2019年10月29日

季節の変わりめに体力の衰えを実感

 最近、気力は変わらないものの、体力の衰えを実感するようになりました。例えば、外出から帰ってくると、すぐに横になりたくなります。こんなことは、これまでにはなかったことです。

 昨日も、お昼前に起き、午後3時頃に賀茂川散歩から帰ってくると、すぐに横になりました。そして、気がついて時計を見たら8時前です。大学に行く時間だと思って慌てて襖を開けると、妻が学校に遅れますよと言ってニコニコしています。しばしポカン。夜と昼が逆転していました。

 老化としか思えません。それでいて、目覚めている時はシャキッとしています。晩ご飯を食べると、また眠くなりました。
 今朝は3時に起きてから一仕事をし、大学へ行き、晩ご飯前の今まで起きています。

 体内時計が狂いだしたのでしょうか。風邪気味なので、身体の気怠さはそのせいなのかもしれません。よくわかりません。外出中は、気を張っていることもあるのでしょう。それが、家に帰るとドッと疲れとして出てくるようです。

 これは、仕事をする上でも出ています。能率が極端に落ちています。これまで通りには、予定のことが終えられないのです。そのために、多くの方にご迷惑をおかけしていると思います。申し訳ない、と思うものの、何からどうしたらいいものか、途方に暮れることもしばしばです。

 そうであっても、仕事が遅れていることを意識的に深刻に考えないようにしています。
 とにかく、1日でも長生きすることを自分に言い聞かせています。長生きさえすれば、懸案の課題をやり終えることは可能なのです。ここで無理をすると、そこで終わってしまうのです。そんな気持ちで、最近は日々を送っています。

 いろいろなことに、やる気がなくなったのではないのです。身体を守ることを最優先にしているために、ひとまず横に置いておく、という対処法です。
 日々の活動をブログにこまめに書いている中に、こんな日常があるということも、68歳を目前にして体験しています。

 思い立って、夜にもかかわらず、掛かり付けの医院に行ってきました。帰宅後、のどがやたらと熱を持っていたからです。いろいろな可能性を説明していただき、飲み薬をもらいました。そして、昔手術をした鼻中隔湾曲症という名前の副鼻腔炎が再発している可能性もあるのでは、とのことです。すっかり忘れていた病気です。熱が出るかもしれないとのこと。そう言われると、背筋がゾクゾクしてきました。

 一ヶ月前には、突然の高熱に悩まされました。とにかく、身体の気怠さもさることながら、熱がでないように細心の注意を払って身体を休めることにします。それもこれも、ありのままに記録としてここに残しておきます。
 
 
 
posted by genjiito at 20:00| Comment(0) | *健康雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。