2019年06月26日

アレッ!と思う時〈その8〉不便に感じること

(1)新幹線で、スマホなどの充電をするために、足元にあるコンセントを使います。その位置がとんでもない所にあるのです。下すぎるのです。おまけに、暗くて見えにくいのです。さらには、なかなか充電器の差込口が合いません。必ずといっていいほど、メガネが必要です。しかも、座席の下に頭を潜り込ませるので、見られたくない姿を人目に晒さざるを得ません。隣に人がいる時は、諦めることにしています。色の識別なり、形状を工夫して、さっとコンセントが使えるようにしてほしいものです。最前列や最後列か、グリーン車に乗れば楽ですよ、という問題ではないと思います。設計者は、当然のことながら、早くから気付いておられることでしょう。利用者に苦痛を強いないように、一日も早い対処をお願いします。


(2)いろいろな系統のバスを便利に利用できる場所で生活をしていると、さまざまなことがあります。今日は、乗った後で、このバスはどこ行きだったのか不安になりました。車内を見回しても、どこ行きかという表示がありません。これは意外でした。キョロキョロして、不審に思われる前に諦めました。車外の前と横には、何系統かという番号や記号が表示されていることはわかっています。しかし、窓を開けて、首を伸ばして確認するわけにもいきません。いくつかバス停を過ぎた頃、大きな液晶モニタに、これから止まるバス停が縦にズラリと6停留場分が表示されました。そこには、今乗っているバスの路線番号が右上に小さく表示されています。眼鏡越しに確認し、やっと安心できました。どこ行きなのかだけでも、表示かアナウンスがほしいものです。観光客の方々は、どのようにして確認しておられるのでしょうか。


(3)最近、レジでの支払いに電子マネーかクレジットカードで済ますことがほとんどになりました。そんな中で、現金のみというお店に出くわすと、現金を財布から探すのが面倒に感じられます。もし現金を持ち合わせていなかったらどうなるのかと思うと、精算の時にヒヤリとします。四条河原町のマルイの上にある回転寿司屋さんは、観光客が多く出入りする地域なのに現金しか受け取ってもらえません。あえてカードが使えない精算方法にしているのは、何か深い理由があることでしょう。しかし、これはこれで驚きです。街中の自動販売機も、コインや紙幣を投入することがなくなりました。たまにカードが使えないと、不便に感じます。このカード化の傾向は、今後とも加速することでしょう。そして、新たな不便が発生することでしょう。


(4)電車内からメールを送ったはずが、勝手に鉄道会社のWi-fiにスマホがアクセスしていて、手続き待ちのままのことがよくあります。送ったはずのメールが、未送信のままなのです。大急ぎでWi-fiを切って、送信し直します。街中でも、勝手にWi-fiにつながらないように神経を使います。出かける時にはWi-fiを切る、という本末転倒で愚かなことを強いられています。今日も、阪急電車に乗るが早いか、Wi-fiを切りました。新幹線でも、30分するとつなぎ直しをさせられます。東京に着くまでに、何度も再接続の操作をさせられるので、Wi-fiに頼らずにスマホ単独でネットにつなげています。こんな未成熟なインフラは、そろそろ抜本的に再構築したらどうでしょうか。私は、1日も早くインターネットを見限るべきだと思っています。


(5)日々、ものが見えにくくなり、何かと不便に感じています。これも、加齢のせいです。そこで、目薬が手放せません。その目薬が、あと数回分と少なくなってくると、目にさそうとして下に向けると、ポタポタと液体が顔に落ちてきます。メーカー側は、目薬がこんな状態になることに気付いているはずです。しかし、最後まで使う人はほとんどいないと思っておられるのでしょうか。我慢しろ、ということでしょうか。もったいない上に、顔を拭く手間がかかります。残っていても捨てることになるのは、何とかしてほしいものです。
 
 
 
posted by genjiito at 23:21| Comment(0) | *身辺雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。