2020年09月12日

西国三十三所(2020-6)/善峯寺(20番)

 阪急東向日駅前は、歴史の上に日常生活のためのお店が折り重なって立ち並ぶ、懐かしさと気持ちのいい環境にあります。

200912_saigoku.jpg

200912_sekityuu.jpg

 その駅前から1時間に1本のバスで、善峯寺に向かいます。今日の最終バスは15時42分なので、散策はそこそこに先を急ぎました。
 1車線の狭い道をエッサエッサ。曲がりくねった道を、左右に筍で有名な竹林を見ながら登って約30分。小塩山の麓の山里の中にある寺域に入りました。

200912_bus.jpg

 バスを降りてから、急な山道を歩いて登ります。

200912_iriguti.jpg

200912_miti.jpg

200912_sanmon.jpg

200912_hondo.jpg

 これまで5回の巡拝の内、4巡目までは車で回りました。車を使わない生活にした前回から、公共交通機関を使っています。駐車場は本堂の真下にあるので、この急な参拝道は2回目です。日頃の運動不足を実感し、息が切れます。
 本堂と境内は、静かな中で安らぎを感じます。
 納経所では、持参のお軸に朱印を記していただきました。

200912_syuin1.jpg

200912_syuin2.jpg

 境内を散策しました。

200912_kawara.jpg

200912_byou.jpg

 境内には、秋明菊が咲き誇っています。

200912_syuumeigiku.jpg

 京都市街が遥か眼下に見渡せます。京都タワー、比叡山、そして我が家のあたりまで見える、絶景の西山です。

200912_sigai.jpg

 今回の6巡目は、妻と2人で自分たちだけの巡礼です。去年の7月7日からスタートしました。「西国三十三所(1)/6巡目は洛中の革堂(19番)から」(2019年07月07日)
 この善峰寺が6ヶ寺目。これまでで一番遅いペースです。いつか満願を迎えるのだからと、のんびりと巡っています。

200912_saigoku33.jpg

 せっかく大原野まで来ているので、在原業平の墓がある十輪寺(業平寺)へも、と気持ちは動きます。しかし、立ち寄るだけの余裕がなく、残念ながら素通りとなりました。
 
 
 
posted by genjiito at 20:12| Comment(0) | ・ブラリと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。