2019年07月19日

「紫風庵」のホームページの紹介とNPO活動の報告

 NPO法人〈源氏物語電子資料館〉主催の勉強会の会場としてお借りしている、「紫風庵」のホームページが充実してきています。

「登録有形文化財指定〈紫風庵〉のホームページ」

 この「紫風庵」のホームページの中にある「過去のイベント」のコーナーでは、本会のNPO活動の一端が写真とコメント付きでわかりやすく紹介されています。

「「紫風庵」の過去のイベント」

 明日も午後2時から、三十六歌仙の襖絵があるお部屋をお借りして、第3回となる「源氏物語と三十六歌仙の写本を変体仮名で読む会」を開催します。
 前回の内容は、
「紫風庵で三十六歌仙と源氏物語の変体仮名を読む(第2回)」(2019年06月29日)にまとめています。
 京都新聞に掲載された明日の勉強会のことをご覧になったお2方が、体験参加をなさいます。
 明日の参加についても、明朝、午前中でしたら、本ブログのコメント欄から連絡をしていただければ参加していただけるように資料の用意をいたします。
 次の第4回は、8月24日(土)午後2時から、となる予定です。

 一人でも多くの方々に変体仮名に親しんでいただきたいことと、日本の文化体験の一つとして写本を読む集いに参加してくださる方を、広く募っています。
 まずは、体験参加をしてみてはいかがでしょうか。
 ほぼ同じ趣旨で、東京の日比谷図書文化館では古文書塾「てらこや」で、鎌倉時代に書写された『源氏物語』の「若紫」巻を読んでいます。今秋から、『源氏物語』の異文を読んで楽しむ講座も新設されます。これについては、また後日、詳細を報告します。
 
 
 
posted by genjiito at 20:04| Comment(0) | ◎NPO活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。