2020年01月08日

とにかくやってみる精神で格安携帯への道を開く

 携帯電話の利用料金が安い会社に鞍替えするため、梅田まで手続きに行きました。
 直接対面で契約ができる店舗が限られているので、あらかじめ電話で受付方法を聞いておき、箕面で一仕事を終えてから、梅田のお店に足を運んだのです。
 このキャリアの会社は、梅田からすぐのビルの中にあります。しかし、最近の梅田は、次々と新しい建物が林立しています。先日も、ヨドバシカメラの北側に、大きなビルがオープンしました。
 携帯の地図アプリで道案内をしてもらっていたところ、この店が「本日休業」だと赤い文字で表示されています。

200108_kyugyo.jpg

 ホームページを見ると、今日水曜日は定休日となっています。無駄足だったことを悔い、梅田駅からあまり移動しないうちに帰ろうかと、足は京都に向かい出しました。
 しかし、今日の確認の電話では、詳しく受付方法を説明してもらえました。とにかく、今日の午後6時までに行けばいいとのことだったのてす。
 私はネットの情報を信じないので、電話で案内をしてくれた女性の言葉を信じて、予定通り行ってみることにしました。もしお休みだったら、インターホンや非常ベルでも鳴らして、警備員に訴えよう、という気持ちでお店に向かいました。
 とにかく言ってみる、やってみる、聞いてみる、の精神です。これは、インドでいろいろな生き方を教えてもらった、政治学者の中島岳志君直伝の処世術です。ちょっとやそっとのことでは引き下がらないだけの、強靭な精神の薫陶を受けています。
 お店に行き着いてみると、人気はないものの明かりが点いています。入り口にいた案内の女性から、丁寧に対応してもらえました。出直そうと一時は思ったことが杞憂に終わり、すごすごと帰らなくて良かったと一安心です。
 担当の方にスマホのホームページを見せて、これはどうして「本日休業」になっているのかを尋ねました。すると、あっけないほど何度も謝られ、今はコンピュータのシステムがダウンしていてホームページの表示がおかしいのだ、とのことです。こちらも気が抜けました。
 やはり、ネットの情報は信じないに限ります。あくまでも、参考情報が提示されているだけだ、と考えておくべきなのです。ネットの「本日休業」を信じて、あの時点で引き返していたら、また大阪まで出かけるという、無駄なことをするはめに陥るところだったのです。
 そんなこんなで、後はスムーズにことは運び、1時間半後には無事に携帯電話の新しいシムを手にすることができました。そして、毎月1万数千円の携帯代金の節約生活が実現しました。ガスと電気も、無事にまとめてこのキャリアの会社に一括移転することも、簡単にできました。
 老体となり、加齢で済ませられることの多い身になったとはいえ、強気で生きることを忘れないことの大切さを痛感しました。

■追伸■
 Oさんへ。数年前に教えてもらったキャリアの移行に、遅ればせながら今頃変えることとなりました。職場でのゴタゴタに疲れる日々の中で面倒だったので、私は格安に移行しないままだったのです。今になって、あのアドバイスが的確だったことを痛感し、あらためて感謝しています。
 
 
 
posted by genjiito at 22:11| Comment(0) | ◎情報社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。