2020年03月04日

入院2日目、最初の手術の前に

 早朝の血糖値は「90」。良好です。
 主治医の先生や看護師さんから、本日夕方に予定されている手術の確認がありました。

 朝食は、ゆっくり、おいしくいただきました。

200304_asa.jpg

 朝食後、長崎県美術館の米田館長から、13年いた長崎を退いて千葉に帰るとの電話をいただきました。学芸員の資格取得の講座で教えていただいてから、長いもので13年以上。折々に連絡をくださいます。白内障は大したことないよ、と病気仲間でもある先生から励ましていただきました。5月の博物館会議で京都にいらっしゃるとのことです。久しぶりにお目にかかれそうです。
 米田先生とのことは、これまでにもいろいろと書きました。今思い出した記事を、2つだけ引きます。

「贈られた言葉」(2008年01月18日)

「米田先生から突然のお電話をいただいて」(2017年12月21日)

 今回の入院前から、科研費で4本購入する「Adobe Photoshop Elements & Premiere Elements 2020|学生・教職員個人版」の契約のことでバタバタしています。すでに、4人分の在職証明書と在学証明書は手元にあります。昨日も今日も、悩ましいことに振り回されています。病院内でパソコンを使ってやっていることなので、今自分がどこで何をしているのかわからなくなる瞬間があります。
 私が個人で4人分の契約はできないことが、今日になってようやくわかりました。大学生協を通してであれば、科研費による複数本の契約ができるそうです。もっと早く教えてくださいよ。
 アドビのスタッフとは、チャットでやりとりをしています。
 しかし、今日の午後に手術があるので、これ以上チャットをすることができません。これから先のことは、科研の研究員の方にバトンタッチです。私はネットをまったく信用しないので、こうしたネット越しに商品を購入したり、サポートを受けることには懐疑的です。便利だとは思うものの、非人間的なコミュニケーションは極力排除しています。それだけ、手間がかかります。しかし、それでいいと思っています。サッとうまくいく時もあるのですから、その時はラッキーだと思っています。
 今回のアドビは、すでに30年前からトラブルで数え切れないほどの連絡を取ってきました。いい製品を提供する会社なのに、営業が極端に酷すぎます。30年経った今も、会社のユーザーとの窓口の体質は変わっていないのです。気長に構えることにします。いい商品なので、使い続けますが。

 昼食は、冷たい「なます」が気に入りました。この病院の食事は、なかなかいいと思います。これまで、消化器系の入院が続いていたので、その心配のない今回は余計においしく思います。

200304_ohiru.jpg

 そろそろ、午後の手術の準備が始まります。終わってから、また続きを書くことにします。
 
 
 
posted by genjiito at 13:35| Comment(0) | *健康雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。