2020年09月11日

伊藤科研_第14回研究会の報告

 伊藤科研の第14回「海外における平安文学」研究会は、先週4日に無事に終わりました。
 その報告を、科研のホームページである[海外平安文学情報](https://genjiito.org/report/第14回研究会報告/)に掲載しています。形式としては、議事録というスタイルをとっています。記録者は、本科研の技術補佐員として情報の整理に当たっている吉村仁志君にお願いしたものです。

200911_kaken1.jpg

 ホームページを確認できない方々のために、その内容を以下にも引用します。ただし、当日発表者から提示された資料等は、ホームページにそのすべてを転載していますので、詳細はそちらに譲ります。

 今回も、多くの方々のお世話になりました。
 特に、共催者であるフィットレル・アーロン先生には、ネット中継やオンライン討議のイロハから教えていただきました。ありがとうございました。

 本科研は、来年3月で終了します。
 現在、これまでの調査研究を通して得られた成果の整理に、スタッフ一同が着手しています。平安文学に関する翻訳本に関連する情報や資料をお持ちの方からの研究協力に加えて、ホームページで公開している情報に関する補足や補訂についてのご教示をいただけると幸いです。


■日時:2020年9月4日(金)13:00〜15:00
■場所:Zoomによるオンライン開催
■プログラム
・13:00~13:10 挨拶(伊藤鉄也)
・13:10~13:40 研究発表「『百人一首』のハンガリー語訳注作成とハンガリーかるた会の草創について」(フィットレル・アーロン/カーロイ・オルショヤ)
・13:40~13:50 質疑応答
・13:50~14:10 研究報告「翻訳機を使った翻訳についての調査報告」(吉見さえ)
・14:10~14:20 質疑応答
・14:20~14:40 研究報告「伊藤科研所蔵書籍の分類とデータベース化」(吉村仁志)
・14:40~14:50 質疑応答
・14:50~15:00 挨拶(フィットレル・アーロン)

--------------------------------------

■議事録

・研究発表「『百人一首』のハンガリー語訳注作成とハンガリーかるた会の草創について」(フィットレル・アーロン/カーロイ・オルショヤ)
 発表資料:(発表資料・令和2年9月4日)「『百人一首』のハンガリー語訳注作成について」(フィットレル・アーロン)
      (発表資料・令和2年9月4日)「ハンガリーのかるた会と『百人一首』の初期の翻訳」(カーロイ・オルショヤ)
まずカーロイ氏からハンガリーのかるた会やかるた普及活動の紹介と『百人一首』の歌のハンガリー語訳史についての発表があった。かるたに関する活動については写真が多く、当時の様子がよくわかる内容であった。また『百人一首』のハンガリー語訳は現状ほとんどが重訳または現代語訳からの翻訳であり、日本の研究成果を踏まえた全訳は作成されていないということが報告された。次にフィットレル氏から2021年5月頃刊行予定の『百人一首』のハンガリー語訳注の作成についての発表があった。訳注の題名、想定する読者層、構成と内容、参照した主な注釈書や研究書、訳注作成手順について言及された。内容については百首の歌毎に原文、読み(ローマ字)、翻訳、語注、歌に関連する詳しい情報がある他、和歌史や成立に関する解説や年中行事や家系図などの付録が掲載されるとのことであった。また翻訳にあたっては表現の統一や区別に注意する必要があるということにも言及された。表現の統一の例として参議篁(11)と法性寺入道前関白太政大臣(76)の二首を挙げ、「わたのはら」と「こぎいで」の部分の表現を統一していることが説明された。

--------------------------------------

・研究報告「翻訳機を使った翻訳についての調査報告」(吉見さえ)
 発表資料:(発表資料・令和2年9月4日)「翻訳機を使った翻訳についての調査報告」(吉見さえ)
三つの翻訳機を用いて『源氏物語』「須磨」巻ロシア語訳の日本語への訳し戻しを行なった結果とそれぞれの特徴についての報告であった。固有名詞の訳の一定性や語順、和歌の形式、正確さなどについて言及された。最後に、代名詞の把握や原文における価値観や文化など文脈に即した翻訳、文章の自然さという観点ではまだまだ課題が多いものの、その原文の意味を語義的に理解したければ翻訳機は一定の役割を果たすだろうという考察が述べられた。報告後、機械翻訳はデータが多い言語の方が精度は高く、ロシア語やスラブ系言語にあまり関心が向いていないのが現状であること、データの量の問題から文学の翻訳の精度向上はまだまだ先になるであろうことが野本氏によって言及された。その後、土田氏から現段階では日本文学がどのように翻訳されているかを理解するというよりはどの部分の翻訳なのか見当をつけるために役立つのではないかと言及があった。またカーロイ氏からアプリケーション等で機械翻訳を利用可能かという質問があり、「KAZUNA E Talk 5」のみアプリケーションの配信が確認されていることが吉見氏から報告された。

--------------------------------------

・研究報告「伊藤科研所蔵書籍の分類とデータベース化」(吉村仁志)
 発表資料:(発表資料・令和2年9月4日)「伊藤科研所蔵書籍の分類とデータベース化」(吉村仁志)
本科研所蔵の翻訳関連書籍の管理についての報告であった。「言語.作品.分類.初版刊行年_刊行年.翻訳者記号.個別番号(_巻番号)」からなる書籍毎に一意の記号を作成した。言語や作品の情報を含むことで配架場所等の確認も容易に確認できるようになっている。その他、冊数や所蔵場所等の情報も加えたデータベースをExcelで管理しており、検索、ソート、フィルタリングが容易にできるようになっている。報告後、本科研所蔵書籍は来年度大阪観光大学に移管すること、データや研究成果はNPO法人源氏物語電子資料館によって引き継いでいくこと、翻訳本を広く活用しようと考えていること、新型コロナウイルスの影響で新しい本の入手が現在困難であること、より多くの本を入手するために人的ネットワークが重要であること、翻訳本を一箇所に集める意義があるということなどが伊藤氏や大山俊哉氏から報告された。

 
 
 
posted by genjiito at 21:13| Comment(0) | ■科研研究
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。