2020年08月02日

日曜日を休業日にした近所のお店のこと

 近所のスーパーマーケットが、今月から、実際には今日から、毎週日曜日をお休みにされました。年中無休なので重宝していました。今日も、つい買い物に行こうとして、おっとっと、となったのです。習慣とは怖いものです。
 このお店は住宅地の真ん中にあり、かつては地域の公設市場だったそうです。行くと、いつもお客さんがおられるので、客足が遠のいたのではなくて、新型コロナウイルスなどのことに関連する働き方改革の一環なのでしょうか。わからないことは、これ以上想像することは控えます。
 5分ほど歩くと、別のスーパーマーケットがあるので、特に困ることはありません。しかし、長年の慣れとは恐ろしいもので、こんなちょっとしたことに不便さを感じるのですから、わがまま勝手なことで恐縮します。
 今年に入ってから、新型コロナウイルス絡みで、日常生活でさまざまな異変に気付かされることが増えました。不便さを感じることが多いので、それだけ便利な社会に身を置いていたことを、あらためて感謝と共に実感しています。
 今、感染被害は第2波だということで問題になっています。いずれにしても、これからはさらなる身辺の変化に包囲されそうです。高齢者だからということを隠れ蓑にせず、新しい社会に適応できるように日々を楽しく送りたいと思っています。
 
 
 
posted by genjiito at 20:37| Comment(0) | ・ブラリと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。