2020年05月06日

孫たちのお茶会

 昨日のこどもの日には、3歳と1歳の孫たちはお茶を点てて楽しんだようです。
 一人前に野点をした、ということになります。
 お茶菓子は「こいのぼり」でしょうか。

200506_kabuto.jpg

200506_tea.jpg

 これまでに、我が家で開いた孫たちとのお茶会は、季節ごとにありました。
 今は、なかなかそんな悠長なことをしていられる状況ではありません。

「孫娘2人を相手にお茶の特訓」(2019年11月20日)

「孫のお点前でお茶をいただく」(2019年07月03日)

「孫娘が点てたお茶をいただく」(2019年03月24日)

 さて、私は2月以来、新型コロナウイルスのおかげで、お稽古に奈良まで出かけるわけにもいかず、お点前の作法をすっかり忘れてしまいそうです。
 外出自粛で遠出を避けて4ヶ月が経ち、いつしか炉から風炉に変わりました。
 何度か、自宅で練習をと思いながら、一度だけ座卓の上で点てただけです。
 和菓子屋さんは近くに何軒もあるので、数回いただいて来て「それでは」と思ったところまでで、実際にはきちんとお稽古にはなっていません。
 糖尿病患者なのに、お茶菓子だけは季節のものをいろいろといただいています。
 そろそろ本気で取り掛からないと、きれいさっぱり忘れてしまいそうです。
 誰かお客人を呼べたら、もっと真面目に取り組むのですが……
 このご時世、来ていただくわけにもいかないので、夏向けの道具を出すことからその気になるしかありません。
 
 
 
posted by genjiito at 19:48| Comment(0) | *美味礼賛
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。