2020年05月05日

京洛逍遥(621)いつもと違う洛北と菖蒲の湯

 今日も、河原でお弁当をいただきました。
 出雲路橋を渡って右岸を下り、毎年お盆に京都五山の大文字の送り火を見る場所に腰を落ち着けました。ちょうど木陰でもあり、心地よい風を満喫しながらのお食事です。目の前には、風を受けて雄大に泳ぐこいのぼりが元気をくれます。

200505_koinobori.jpg

 如意ヶ岳の大文字山には、人影が認められます。一度登りたいと思いながら、いまだ果たしていません。今年の夏は、悪疫退散を願い、登頂を試みたいと思っています。

200505_daimonji.jpg

 出町柳の、賀茂川と高野川の合流地点である飛び石では、多くの親子が水遊びをしています。

200505_demati.jpg

200505_gouryuu.jpg

 帰りのバスは、誰も乗っていません。走る車が少ないせいもあり、停留所に早く着きすぎるのでノロノロ運転です。前に別系統のバスがいたこともあり、少し早足の人と同じスピードです。のんびりしたバスでした。これもいいものです。

200505_bus.jpg

 葵祭の行列で賑わう賀茂街道も、ほとんど車の姿がありません。今年の葵祭は行列がないそうなので、寂しい新緑の街道です。

200505_kamokaido.jpg

 今日5日は端午の節句です。お風呂には菖蒲を浮かべました。

200505_syoubu.jpg

 無病息災を祈り、新型コロナウイルスの収束を願うのみです。
 
 
 
posted by genjiito at 20:37| Comment(0) | ◎京洛逍遥
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。