2020年02月10日

展覧会や展示会で正直に連絡先を書いたがための後悔

 興味のある展覧会や展示会があると行きます。そして、私に関する所属などの情報を書かないと入場できなかったり、今後の関連情報がほしい場合には、素直に連絡先などを書いて来ました。これが、今に尾を引く大失態だったのです。

 例えば、昨日こんな案内メールが来ました。

【 招待券申込 受付中 】日本最大の人工知能の専門展、AI・人工知能EXPO【春】にぜひご来場ください!

(中略)
主催:リード エグジビション ジャパン(株)
後援:(一社)人工知能学会
   (一社)日本ディープラーニング協会


 この内容に興味はあります。3年前までは、このイベントが開催される会場である「東京ビッグサイト」の近くに住んでいました。しかし、今は東京を引き払い、すぐには行けません。こうした案内がしつこく来ます。たしか、2002年に職場で大規模なデータベースを構築することになり、教育と情報に関する参考情報の収集のために参加したのが、この主催団体との関わりの最初でした。始めのうちは、登録抹消の連絡をしていました。しかし、これには巧妙な仕掛けがあります。次の文言が、案内メールの最後にあるのです。

このメールはリード エグジビション ジャパン(株)が開催する展示会情報をお届けするものです。
お手数ですが、送信先の変更、配信の停止を希望される方は以下の手続きを行ってください。

【送信先の変更】
https://regist.reedexpo.co.jp/expo/REED/?lg=jp&tp=up&ec=UPDATE
をクリックし、新しいアドレスをご連絡ください。
メールアドレス以外の情報変更もできます。

【配信停止】
https://www.ai-expo.jp/cancel_form/
をクリックし、配信停止希望のメールアドレスをご連絡ください。
今回送られた展示会に関するメールが停止されます。


 つまり、上の赤く表示した文言が曲者なのです。一回ごとに、その都度、その開催主体のものは配信停止にすることができても、それ以外の他の催しの案内は永遠に来るのです。そして、モグラ叩きが始まります。

 昨年末には、以下の配信停止を依頼するメールを送りました。しかし、すべて無視されています。

担当者 さま

「ID:・・・」の・・・です。
この手のメールがいまだに届いています。
来るたびに配信停止の手続きをしています。
しかし、その後も続いています。
私は、死ぬまで、こうしたメールを受け続けるのでしょうか。
一度行った展示会でメールアドレスを書いたのが大失態でした。
何とか来ないような手だてはないものでしょうか。
とにかく、迷惑です。


 それでなくても私は、毎日300通以上のメールの対処をしています。読むだけでも数時間かかり、返信のことを考えると、膨大な時間をこうしたメールの対応に当てざるを得ない中にいます。勢い、多くの仕事が停滞し、多くの方々に迷惑をかけています。かといって、貴重な情報提供も多いので、受信を制限するわけにはいきません。とにかく、毎日数百通のメールを数秒で読み流す日々です。勢い、取りこぼしや返信を忘れることは日常茶飯事です。

 そんな中なので、こうした私にとっては迷惑この上もないものとなったメーリングリストは、極力避けたいのです。この、停止にかける時間も馬鹿になりません。
 最近は、いろいろな契約にも、個人情報を求められるものは、契約しない、買わない、お願いしない、という態度に変えました。自分を守るためです。それでも、個人情報を提示しないとどうしようもないものがあります。
 時々、嘘の情報を書きます。メールアドレスなどがそうです。正直には書かないで、ありそうにはないと思えるものなどを書きます。もし、そのデタラメな情報が存在していたら、たまたま合致したその方には申し訳ないことです。
 コンピュータに関わって半世紀を迎えた私は、草分けと言われる化石と化した存在となっている昨今です。当時は、まさかこんな時代が来ようとは思いもしませんでした。何かと煩わしい環境に身を置いていることを、こんなダイレクトメールや連絡をもらった時に実感しています。
 
 
 
posted by genjiito at 20:02| Comment(0) | ◎情報社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。