2020年04月11日

京洛逍遥(612)半木の道の桜は8分咲き -2020-

※本ブログの写真はクリックすると精彩な画像となります。

恒例となっていた「鴨川茶店」が、今年の開催は中止となりました。

200411_tyamise.jpg

 去年は、ちょうど今ごろの4月7日にありました。ブログの記事を参照願います。

「京洛逍遥(536)河川美化啓発活動「鴨川茶店」」(2019年04月07日)

 売茶翁の碑があるところに咲く桜が、半木の道の一番南に位置していて、堂々と道案内役を果たしています。

200411_sakura1.jpg

200411_sakura2.jpg

 満開までには、もう少しです。比叡山は、今日も後ろで見守ってくれています。

200411_sakura3.jpg

 植物園沿いの半木の道では、花が零れかかっています。

200411_nakaragi1.jpg

200411_nakaragi2.jpg

 鴨たちは、大はしゃぎで食べ物を探しています。

200411_kamo1.jpg

 散策路も、人と自転車で賑わってきました。

200411_sakura4.jpg

 目の前を鷺が飛んで行くので、思わずシャッターを押し続けました。

200411_sagi1.jpg

200411_sagi2.jpg

200411_sagi3.jpg

 西側の飛び石越しに半木の道を見ると、一昨年の台風で木々が折れたり倒れた様子を思い出させます。その惨状は、「京洛逍遥(513)崩れた半木の道の枝垂れ桜の棚」(2018年09月16日)で報告した通りです。
 次の写真で棚のないところは、手当てを受けている桜たちです。

200411_sakura5.jpg

 ゆったりとした川の流れは、北大路橋から出雲路橋へ、そして葵橋へと下っていきます。
 この橋から上流の半木の道が枝垂れ桜、下流がソメイヨシノにわかれています。

200411_kitaoojibasi.jpg
 
 
 
posted by genjiito at 19:25| Comment(0) | ◎京洛逍遥
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。