2019年12月21日

広東外大での学術フォーラムの初日

 早朝より、学術フォーラムの会場である広東外語外貿大学へ行きました。

191221_gate.jpg

191221_entrance.jpg

191221_screen1.jpg

191221_screen2.jpg

 定刻に開幕式が始まります。
 ヘッドホーンを通して、中国語が日本語に同時通訳されていたので、内容はよくわかりました。同時通訳を担当した学生さんは、専門用語が多い内容だけに、大変だったかと思います。しかし、その通訳の効果は素晴らしいものがあります。ぜひとも今後も続けたいただきたいと思います。
 以下、プログラムを挙げながら、私に関わることに絞って書きます。

191221_program.jpg

 4番目に私が挨拶をしました。

191221_aisatu.jpg

 ポイントは、会議の手引きの表紙にある、日本側の組織の役割です。大阪大学国際教育交流センター、特定非営利活動法人〈源氏物語電子資料館〉、伊藤科研《海外平安文学情報》について、概略を手短に話しました。
 その後、休憩を挟んで、4名の基調講演です。
 午前最後の4番目に、私が「世界中で読み継がれる〈平安文学〉」の題してお話をしました。

191221_kouen.jpg

 持ち時間は30 分です。みなさん時間厳守で、順調に進んでいたので、予定した内容を組み替えながらも制限時間内に、少し余裕を持って終えました。
 ここで強調したことは、以下の点です。

・コラボレーションで取り組む。
・調査では人と会うことを大事にし、直接足を運んで面談を心がける
・翻訳本とその情報を悉皆調査する。
・詳細な翻訳史年表を常時公開する。
・36種類の言語で翻訳された翻訳分を、日本語に訳し戻しする。
・訳し戻された日本語文を比較検討する。
・日本の文化がどう変容して伝わっているかを考察する。
・若い研究者へのバトンタッチを常に意識してあたる。


 今回の成果は新年3月ころに、『海外平安文学研究ジャーナル《中国編》』という電子ジャーナルに掲載して電子版として発行します、いましばらくお待ちください。
 夕食前に、白雲区江夏村方面を散策しました。小さいながら、楽しいお店がたくさんありました。
 途中で、おかしな点字ブロックを見かけました。

191221_tenji1.jpg

 また、一人カラオケのボックスを見かけました。

191221_karaoke.jpg

 これはアイデアです。日本にすでにあるのでしょうか。

191221_taidan.jpg

 夕食後は、テーブルを囲んでのディスカッションです。
 みなさまは中国語で討議をなさるので、私には同時通訳の方を一人付けてくださいました。

191221_tuuyaku1.jpg

191221_tuuyaku2.jpg

 通訳の方は私のすぐ横で、発言者が話された内容を整理しながら、わかりやすい日本語でささやいてくださいます。こんな時には、今流行のポケット翻訳機を使うことも可能です。しかし、通訳していただいている間に生まれた疑問を、その場でいつでも通訳者に尋ねられることは、AI翻訳にはできないことです。人間だからこそできるのです。私だけのために同時通訳者が付いてくださったことにより、さまざまなことを考えるきっかけをいただきました。ご高配に感謝します。貴重な体験をすることができました。
 
 
 
posted by genjiito at 23:57| Comment(0) | ■科研研究
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。