2020年05月12日

京洛逍遥(624)久しぶりに研究室へ行った帰りの河原町

 箕面キャンパスにある大学の研究室に行きました。1ヶ月半ぶりの遠出です。
 道中の2時間は、いつもよりも緊張しました。しかし、人が少なかったので一安心。
 往きの市バスは、平日の朝8時前後ということもあり、半分以上の席は埋まっている状況でした。かつてのように、立っている人はいません。阪急電車は、3分の1以下の乗客です。通勤の方がほとんどのようです。大学行きのバスは、私を含めて3人。授業がないので、こんなものでしょう。
 研究室は、3月下旬のままで迎えてくれました。会社や学校で、休業や留守を狙った盗難があると聴いていました。しかし何の変化もなく、安心しました。
 新年度はメンバーの増員もあるので、机などの配置替えをしました。無事に来月から研究室が使えるようになれば、8名が90平米の部屋で科研研究の業務に就くことになります。この空間であれば、3密はクリアできます。今の在宅勤務が一日も早く終わり、みんなが寄り集まって、これはどうしようか、どこかにこんなものはないだろうか等々、ああでもない、こうでもないと、情報交換をしながら、手探りながらも手応えのある仕事をしたいものです。
 帰りは、帰宅の人混みをさけるために、いつもより少し早めに研究室を出ました。といっても、2時間に1本のバスに乗るので、少し早めといっても選択肢は一つ前の便しかありません。
 帰りは、来る時よりもさらに人が少なかったので、人混みを心配することはありませんでした。
 河原町のバス停では、カメラを左右に振っても、視界に入る人はまばらです。

200512_busstop1.jpg

200512_busstop2.jpg

 周辺のお店はほとんどがお休みなので、ブラブラすることもなく、すぐに来たバスに乗って帰りました。味気ない道中となった、久しぶりの遠出です。気を緩めると感染が拡がるので、これくらいを維持しつづけることが肝要のように思われます。第2波、第3波が話題になっている中であっても、とにかくこの第1波をやり過ごすことに専念したいものです。
 
 
 
posted by genjiito at 20:32| Comment(0) | ◎京洛逍遥
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。