2020年10月22日

お菓子の『百人一首』で遊ぶ孫たち

 3歳と1歳の孫に、七五三のお祝いとして小倉山荘のお菓子「カルタ百人一首」を渡しました。

201022_HP.jpg

https://www.ogurasansou.co.jp/shop/shop/c/c1030/
 このお菓子は、私が海外で授業などをする時の、とっておきの小道具にしているものです。

「中国の恵州学院で百人一首の話をする」(2019年12月23日)

 早速、孫たちはお菓子の包み紙に描かれた男と女の絵を見ながら、彼女たちなりに遊び始めたようです。

201022_100nin.jpg

「◉◉ちゃんの好きな[きりぎりす]がない〜」と言って騒いでいるかと思うと、お姫さまを集めて遊んでいたりするそうです。横向きのお姫さまは嫌いで、正面を向いたお姫さまがいいのだとか。
 これで、しばらくは和歌に親しんでもらいましょう。
 そして、やがて念願の、変体仮名の出番となります。
 これからの成長が大いに楽しみです。
 
 
 
posted by genjiito at 23:55| Comment(0) | ■古典文学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。