2020年06月16日

久しぶりの箕面キャンパス

 好天の一日、久しぶりに箕面キャンパスに出勤です。
 通勤時間帯は混んでいるので、少し時間を遅らせました。すると、ガラガラです。

 研究員のみなさんがしっかりと科研を支えてくださっているので、私は自宅からのテレワークでの参加でここまできました。ありがたいことです。
 やはり、直接顔を合わせないとできないことが多いものです。テレワークとかリモートワークが話題になっています。しかし、それは私の仕事では、指示や質問レベルとデータのやりとりが限界です。根幹部分は、やはり直接顔を合わせて意見交換や話し合わないと、意思の疎通に問題を来します。目を見て、何がポイントで何が付帯的なことなのかを確認し、お互いの考えを交わさないと、無駄の多いプロジェクトになります。科研の場合は成果が問われるので、こうした確認のプロセスは非常に重要です。

 テレワークやリモートワークでもできることと、それでは不可能なことを仕分けることが、効率的に仕事をこなす近道だと思うようになりました。

 今後の科研の運用の見通しをホワイトボードに記された項目を見ながら意見交換をしたり、実際に具体的な課題を取り上げてスケジュールの確認をしました。
 新型コロナウイルスにより学内の研究室が使えなかったことや、私が突然の手術で何かと運用が停滞しかかっていたことなども、研究協力者のみなさんの理解と協力で、とにかくことなきを得ていることが、今日は確認できました。重ね重ね、ありがたいことだと思います。

 今日は、溜まっていた書類の処理が捗りました。書類の処理程度なら自宅でできるとはいえ、やはり現場に来て見渡すと、細かなチェックができます。仕事が見えるという点では、在宅ではなくて職場は必要だと思うようになりました。
 仕事のやり方に関して、気付くことの多い有意義な1日でした。
 
 
 
posted by genjiito at 20:36| Comment(0) | ■科研研究
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。