 茶を煮る
茶具(ちゃぐ)を担(にな)い 蝸舎(かしゃ)を出(い)で
檻泉(かんせん)を択(えら)んで 鴨河(かもがわ)に遊(あそ)ぶ
鼎裏(ていり) 人間(じんかん)の味(あじ)に非(あら)ず
神仙(しんせん) 何(なん)ぞ 瑶池(ようち)を覓(もと)めん
    売茶翁高遊外(ばいさおうこうゆうがい)
 
 
 売茶翁高遊外(一六七五〜一七六三)
名は高遊外、人は売茶翁と呼んだ
江戸時代、佐賀県蓮池に生まれ、
十一歳で出家。黄檗宗僧侶から
五十七歳で還俗、京に上る。鴨川
畔など風光明媚なところで往来に
茶を振舞う。翁を慕い池大雅や伊藤
若冲などの文人が集い文化サロン
を形成。お茶を急須で淹れる方式が
評判となり、その後煎茶が全国に
普及した。その精神世界は後に煎茶
道の世界に受け継がれている。


 半木の道の桜も、葉桜になった木々をところどころで見かけます。

170421_sakura3.jpg

170421_sakura4.jpg

 鷺も鴨も、花見気分が抜けたようで、のんびりしています。

170421_sagi.jpg

170421_kamo.jpg

 中洲に堆積していた土砂も、きれいに取り払われました。

170421_nakasu.jpg

 北大路橋越しに見霽かす東山も、これから新緑に衣替えします。
 
 
 

posted by genjiito at 20:36| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年04月16日

京洛逍遥(439)あかちゃんがきました

 生まれて9日目に、あかちゃんが我が家に来ました。

 御所側から乗ったタクシーに植物園前で停まってもらい、半木の道に咲くベニシダレを背景に、初めての外出を祝して記念撮影です。

 賀茂の川沿いは日曜ということもあり、たくさんの人がそぞろ歩きを楽しんでおられます。

170416_sakura.jpg

 そこで、その反対側の京都府立大学のグラウンドに面した、売茶翁の詩碑のところで記念の写真を撮りました。

170416_baby.jpg

 しばらくはかわいい泣き声を聞きながら、にぎやかにゴールデンウィークを迎えることになります。
 
 
 

posted by genjiito at 20:36| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年04月15日

京洛逍遥(438)半木の道を抜けて北山の喫茶店「たなか」へ

 お昼までの雨が、午後にはすっきりと晴れました。
 賀茂川の花見も、週末ということで多くの方が集まって来られます。
 今日は、東南アジアからの方が多かったようです。三条大橋止まりの観光客も、最近は北上して北山まで足を延ばしておられます。大歓迎です。

 植物園の西側を通る半木の道は、賀茂川に沿って3本あります。その中でも、植物園側に一番近い、細く小暗い道が、人も少なくてお薦めです。

170415_nakaragi.jpg

 この半木の道から賀茂川を見ると、景色を独占した気持ちになります。

170415_sakura.jpg

 この半木の道を抜けた北山大橋の袂に、カフェマイスター「たなか」があります。

170415_tanaka-coffee1.jpg

 このお店から北山通り越しに半木の道を見やると、こんな風景です。

170415_tanaka-coffee2.jpg

 「カフェマイスターたなか」のコーヒーは、少し酸味がありました。我が家ではマイルドな豆を使っているので、かえって新鮮でした。
 白いワイシャツに黒い蝶ネクタイ姿のマスターが、目の前でサイフォンを使ってコーヒーを一杯ずつ淹れてくださいます。
 店の片隅には、たくさんの麻袋に詰められたコーヒー豆が積まれています。
 
 
 

posted by genjiito at 23:10| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年04月14日

京洛逍遥(437)半木の道の桜と賀茂川の鷺たち

 今朝の賀茂川散歩では、半木の道の桜は八分咲きでした。

170415_nakaragi.jpg

170415_sakura1.jpg

 鳥たちの説明板が新しくなりました。

170415_panel.jpg

 土砂が中洲となって川を堰き止めてきたので、それを取り除く作業が続いています。

170415_kouji.jpg

 そんな中で、鷺や鵜や鴨たちの活動が活発になってきました。
 思いつくままに撮った写真をあげます。

170415_toritati.jpg

170415_sagitou.jpg

170415_kamo1.jpg

170415_kamo2.jpg

 我が家でトントンと言っている飛び石で、犬を連れて渡る方がいらっしゃいました。

170415_tobiishi.jpg

 そろそろ水も温んできたようです。
 さまざまな鳥たちがやってくる季節となりました。
 
 
 
posted by genjiito at 23:57| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年04月11日

京洛逍遥(436)浄土寺のフレンチレストラン「聖宙庵」

 銀閣寺・法然院・真如堂に近い白川通りのバス停「浄土寺」から西に1本入ったところに、「フレンチレストラン「聖宙庵」」があります。
 住宅街の奥まったところにあるので、知らないと行き着けません。

170407_seityu1.jpg

 中はお茶室で、和の雰囲気に包まれています。

170407_seityu2.jpg

170407_seityu3.jpg

 料理はフランス料理というよりも、私には和食に近い感覚でした。
 前菜から新鮮な食材が並び、小食の私にも楽しくすべていただけました。

170407_seityu4.jpg

 石のスピーカーから流れる音楽が、柔らかいボサノバです。ゆったりとした、豊かな時間に浸れます。

 食後、白川通に出ると、昭和22年創業の「ヤマダベーカリー」がありました。

170407_pan1.jpg

 パンはもちろんのこと、私はピロシキが気に入りました。

170407_pan2.jpg

 「聖宙庵」と「ヤマダベーカリー」へ行くには、「フレスコ白川店」が目印です。
 
 
 
posted by genjiito at 21:08| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年04月09日

京洛逍遥(435)京都御苑と第43回鴨川茶店の桜

 昨夜生まれた孫娘の様子を見に、御所西へ行きました。
 一晩で目鼻立ちがくっきりとしています。すらりと伸びた指は、まさに白魚のようです。
 清らかな姿を見て安心しました。

 窓からは京都御苑の木々越しに、右に送り火の大文字が、左に比叡山の姿が望めます。

170409_hiei.jpg

 この地には、かつて北大路魯山人などが通った「梅屋尋常小学校」がありました。しかし、平成9年(1997)に御所南小学校と新町小学校に分割統合され、廃校となりました。それを記念して、敷地の一角に碑文が置かれています。

170409_hibun.jpg

「梅屋小学校の碑」
梅屋小学校は明治二年十一月二十一日
上京第二十番組小学校として
小川通竹屋町角の地に創設
明治六年にこの地に移転される
開校以来百二十六年のその歩みは
学区民の物心両面の支えと教育
関係者の努力によって一万有余名の
有為ある卒業生を輩出した
平成七年三月 子どもたちの教育
充実を願い地域の人々の熱意と
支援のもと新しい統合校である
御所南小学校に後を託して伝統ある
輝かしい歴史の幕を閉じた


 帰りに、京都御苑の間ノ町口から入り、左手の椹木口を桜越しに見ました。門の向こうが烏丸通りです。

170410_gosyo1.jpg

 苑内では、御所の南にある建礼門の左手に桜が咲いています。

170410_gosyo2.jpg

 賀茂川に架かる北大路橋から北山大橋にかけて、植物園沿いの半木の道では、昨日と今日の2日間にわたって「第43回鴨川茶店」が催されていました。ただし、お目当ての紅枝垂れ桜は来週が満開のようです。

170410_kamogawa0.jpg

170410_kamogawa1.jpg

170410_kamogawa2.jpg

170410_kamogawa3.jpg

170410_kamogawa4.jpg

 目を南に転じ、北大路橋から下流の出雲路橋越しの出町方面を望むと、ソメイヨシノとユキヤナギが満開です。

170410_kamogawa5.jpg

 琵琶湖から流れ来る疏水通りも満開です。正面に、比叡山が見えます。

170410_sosui1.jpg

 突き当たりが賀茂川の桜並木です。このあたりは花見客も来ないので、ゆったりと花見をしながら散策ができます。

170410_sosui2.jpg

 今年は格別のお花見ができました。
 毎年この頃になると、孫の誕生日には一緒にお花見ができるのです。
 楽しみがまた一つ増えました。
 
 
 

posted by genjiito at 23:58| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年04月03日

京洛逍遥(434)鞍馬の霊気を浴びて温泉で英気を養う

 昨日は賀茂川散歩の後、出町柳駅から叡山電車鞍馬線で、天然硫黄温泉が湧くくらま温泉に行きました。
 叡電の「きらら」号は、窓側に向いた座席がある電車です。季節毎に窓外の景色の移り変わりが楽しめます。

170402_eiden4.jpg

 ただし、いつもこの電車に乗れるのではないので、次のような姿の普通の電車が来たら、パスするかどうか思案のしどころです。

170402_eiden5.jpg

 昨日は、行きは「きらら」号に、帰りは普通車輌でした。

 終点の鞍馬駅は、2両の列車が入るだけの小さな駅です。

170402_eki0.jpg


 駅前では桃の花と天狗が出迎えてくれました。
 
170402_eki1.jpg
写真

170402_eki-tengu.jpg

 この鞍馬の地は、次のように説明されています。
風水学を元に平安京が築かれ、御所を中心とした四方・四神の内、貴船・鞍馬は北の神「玄武」にあたり、「エネルギーが湧き出る所」=「パワースポット」であると言われています。

 駅前から無料送迎バスで、仁王門よりもさらに奥まったところにある秘湯の湯とされる「くらま温泉 峰麓湯(露天風呂)」に向かいます。ここは、腰痛や糖尿病にいいとのことなので、今の私にはぴったりです。

170402_onsen.jpg

 このくらま温泉には、一昨年の5月に来ていました。
 これまでにこの温泉に来たことは、「京洛逍遥(352)新緑の鞍馬温泉でお山の霊気を浴びる」(2015年05月03日)に記しています。桜や紅葉の季節となる春か秋に来ているのは、見ごろを意識してのようです。鞍馬寺には行っている、夏と冬にもこの温泉に来てみたくなりました。
 
 
 

posted by genjiito at 00:32| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年04月02日

京洛逍遥(433)半木の道の桜はまだまだ蕾です

 新しい年度を迎え、早朝の散歩を始めました。
 賀茂川に沿う植物園の横を南北に通る半木の道は、毎年みごとな桜並木を楽しめます。
 次の写真の右手正面に、京都五山の送り火で知られる船形が微かに見えます。

170402_kamogawa1.jpg

 賀茂川沿いの桜は、まだ蕾です。

170402_kamogawa2.jpg


 あと二三日で開花するかもしれません。

170402_kamogawa3.jpg


 鴨たちもその日を楽しみにして泳ぎ回っています。

170402_kamo.jpg
 
 
 

posted by genjiito at 20:22| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年03月08日

京洛逍遥(432)紫式部と小野篁の墓所で見た蜜柑

 昨日は、茶道資料館から歩いて堀川北大路まで行く途中で、久しぶりに紫式部と小野篁の墓所に足を留めました。島津製作所の隣です。この敷地は、いつも手入れが行き届いています。
 西向きの入口から、橙色の蜜柑らしい果物が樹上に見えました。柑橘系の果物としておきましょう。

170307_sikibu1.jpg

 お墓の手前のところで見上げると、立派な実をつけています。

170307_mikan.jpg

 紫式部のお墓の右隣に小野篁のお墓があります。共に、お墓というよりも墳墓という方がいいと思います。

170307_sikibu3.jpg

170307_sikibu4.jpg

 小野篁と紫式部が並んでいるのは、学生時代に教わったことによると、小野氏の唱導文芸者集団と関係するからだそうです。その教えの影響からでしょうか、私は今でも、『源氏物語』の作者を紫式部という一人の女性に特定しません。紫式部が『源氏物語』と関わったことは『紫式部日記』からも確かなことです。しかし、それが今でいうところの物語の作者とは違うと思っています。
 紫式部は、『源氏物語』という一大長編物語を編集した人であって、『源氏物語』は紫式部という一個人によって書かれた物語ではない、と考えます。編集は監修としてもいいと思います。その意味からも、こうして紫式部のお墓に立ち寄るのは、あくまでも遺跡としての意味を大事に伝えていきたいからです。

170307_sikibu5.jpg

 ひっそりとした一角にあるので、見過ごす方が多いようです。堀川通を北上し、北大路通りの少し南に下った西側にあります。
 このブログで、これまでにこの紫式部の墓所をどのように紹介していたのかを調べたところ、詳しくは取り上げていないことがわかりました。
 よく通る道にあることもあり、意外といつでも記事にできると思っていたようです。というよりも、紫式部にあまり興味と関心が向いていないことの現れなのかもしれません。避けていたわけではないのです。こんなこともあるのです。紫式部と向き合わない自分を、一人でおもしろがっているところです。
 
 
 

posted by genjiito at 20:23| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年03月05日

京洛逍遥(431)重要文化財「旧三井家下鴨別邸」でのお茶会

 何度も行こうとして果たせなかった、重要文化財に指定されている旧三井家下鴨別邸へ行きました。
 昨日と今日の2日間、京都伝統産業青年会の展覧会「伝青会」が、旧三井家下鴨別邸で開催されます。東京での仕事に一区切りをつけた後、大急ぎで帰洛して駆けつけました。お茶室に入ったのは、3時までのところを危うく1分前でした。キャリーバッグを引きずって走りました。

170305_niwa1.jpg

 お茶室は、上の写真の右側です。

170305_niwa2.jpg
 お茶室については、いただいた資料によると次のように書いてあります。このお茶室は、江戸時代のものだそうです。


茶室は,庭園に面して3畳次の間が付いた4畳半の開放的な広間を配置します。裏側には茶室として極小空間である1畳台目の小間を置き、煎茶と茶の湯(抹茶)のいずれにも対応できたと考えられます。
※非公開


 お茶室の南側の瓢箪型の池には、泉川から水を取り入れた滝流れを見ることができます。

170305_ensou.jpg

 私が入ったお茶席では、陶芸家で伝統工芸士の伊藤南山氏と同席でした。世界的に活躍されている方で、今回新たに京都伝統産業青年会の会長になられるそうです。
 ご自分の作品である茶碗・建水・香合・茶杓が、私の目の前で実際に使われています。なかなか緊張する空間に身を置くこととなりました。ただし、私は両足共に調子が良くないので、失礼ながら胡坐をかかせていただきました。

170305_otemae.jpg
 先月から、引っ越しのドタバタ騒ぎの中にいました。昨日までとは打って変わって、まったく異質な時間の中にいることを肌身に感じ、不思議な気持ちになりました。

 お菓子は、西陣にある和菓子屋聚洸の「なたね」でした。予約をしても、なかなか手に入らないお菓子だそうです。


170305_wagashi.jpg
 その後、銀行・生命保険会社・女子大学を日本で初めて作った女性起業家広岡浅子の手紙(複製)を見たり、庭を散策しました。

 「忙中自ずから閑あり」とは、まさにこの今の自分のことを言うのでしょう。
 
 
 

posted by genjiito at 19:30| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年01月03日

京洛逍遥(430)あらためて下鴨神社へ初詣

 恒例となった、新年2日と3日の箱根駅伝を見ました。母校が、来年度のシード権を得る10位以内に入るのはむづかしいにしても、残り10校の内でも上位に入ってほしいと思いながらのテレビ観戦です。

 結果は、健闘の末の16位なので、今秋立川で開催される予選会での奮闘を期待しましょう。もっとも、「立川駅構内に並ぶ各大学の旗」を私が見る機会は、東京を離れるとおそらくもうないと思われますが……

 元日の初詣に行った下鴨神社が、ものすごい人出だったので、その時は本殿にお参りできませんでした。今日ならば、ということで出かけました。

 今年の舞殿の前の大絵馬は、若冲を意識したかと思われるみごとな酉の絵でした。


170103_ema




 御手洗川の光琳の梅は、まだ蕾です。
 ピンボケですみません。


170103_kourinnoume




170103_tubomi





 本殿前の干支の社で、何げなくお参りしていた卯年の社が、今年の干支の酉と一緒になっていたことに、今日初めて気付きました。


170103_eto




 今年の縁起物はこんな3点となりました。


170103_hamaya





 また、今年は我が家にとって新しい旅立ちの年となることもあり、「世界遺産賀茂御祖神社境内糺の森保存会」(略称:糺の森財団)に、妻と共に会員となりました。少しは地元のお役にたてば、との思いからです。下鴨神社に町内会で崇敬参加していることとは別に、個人的なものです。糺の森を散策することが多いので、これからは我が森と思いながら歩くことにします。

 糺ノ森から四条に出て、年末に行った染殿院の四条通り側の林万昌堂に寄りました。
 お正月らしく、華やかな人が出入りしておられました。


170103_kuriya





 すぐそばの「田古”と」で食事をして、人混みを掻き分けながら四条河原町のバス停から帰路につきました。
posted by genjiito at 21:29| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2017年01月01日

京洛逍遥(429)下鴨神社と河合神社に初詣

 新しい年をいつものように迎えました。
 紅梅と白梅も元旦に間に合い、気持ちのいいスタートです。


170101_ume




 おせち料理は妻と息子の合作です。


170101_oseti




 氏神様である下鴨神社まで歩いて初詣に出かけました。
 境内に入ると、いつもと違う表示に戸惑いました。西の鳥居から入れないのです。これは初めてのことです。


170101_simogamo1




 正面の楼門に出ると、参拝者の長蛇の列に驚きました。南の鳥居前の、焚き火の所まで並んでおられるのです。これでは、本殿まで1時間以上かかります。


170101_simogamo2




 そこでお参りは明日以降にし、今年の元旦の初詣は、境内南端にある河合神社にしました。
 修復も終わり、気持ちのいい場所となっています。由緒書には「すべての女性が一層美しくなりたいという願望と安産・育児・縁むすびなどをかなえてくださる神さま」だとあります。


170101_kawai




 出町柳に出る途中、参道でこれまで気付かなかった「鴨社資料館 秀穂舎」を見かけました。昨秋、10月1日に開館したとのことです。後日来ることにします。


170101_simogamo4





 この「秀穂舎」から下鴨神社の糺ノ森を見やると、物議をかもしたマンションの工事がフェンスに囲われた中で進んでいることがわかります。


170101_simogamo3





 マスコミなどが、世界遺産の糺ノ森を冒瀆するものだと、有識者を煽っていました。また、それに乗せられて反対を表明する方がたくさんいらっしゃいました。
 しかし、私は神事や行事を行なう寄付金が集まらなかったのですから、これも一つの解決策だと思っています。我が家は、町内会を通して些少ながらも寄付をしました。しかし、一銭も神社に寄付や寄進をしないで、自然破壊だと奇麗事だけを口と文字で並べたて、訳知り顔に騒ぎ立てるのには疑問を持っています。浄財が集まれば、このようなマンションを建てる必要はなかったのですから。

 京都は、とにかく大胆なことをします。日々、街中が変化しています。古くて新しい街が人々を惹き付けながら発展しているのは、新しもの好きの伝統が息づいているからだと思われます。伝統と文化を次世代に引き継ぐ術を心得ている街です。

 出町柳の手前の河合橋から、高野川の上流を望みました。
 京都五山の送り火の一つである「妙法」の「法」の字が見えます。


170101_takano




 穏やかな一年の始まりを実感しました。
posted by genjiito at 20:45| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2016年12月31日

京洛逍遥(428)大晦日の染殿院と錦天満宮と錦市場

 穏やかな大晦日。年の瀬の慣わしとなった、錦市場への買い出しに出かけました。
 今年も、料理人の感覚を頼りに、息子と一緒です。食材選びは直感が決め手です。

 四条通りの歩道が広くなったので、ゆったりと歩けます。これは英断でした。


161231_4jyoudori




 新京極通りは、いつもより人が少ないようです。
 四条通から入ってすぐ左に、赤丸で示したように「安産祈願 そめどの地蔵」という表示板が目に留まりました。


161231_sinkyougoku




 いつも新京極は、修学旅行生や海外からの旅行者がお土産物を探す場所となっています。あまりの人出の多さに通り過ぎていたので、これもご縁と思い初めてお参りしました。狭い路地の奥に本堂がありました。


161231_somedono1




161231_somedono2




 ここは、平安時代からの安産守護として知られた染殿地蔵院でした。地元では「そめどのさん」として親しまれているお地蔵さんだそうです。国宝「一遍聖絵」第7巻にある四条京極の釈迦堂とはここだとも言います。弘法大師が造られた本尊の地蔵菩薩は、2メートもの裸形立像。ただし秘仏のため、ご開帳は50年に1度となっています。次はいつなのか、聞き忘れました。

 本尊を「染殿地蔵尊」と呼ぶのは、文徳天皇の皇后であった藤原明子(染殿皇后、829-900)がこの地蔵尊に祈願したことにより、皇子である惟仁親王(第56代・清和天皇)が生まれたことに因むそうです。明子は父親の良房(人臣最初の摂政)の邸宅「染殿」に住んでいたのです。

 本堂から四条通りを見ると、創業明治7年の甘栗和菓子の老舗である林万昌堂四条本店でした。店の中を抜けても、この染殿地蔵院にお参りできます。

 新京極商店街を北に歩いて、錦天満宮へお参りしました。
 ここも、思いのほか参拝客は少なめでした。


161231_temangu




 境内の白梅も、まだ蕾が固いようです。


161231_ume




 この天満宮から西に向かって、錦小路通りが走っています。
 年末は人でごった返しすることで知られています。しかし、ここも今年は思いのほか空いていました。海外からの方ばかりのようなので、地元の方々は時間をずらして歳末のお買い物をなさった後なのでしょう。


161231_nisiki2




161231_nisiki3




 錦市場では、いつも買うおせち飾りの「開花宣言」や「扇昆布」と生麩等をいただきました。


161231_nisiki4




 木屋町と先斗町をブラブラして帰りました。ここも、見かけるのは海外の方々です。
 日本の旅行客のみなさんは、混雑を避ける術を身につけられたようです。

 我が家もお正月を迎える準備ができました。
 あと数時間で平成29年、2017年です。
 どのような年になるのか今から楽しみです。

161231_simekazari


posted by genjiito at 20:22| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2016年12月25日

京洛逍遥(427)高校駅伝と猿回しと終い天神と-2016

 今日は、京洛で全国高校駅伝大会がありました。
 1950年に男子の大会が開催され、女子の大会は1989年からだそうです。今年は、男子第67回、女子第28回となります。
 大阪と奈良で大会があった後、1966年から京都の都大路を走っているのです。

 今年の男子は倉敷(岡山)が、女子は大阪薫英女学院が優勝しました。
 午前中の女子の部は所用があり見られませんでした。しかし、男子の帰路は、通りかかった金閣寺の南にある平野神社の前で見ました。

 選手たちの通過を神社の境内で待ちました。ちょうど、岩手県奥州市の物産展をしていました。


161225_hirano




 そこに、地酒の「阿弖流為」がありました。
 ただし、その手書きの名札には「阿弓流為」と書かれていました。「弖」が「弓」になっていて正しく書けていません。
 変体仮名がすでに書けなくなっていることがわかります。


161225_sake




 しばらくすると、トップグループがやってきました。
 ここでの順位が、ゴールでも変わりませんでした。
 
 1位 倉敷・岡山

161225_kurasiki




 2位 佐久長聖・長野

161225_sakutyousei





 3位 九州学院・熊本

161225_kyusyuu




 目の前を通過する選手たちの早いこと。ここまでは、相当間が開いていました。
 しばらくすると、馴染みの学校が続々と続きます。
 左端に停まっているバスは、この走者たちが全員走り去るまで、バス停に釘付けです。


 18位 国学院久我山・東京

161225_kokugakuin




 平野神社の境内を東に突っ切ると、すぐに北野天満宮があります。天満宮では、すでにお参りの人でごったがえしていました。


161225_tenmangu




 神楽の打ち合わせをしておられるところを見かけました。年末年始の練習なのでしょうか。


161225_kagura




 境内にある梅林の近くでは、猿まわしの興行をしていました。
 神戸から来た方です。
 猿使いの女性が軽快にしゃべっておられるのが聞き物です。猿の芸よりも、このしゃぺくりが大切な芸だと思いました。


161225_saru1




 猿の「キング」君は、宙返りが得意のようです。


161225_saru2




161225_saru3




 菅原道真公の誕生日は6月25日、亡くなったのが2月25日ということで、25日は「天神市」の日です。今日はちょうど、天神さまの御縁日であり、しかも師走なので「終い天神」でした。

 京都では、毎月21日の東寺の「弘法市」があり、これも師走は「終い弘法」と呼んでいます。
 「弘法市」は、骨董品や植木などで賑わいます。
 ここ「終い天神」では、骨董よりも古着や端切れのお店が目立ちます。
 実際に品物を手にして買って行かれるのは、外国の方が多いようです。
 日本人は、ほとんどの方が昔の生活に思いを廻らし、物珍しそうに見るだけです。


161225_kottou




161225_kimono2




161225_kimono3




 これから慌ただしい年末となります。
 今年も、こうしてどうにか歳を越せます。
 本当にありがたいことです。
posted by genjiito at 23:56| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2016年12月13日

京洛逍遥(426)フォーラム2日目は『洛中洛外図屏風』を歩く

 総研大文化フォーラム2日目(11日)の午前中は、国際日本文化研究センターで異分野、他分野の方々の発表を聞きました。
 知らないことばかりで、刺激的な時間の共有は気分転換にもなります。特に、「宇宙人存在問題」と題する国立天文台の福島登志夫先生(物理科学研究科天文科学専攻)の話は、「宇宙人はどこにいるのか、なぜ来ないのか」というテーマでした。考えても見なかったことなので、非常に興味深いものでした。

 午後は、日文研から貸切バスで京都市内に入りました。
 私は、国立歴史民俗博物館の小島道裕先生が案内してくださる、C コース「洛中洛外図屏風「歴博甲本」左隻の世界を訪ねる」(上京) に参加しました。

 荒木浩先生がご担当の、宇治源氏物語コースに行きたかったのですが、小島先生のコースが私の行動範囲内だったので、さらに深く知ろうと思いこちらにしました。荒木先生、すみません。

 まずは、歴博本「洛中洛外図屏風」の左隻左上に少し見えている桂川です。ただし、車窓からの写真です。


161211_katuragawa




 散策のスタートは、相国寺の向かいにある「花の御所」(同志社大学・寒梅館)からでした。


161211_doshisya




161211_iseki




 小島先生の楽しい説明を伺いながら、「洛中洛外図屏風」に描かれた室町時代の京洛を経巡りました。
 道々語られた、床屋さんの位置に気をつけろ、という視点は、確かに区画の角にあったのでおもしろいと思いました。

 狩野元信邸址は、「洛中洛外図屏風」の製作者を考える上で、描かれた絵とともに重要な地点のようです。


161211_motonobu




161211_roji




 途中で、探し求めていた変体仮名の看板を見かけました。
 「う登ん」「楚者」「多古辨」は収穫です。

161211_kana




 一条通りまで下り、引き返して小川(こかわ)通りを北上します。

 茶道の不審菴と今日庵への入口では、無電柱化の工事が進んでいました。ここは百々橋跡の地で、応仁乱の激戦の地です。


161211_dentyuu





 このすぐそばの茶道資料館で、お抹茶を一服いただきました。
 開催中の特別展は「私の一碗」で、この日が最終日。65碗が展示されていました。
 逸翁美術館からは「五彩蓮華文呼継茶碗 銘家光公」(磁州窯系、元時代、13世紀)が出品されており、筒井紘一先生は「絵唐津茶碗」(桃山時代)を出品しておられました。
 私には、まだ茶碗の良さはわかりません。しかし、選りすぐりの逸品でしょうから、じっくりと拝見しました。

 茶道資料館からさらに東に向かって上御霊神社まで、希望者10人ほどで歩きます。
 今日は、日文研の稲賀繁美先生とお話をしながらの散策でした。お父さんが稲賀敬二先生です。繁美先生の幅広い問題意識とユニークな視点は、ご一緒しながらたっぷりとうかがうことができました。親子2代にわたってご教示をいただけるとは、ありがたいことです。

 終着地点は上御霊神社です。


161211_kamigoryou




 ここから我が家はすぐ近くです。しかし、荷物を宿泊したホテルに置いてきたので、それを取りに京都駅まで戻りました。

 今日1日の歩数は、14,668歩でした。『洛中洛外図屏風』の左隻をほとんど歩き回ったにしては、意外と狭い範囲であることを身体で実感しました。
 右隻の東側は、そうはいかないようです。

 歩くと、ものを見たり知ったり考えるときの、基本となる情報が得られます。いい機会をいただきました。小島先生ありがとうございました。小島先生のご著書を、今回伺った話を思い出しながら、あらためて再読したいと思います。

 小島道裕 2016『洛中洛外図屏風―つくられた<京都>を読み解く―』 (歴史文化ライブラリー)吉川弘文館

161211_rakutyuu


posted by genjiito at 22:05| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2016年11月28日

京洛逍遥(425)京大病院で検査と診察

 朝10時から、京大病院で糖尿病内分泌栄養内科の診察がありました。
 その前に、血液と尿の検査をします。
 血糖値などの検査結果を基にした診察なので、血液検査の結果が出ていないと、先生は診断も指導もできないのです。

 血液検査の結果が出るまでに、約1時間はかかります。
 そのため、9時には採血を終えておく必要があります。

 ただし、名だたる京大病院なので、受診者が多くて順番を待ちます。
 最初の関門は、予約者であってもしなければならない受付です。
 これをしないと、午後遅くまでかかります。
 そのために、長年の経験から、私は効率のよいタイムスケジュールを立てています。

 まず、必ず予約をしておくことです。これは、毎回の診察の時に先生がしてくださいます。
 予約なしで行った日には、お尻が硬直するほどに待たされます。

 私の主治医の先生は、外来の診察は原則として月曜日か金曜日に受けておられるので、週末は京都にいる私には好都合です。

 朝7時10分に自宅を出て、府立大学前のバス停から百万遍経由の京都駅行きバスに乗ります。高野川を渡り、バス停の近衛通りで降りて、目の前の病院に入ります。
 だいたい、7時45分頃になります。

 自動受付機は、8時15分から動きます。その順番待ちのために、あらかじめ来た順に整理番号を取ります。
 7台ある自動受付機の前のカードケースに、素早く目を走らせます。そして、もっとも番号の小さなカードの受付機の前の番号カードを取るのです。
 今日は、7号機の11番目でした。私のタイムスケジュールで病院に来ると、だいたい10番台前半のカードを手にできます。

 ロビーに設置されている大画面のテレビは、NHKの朝の連続ドラマ(小説?)を映し出しています。それが終わるとちょうど8時15分。自動受付機が動き出します。

 待合スペースで眠たそうにテレビを見ていた人は、一斉に立ち上がって自動受付機を目指して並びます。

 あっという間に、7列がみごとにできあがります。そして、みんなが手にした札を見せ合いながら、これまた瞬時にカード番号通りに整列するのです。
 日本人が得意な、両手を差し出して「まえになれー」まではしません。それでも、前から十数人は等間隔に並びます。ここで「まわれーみぎー」と言おうものなら、一歩足を引いてクルリと回りかねません。

 ここでみんなは、自然と手に持っているカードを周りの人に見えるように、数字をちらつかせるようにしています。一々「何番ですか?」と聞かれるのが煩わしいからです。この心理と動作には、微妙な気持ちが入り交じっています。

 ここで受付を済ませると、小さなリモコンが出てきます。その液晶画面に表示される案内が、今日一日の病院内での道案内と呼び出しサインとなります。

 早速、採血のために2階に移動しました。
 ところが、今日はここの自動受付機が故障とのことで、5人ほどの看護士さんたちが数字を印字した整理券を走り回りながら配っておられました。
 いつもはスムーズに進む手続きが、なんと大混乱です。窓口の方3人が、手作業でてんてこ舞いでした。器械は突然壊れるものです。機械に頼る日々となり、もう忘れかけていた仕事をこなすのに、お3方は大変そうでした。

 上京の新幹線で眠気覚まし代わりに書いていたら、つい余計なことを綴っていました。

 肝心の診察の結果を記しておきます。

 今日のヘモグロビン A1cの数値は「7.2」でした。先月は「6.9」だったので、大幅にアップです。ただし、致命的なものではありません。

 先生からは、夜には血糖値が下がらないので、食事を早めにすることと、お酒は糖質のないもので割るように、というアドバイスをいただきました。
 懸案の鉄分不足は、もう完全に解消となりました。貧血状態もまったく気にすることはありません。

 とにかく、もろもろがおおむね良好です。さらに血糖値の上昇に気をつけながら、マイペースで食生活を続けることにします。というよりも、朝晩の食事とお弁当で苦労をかけている妻の負担を軽くするように、もっと自分の意識を高めたいと思っています。

 帰りは、荒神橋のそばの亀の飛び石伝いに賀茂川を渡りました。


161129_kame




 河原では、丸まると太った鴨が食事中です。


161129_kamo




 鷺と鴨が仲良く遊んでいます。


161129_sagi




161129_sagikamo




 京都地方法務局と京都市役所で用事を済ませ、烏丸御池の歯医者まで歩いて散策しました。

 在原業平邸址の横の自動販売機の業平歌は、秋のままでした。


161129_narihira




 角の町家のレンタルスペースでは、シャネルが若い女性を大勢集めていました。


161129_noren




 夕方の京都駅前では、好評の水芸と京都タワーのシルエットと電飾が一緒に見られました。


161129_mizugei




 私が見つけた、人を掻き分けずに新幹線に行ける通路は、今日もゆったりと行けました。その通路から、JRの改札口と電飾のバス停付近を撮ってみました。


161129_ekibill




161129_kaisatsu




 今日、スバコで買ったお弁当は非常にヘルシーなものでした。
 こうした京都ならではのお弁当は、改札を入る前に買うといいのです。


161129_vegetable




 毎回、このスバコで買うお弁当が、上京の折の楽しみです。
posted by genjiito at 23:57| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2016年10月04日

京洛逍遥(423)京都府立盲学校で木刻文字の調査

 京都府立盲学校の入り口には、「日本最初盲唖院」と刻まれた石碑と古河先生の胸像が建っています。


161004_furukawa




 学校の中にある資料室は、盲史研究の宝庫です。
 その貴重な品々の保存と管理、そして研究をなさっている岸博実先生の説明を伺いながら、楽しく有意義な調査をすることができました。

 岸先生とお話をしていると、次から次へと疑問が生まれます。その理由と解決策を考えている内に、自分の中に新たな課題がどんどんふくらむのです。整理しきなれない程の課題を抱えて、帰りの道々、先生のおっしゃったことを思い返します。すると、消えては生まれ、生まれた疑問が課題と結びついたり離れたりします。頭の中は大忙しです。

 今日も、そんな楽しい時間を、先生からいただきました。
 資料の整理でお忙しい中を、時間を割いていただきました。ありがたいことです。

 今回じっくりと見せていただいたのは、仮名文字を木片に刻んだもので学習するための、触読用の教材です。私は、盲教育史はわからないことだらけなので、岸先生に対して質問攻めの状態となるなど、中身の濃い時間を共有させていただきました。

 この日のテーマは、木刻凸字が作られた明治という時代と、その凸字の実態の解明です。それを、岸先生にストレートにぶつけることとなりました。
 いつも慎重にことばを選びながら、わかりやすく話してくださいます。わからないことは、そのままわからない、とおっしゃいます。それだけに、わかることとわからないことの間が見えてくると、その先が課題として投げかけられます。
 禅問答のようなやりとりもありました。それが、次のステップへのヒントとなります。

 以下、私が抱いた疑問と課題を整理しておきます。

 今回拝見した木刻凸字の平仮名群は、明治12年に京都盲唖院が発注したものでした。
 いろいろに分類されて、紙に包まれた状態で出てきました。この夏に整理されたものです。
 先生が探し出して見せてくださった明治12年の記録文書綴りの中に、「盲人教授用品」という項目があり、そこには「指頭触感木刻」という文字が記されていました。

 明治13年の『著書草稿 盲唖院』には、「盲生」という節に「捫字感覚」という項目があり、詳細な説明もありました。
 また別の綴りの「京都府盲唖院(学業)器械一覧表」の中に、「凸字木刻」と「七十二例法木刻」という文字が、「器械名」の段にありました。これらは、明治11年から14年までは所有され使用されていたことがわかります。

 さらに、「蝋盤」も文字を学ぶ時に使用されたことがわかります。これについては、機会をあらためて考えます。

 現在、『変体仮名触読字典』の編集を進めています。
 現在試作してもらっている最新版の版下を、木刻凸字の5cm タイプと比較してみしょう。


161005_totsuji1




 立体コピー版と較べてみても、文字の大きさも、浮き上がり具合も、明治12年の木製と遜色のないものになっていると思います。

 また、持参した立体文字も並べてみました。


161005_totsuji2




 下段の文字は、紙製で筆順がわかるようになっているものです。

 いろいろと試行錯誤をする中で、明治初期の平仮名に関する触読用の教材を実際に拝見し、また新たな閃きと課題解決のための手掛かりをいただきました。

 現代の視覚障害者が平仮名を触読によって自由に読み、そしてさらには書けるような学習システムを構築したいと考えています。

 前が見えない道を、手探り状態で進んでいるところです。
 さまざまな立場の方からの、この取り組みへのご教示をいただけると幸いです。

 明日から関西には、台風18号の影響が出るようです。
 交通網が混乱しない内にと、急いで新幹線で上京することにしました。
 自転車で京都府立盲学校へ行ったので、帰りには賀茂川を少しサイクリングしました。
 北大路橋の下で休む鴨や鷺は、いつものように少し暑い秋を楽しんでいます。


161005_sagi




 その4時間後。
 夜の東京は、京都よりも涼しい風を感じました。
 宿舎の前の清澄通りから月島方面のマンション群を望みました。


161005_kiyosumi




 この左側の豊洲の市場一帯は、これからさらに揉め事が報じられることでしょう。
 東西の違いを、こうして肌身に感じる日々の中にいます。
posted by genjiito at 23:57| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2016年09月23日

京洛逍遥(422)京の居酒屋のお弁当

 慌ただしく上京です。
 京都で人気の居酒屋「まんざら亭」(烏丸佛光寺製)のおばんざいを盛った「京華弁当」を、新幹線の中でいただきました。


160923_obanzai




 見た目は地味です。しかし、さっぱりとした、上品な味付けのおばんざいを満喫できました。

 若い方なら、あまりにも華やぎに欠けるので、蓋を開けたとたんに、がっかりかもしれません。
 季節感もいまいちです。しかし、一口入れると納得です。

 出汁の利いた、いい味がでています。
 ご飯に散らした白いちりめんじゃこが、しっかりと自己主張しています。
 淡白な出汁巻き、酢味噌をまとった麩、香り立つ肉じゃがが楽しめました。

 贅沢な家庭料理が、東海道を移動するだけの何げない一時を、豊かにしてくれました。
posted by genjiito at 22:12| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2016年08月16日

京洛逍遥(420)大雨洪水警報の中での送り火 -2016-

 昨年の大文字は、ちょうど雨が止んだ8時からの点灯でした。

「京洛逍遥(373)雨間に6万人が見上げた大文字 -2015-」(2015年08月16日)

 一昨年は大雨の中での送り火でした。

「京洛逍遥(335)大雨の後の如意ヶ岳を焦がす大文字」(2014年08月16日)

 今年は、京都市周辺に大雨洪水警報から出る中、午後8時点火の30分前に突然窓を叩く大粒の雨が襲来しました。
 昨日の夕刻にも大雨が降り、すぐに上がったことから、8時前には止むだろうと思って近くの出雲路橋に出かけることにしました。
 しかし、橋に行くまで一向に止む気配がないどころか、ますます酷い豪雨となってきました。骨折で不自由になっている足を運ぶ足元は、大水が道路を川のように流れて行きます。
 近所の方も、五山の送り火に出かけようとする人はほとんどいらっしゃいません。
 途中で数人の方に出会っただけです。

 痛めた足には、ギプスの上からビニール袋で防水をしています。しかし、あまりの水嵩のためにしだいに染み込んで来ます。河原も、泥水となっています。

 午後8時になっても、如意ヶ岳に火の手は上がりません。


160816_daimonji




 出雲路橋では大勢の方が傘をさして、如意ヶ岳の大文字点火を待っておられます。
 雨足はもうあたりを水浸しにし、見物人もしだいに減っていきます。


160816_bridge




 20分ほど待って、帰ろうとした時でした。
 出雲路橋の上から上流の北大路橋を望むと、上賀茂のあたりに「船形」が見えました。昨年も、このあたりから見た船形です。


160816_fune




 昨年は、ここから北東方向に、松ヶ崎の「妙」と「法」も見えました。
 しかし、今年はまったく見えません。点火できなかったのでしょうか。

 帰ろうとしていた時に、突然太いマイクが突き出され、「NHKの者ですが……」とインタビューの女性の顔が透明のビニール傘越しに現われました。横には、ビニールで覆ったビデオカメラが私に向けられようとしています。
 すぐに手を左右に振って、結構ですと言ってそそくさと立ち去りました。
 カメラが構える右側の袖は、もう雨でずぶ濡れです。びしょびしょに濡らしたギプスを映されたのでは、それこそ堪りません。

 船形一つだけでも見られたので、ご先祖様も無事にお帰りになったことにして家に入りました。するとすぐに娘から電話があり、テレビでは京都五山のすべてに点火したと言っている、とのことです。

 それなら如意ヶ岳の大文字は、今からなら北大路橋へ行けばまだ残り火が見られるかもしれないと期待して、すぐに傘をさして出かけました。

 北大路橋に着いても、如意ヶ岳に火は見えません。
 西詰めの広場で、お二人の年配の夫婦の方に出会いました。
 どちらからともなく、テレビで点火したとのことなので大急ぎで出直してきたことを話しながら、いつもはあのあたりに出るのにと言葉を交わしました。
 そのお二人も、この近くの方のようです。

 交通規制と警備を終えようとなさっている警察官の方に聞くと、先ほど如意ヶ岳も遅れて点火したようだが、すぐに消えてしまったようです、とのことでした。

 ということで、今年は一番の見ものの如意ヶ岳の大文字は見られませんでした。
 しかし、船形が見えたので、これで今年も無事に後半を過ごせることでしょう。

 浴衣姿の観光客の方が多かったように思います。
 これに懲りずに、また来年もお越しください、と声をかけたくなりました。

 さあ、今年の後半戦がスタートします。
 これまでと変わらず、常に前を向いて、さまざまなことにチャレンジしたいと思います。
posted by genjiito at 23:57| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2016年08月12日

京洛逍遥(419)河原を飛ぶ鳥たちとインドのカンナダ語のこと

 早朝の散歩では、涼風の心地よさに身を任せるトンボと鷺を見かけました。
 昨日の活動編とでも言うべき瞬間を、写真として切り取りました。


160812_tombo1




160812_tombo2




160812_sagi1




160812_sagi2




 鴨は相変わらず、のんびりと朝食のようです。


160812_kamo




 午後から、京都大学の人文科学研究所研究員としてインドから来日中のRさんに、インドの情報をいろいろと伺いました。
 京町家で会ったので、いい雰囲気の中で自由に意見交換ができました。

 初めてお目にかかった方なのに、よく喋りました。特に、インドで使われているカンナダ語については、まったく知らなかった言語なので新たな発見がたくさんありました。

 日本の古典文学を通して、日本とインドとの交流はまだまだ拡がりそうです。それも若い方々とは、積極的に研究集会などで情報交換をしていく必要があることを、あらためて痛感しました。

 今日も、日本とインドはお互いが文化的に近いものを持っているので、対話と交流を継続すれば、その中から次世代の研究者が育ってくるはずであることを、しっかりと確認できました。若者たちに期待するだけではなくて、育っていくのを支援することも大事です。とにかく、直接相手の顔を見ながら語り合う、ということが学術交流の最初の一歩だといえるでしょう。

 その意味からも、今秋11月にニューデリーで開催する「第8回 インド国際日本文学研究集会」は、さまざまな役割を担った国際集会として位置づけることになりそうです。
posted by genjiito at 22:24| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2016年08月11日

京洛逍遥(418)賀茂川で見かけたトンボと鷺と鴨たち

 賀茂川でトンボを見かけました。
 ネットで画像検索をすると、ハグロトンボと一致します。
 長いお腹が、緑色に光っているのが特徴のようです。
 昆虫嫌いの私なので、よくわからないながらも掲載しておきます。


160811_tonbo




 日中は35度を超える京都も、夕方の賀茂川を渡る川風は穏やかです。
 さらりとした風を、好きな向きに気ままに受けて寛ぐ鷺たちがいます。


160811_sagi2wa




 餌を見つけて巧みに捕る鷺もいました。


160811_esa




 毛繕い中の二羽の鴨が、浅瀬でのんびりしています。


160811_kamo2wa




 お盆を迎える中で、秋の気配が感じられる賀茂川散策となりました。
posted by genjiito at 21:27| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2016年07月13日

京洛逍遥(417)丸太町橋の「鴨川ギャラリー・時代祭」と鷺の連写

 一昨日の「京洛逍遥(414)6番目となる「鴨川ギャラリー・鞍馬口」」(2016年7月10日)で取り上げた「鴨川ギャラリー」に関する続きです。

 祇園祭の帰り道で、「鴨川ギャラリー」の2つ目に出会えました。しかも2枚も。
 京大病院から賀茂川縁に出て少し下ったところに、丸太町橋があります。この橋の下に、「丸太町橋左岸(時代祭)」とされる説明版が建っていました。

 右側が「丸太町橋の歴史」、左側が「時代祭」です。


160711_jidaimatsuri1




160711_jidaimatsuri2




160711_jidaimatsuri3




 丸太町橋の北には、荒神橋が架かっています。荒神橋については、次の記事をご笑覧ください。

「京洛逍遥(410)京大病院で運動不足を指摘される」(2016年05月30日)

 この荒神橋の京大病院よりの岸に、こんなプレートが設置されていました。
 これは、今後何かにつながっていく説明版なのでしょうか。


160711_koujin_panel




 いろいろと賀茂川に架かる橋の名前が出てきているので、荒神橋の下に掲示されている石碑の写真をあげます。


160711_kawanonamae




 賀茂大橋の北側に、亀の飛び石があります。これは、上の「京洛逍遥(410)京大病院で運動不足を指摘される」で紹介しました。
 さらに川を上ると、出町のデルタ地帯にも亀の飛び石があります。


160711_tobiishi




 上の写真の左側が賀茂大橋、右側が出町橋です。

 次の写真は、出町から北山を望んだものです。
 正面に出町橋、右端に河合橋が架かっています。
 正面の川が賀茂川、右から入ってくるのが高野川です。
 出町で、この2つの川が出会うのです。


160711_dematidelta




 このあたりで、鷺が舞い降りて来て仲間と親交を深めた後、きれいに飛び立つ姿を連写することができました。
 2羽がどういう関係なのか、鳥の生態に詳しくないのでわかりません。
 なかなかこんなにうまく撮れないので、記念に掲載しておきます。


160711_sagi1




160711_sagi2




160711_sagi3




160711_sagi4




 高野川を遡って帰る途中で、来月お盆の送り火で賑わう、松ヶ崎の「妙」と「法」の内の「法」が見えてきました。


160711_hou




 「妙」は民家の中にあるので、通りがかりにしか見られません。

「京洛逍遥(99)大文字の送り火2009」(2009/8/17)

「京洛逍遥(196)京都五山の送り火を考える-2011」(2011/8/16)

 さて、今年はどこでどのようにして見るのか、今から楽しみです。
posted by genjiito at 23:55| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2016年07月12日

京洛逍遥(416)祇園祭の山鉾建てを見る

 7月10日から祇園祭の山鉾を組み立てる「山鉾建て」が始まるということなので、上京前に四条通りから新町・室町通りをのぞいてみました。

 祇園祭は、平安時代初期(869年)に始まります。神泉苑に、当時の国の数である66本の鉾を建て、八坂神社から神輿を引き出して怨霊退散を祈願したことに始まると言われています。応仁の乱の頃には、58基の山鉾が記されています。現在は、33基の山鉾が出ます。現在の鉾が文献上で確認できるのは、南北朝時代(14世紀後半)だそうです。

 2014年から、17日の前祭(神幸祭)と24日の後祭(還幸祭)の2つとなって定着しました。まずは、今年も前祭の準備が始まったのです。

 今年もお祭りを盛り上げようと、みなさん鉾の建ち上げに汗を流しておられました。長年の蓄積があるだけに、手際よく分業で作業は進んでいきます。これには釘を一切使わず、「縄がらみ」と言って縄だけで木材を固定する伝統技法で組み上げられます。3日かけて完成するものもあるそうです。

 まず、新町通り南端の「放下鉾」から。
 図面を見ながら確認をしておられました。千年以上の歴史があるお祭りとはいえ、現場は手違いや事故のないように真剣です。


160711_houka1




160711_houka2




 次は、四条通りの南北に面して建つ「月鉾」と「函谷鉾」です。

 南側の「月鉾」は、重量と高さが共に山鉾の中では一番です。
 ちょうど世話役さんが鉾の確認と祭の無事を願っておられるところでした。


160711_tsukihoko1




160711_tsukihoko2




 「函谷鉾」は、函谷関の故事で有名です。


160711_kankokuboko




 新町通りの一本東側、室町通りに建つ菊慈童の故事で有名な「菊水鉾」は、力仕事が進んでいました。


160711_kikusuiboko1




160711_kikusuiboko2




 炎天下、35度を越したということだったので、早々に引き上げました。

 上京するとびっしりと予定が詰まっているので、月末までは帰ってこられません。今年の祇園祭は、この「山鉾建て」を見て終わりとなりそうです。

 一昨年に150年ぶりに復興した「大船鉾」に次いで、「鷹山」が200年ぶりの復興を目指して2012年に活動を始めたそうです。2026年の復興を目指しています。
 そもそもが、66もの山鉾が建っていたということなので、今の33基をさらに増やし、かっての賑わいを取り戻すべくさらに盛り上げてほしいものです。

 復興予算や維持費の問題は、若者たちが英知を振り絞って妙案を捻り出すことでしょう。今の若者たちは信頼できるし、頼りがいがあるということを、いろいろな活動を通して最近とみに実感するようになりました。
 伝統や文化を声高に叫ばなくても、一緒に先人の思いを守り伝える気持ちで取り組めば、思いは叶うはずです。大船鉾の時の話を思い出しました。みんなで願えば、必ず叶うことを信じたいと思います。
posted by genjiito at 21:55| Comment(0) | ◆京洛逍遥

2016年07月11日

京洛逍遥(415)新装なった京大病院の南病棟

 京大病院で、今日もひたすら待つという修行をしてきました。
 受付時間の10分前に行っても、150人以上の方が待っておられます。
 やっと、受付をしても、採血室でまた順番を待ちます。
 多くの方が待たされているので、自分の都合ばかりは言えません。

 まさに、置き場のない気持ちを持て余しながら、最先端の検査や診察が受けられることを幸運と思うことにして待っていました。

 病院では待つのも診察の一部だと思っています。それでも、さすがに一カ所で20分以上もじっとしていると、気持ちはソワソワしてきます。そして、また次の場所で待ちます。苦痛ではないものの、気分のいいものではありません。

 これから先も元気に生き続けるために、じっと耐えることと、待ち時間に頭の中を空っぽにすることを自分に言い聞かせながら、イスに腰掛けて本を読んでいました。
 パソコンと iPhone さえあると、仕事も読書も自在にこなせるので、没頭するだけのまとまった時間をこれ幸いと有効活用しています。

 血糖値は高目安定です。今月末と来月末に、大きな検査を受けます。夏は身体の総点検をする季節となっています。

 病院の西にあるガン病棟である積貞棟の南側に、新しく同じ高さで南病棟が完成しています。


160711_kyoudai1




 この南病棟の西側に、iPS細胞でノーベル賞を受賞なさった山中伸弥先生の研究室があります。この一帯では、最先端医療の活気が感じられます。

 積貞棟ができた夏に、私は胃ガンの手術でこの棟に入院しました。
 その南側の駐車場だった所が、こんな姿に変わったのです。
 次の写真の東側(右端)には、山の中腹に如意ヶ岳の大文字がかすかに見えます。


160711_kyoudaibyouin2





 帰りは、病院がある聖護院のすぐ近く、荒神橋にある京都法務局に立ち寄り、いくつかの申請書類を提出してきました。これも、手続きが完了するまで、何度も忍耐強く通っている所です。
 今日は一応、受理はしてもらえました。しかし、また呼び出しがあり、修正を強いられることでしょう。ここでも、待たされています。それでも、一歩ずつ手続きは進んでいます。

 この荒神橋の下でみつけた案内板のことは、後日祇園祭のことを書いた後に記します。

 上京前に、祇園祭の山鉾建ての様子ものぞいてきました。
 写真が多いので、このことは明日にします。
posted by genjiito at 23:17| Comment(0) | ◆京洛逍遥