2019年12月13日

2019年の10大出来事1〈対外的なこと〉

 2019年もこれまでに増して充実した1年となりました。
 折々に係わってくださったみなさま方には感謝をしています。
 そして何とかここまで生き延びたことを感慨深く思います。
 海外での研究活動はミャンマー・ルーマニア・中国(来週)。
 翻訳本も予想以上に多彩な本を収集することができました。
 科研のホームページも「海外平安文学情報」が再スタート。
 目が見えない方々とのコラボレーションも活発に取り組みました。
 本年特記すべきは研究基盤機関が大阪大学に移ったことです。
 さまざまなことがあったこの1年を2回に分けて列記します。

(1)ミャンマーで百人一首の講演とイベントを開催

(2)明浄社会人自主講座の全10回が無事に終了

(3)ルーマニア語訳『源氏物語』の翻訳者と面談

(4)新ホームページ[海外平安文学情報]を公開

(5)『平安文学翻訳本集成〈2018〉』を発行

(6)大阪大学国際教育交流センター招へい教授に転属

(7)愛知文教大学で翻訳本に関する出張講座を実施

(8)ウクライナ語訳『源氏物語』の翻訳者と情報交換

(9)日比谷図書文化館での源氏講座は2講座となる

(10)中国で国際シンポジウムを主催者として開催(来週予定)
 
 
 
posted by genjiito at 23:57| Comment(0) | *回想追憶
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。