2020年02月02日

大和平群で丸卓を使ったお茶のお稽古

 今日は、京都市長選挙の日です。朝早くに、少し南に下ったところにある地域の投票所、下鴨小学校まで歩いて行きました。ここは避難所にもなっています。しかし、実際に災害があった時に、ここまで歩いて行くよりも、京都府立大学や植物園に行くか、河原に出た方が近いのです。その時の判断によって、どちらへ行くかを考えようと思っています。

 コロナウイルスの感染者は、関西方面では奈良が最初でした。その奈良へ、お茶のお稽古に行ってきました。出がけには、感染のことで少しためらいがありました。しかし、最近は特に感染者に関するニュースは報じられていないので、いつものように出かけました。

 大和平群まで電車で2時間。特に、大和西大寺駅での乗り換えは混み合います。人混みを避けるようにしてのホームの移動です。車中で、マスクをしていない方で咳をする方が何人かいらっしゃったので、少し緊張しました。念のために、車輌を移りました。

 龍田川は、いつものように流れています。定点観測のつもりで、いつも写真に収めています。

200202_tatsuta.jpg

 今日は、丸卓を使った運びの薄茶のお稽古をしました。前回は「入れ子点前」でした。微妙な違いがよく理解できていないので、何箇所かで戸惑いました。どうも、まだその違いが身に付いていません。
 お茶室を出入りする回数はもとより、最後に水次を使うかどうかや、棗を丸卓の上に置いて帰るか持ち帰るかなどなど、書き出すといろいろと違いはあります。そうした中で、丸卓の上には棗と柄杓と茶碗が残されている、という最終形態の風景が気に入っているので、この棗を残すお点前である「入れ子点前」を、特に習得することを当面の目標にしようと思います。
 まずはこれを、そしていろいろなお点前を、というステップでお稽古を組もうと思います。相変わらずわがままな生徒です。

 帰りの電車の中でも、マスクをしていない方が咳をしておられました。身を守るために、違う車輌に移りました。周りをキョロキョロしながら、乗客の様子を見ていました。結局、竹田駅で乗り換えず、京都駅まで出て、バスで帰りました。当分の外出は、こうして状況判断をしながらとなりそうです。
 
 
 
posted by genjiito at 23:37| Comment(0) | *身辺雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。