2019年05月17日

びわ湖百八霊場(3)湖西4「西徳寺」と瀬田唐橋と瀬田温泉へ

 久しぶりに「びわ湖百八霊場」を巡ることにしました。この霊場巡りは、平成22年10月17日に思い立ち、正法寺(岩間寺)からスタートしました。「びわ湖百八霊場」の成り立ちの説明も含めて、「びわ湖百八霊場(1)湖西2-岩間寺」(2010年10月18日)に、その時のことを詳しく書いています。
 翌11月までの2ヶ月間に8ヶ寺を巡ってから、パッタリと行かなくなりました。思い返すと、平成22年から23年は怒涛の日々でした。胃ガンで消化管を全部摘出した後、5巡目の西国三十三所巡りを始め、賀茂川左岸から右岸に引っ越し、妻が早期退職をして上京し、病後の私の食生活などを管理してくれるなど、めまぐるしい生活の中にいました。「びわ湖百八霊場」は、とてつもなく慌ただしい日々の中に埋もれてしまったのです。

 これまでに「びわ湖百八霊場」については、次の2つの記事を最後に、まったく書いていませんでした。
「びわ湖百八霊場(2)湖東27-正明寺の秘仏千手観音」(2010年11月23日)
 本ブログを検索してみると、その7年後に書いた「京洛逍遥(466)洛陽三十三所(9)青龍寺」(2017年09月20日)の中で、次の文章を書いていました。

 私は、スタンプラリーが好きなのです。この2週間前から、西国三十三所巡礼を石山寺を皮切りに回っています。
「西国三十三所(1)5周目は石山寺から」(2010年07月19日)
 石山寺に向かったのは、ガンの告知を受けた3日目でした。そしてすぐに、洛陽三十三所の札所巡りもスタートしていたのです。とにかく、若いときから観音様が好きでした。特に、18歳の時に読んだ井上靖の小説『星と祭』から、実に多くの影響を受けました。
 「びわ湖百八霊場」も歩き始めたままで、ずっと止まっています。これも、そろそろ再開することにします。またまた、楽しい忙しさを纏った日々を送ることになりそうです。


 ここで、「びわ湖百八霊場」も「そろそろ再開」と思っていたようです。しかし、何かと多忙な日々に追われ、「びわ湖百八霊場」どころの話ではない、心身共に疲れ切る日々だったので、行かず書かずのままでした。「びわ湖百八霊場」の3カ所目から8カ所目までのメモと写真は残っているので、いつかまとめることにしようと思っていた折、また霊場巡りに出かける気分になり、出かけることにしたのです。

 JR石山駅から近江鉄道バスで、湖西4番の西徳寺に向かいました。ただし、今回の旅は思わぬ出来事の連続でした。こんなハプニングだらけのこともあるのです。
 まず、ガイドブックに書かれていたとおりに乗ったバスは、行きたかったバス停の1つ手前が終点だったのです。1つのバス停分なら歩けばいいと思っていたところ、バス停1つ分も戻る上に、交通量の多い道の端を歩くことになりました。最近は歩道に突っ込んで来る自動車が多いので、行き交う車に注意しながら集落に入りました。そして目指すお寺に着いたと思ったところ、そこは「西接寺」というお寺でした。iPhoneを取り出して位置を確認すると、その向こう隣の回り込んだ所にあるのが「紫雲山 西徳寺」だったのです。それにしても、きれいな山号です。本堂周辺は工事中でした。

190517_saitoku1.jpg

190517_saitoku2.jpg

 朱印をいただこうと思って玄関のチャイムを何度か押しても、どなたもお出になりません。
 そのドアフォンの下に、すでに書き上げた朱印がビニール袋に入っていて、お金をいれる小さな賽銭箱のようなものが設置されています。おそらく、不在にしておられる時の対処なのだろうと思い、その朱印をいただき、納経料を箱に入れました。特に説明がなかったので不安ながら、右上に防犯カメラがあり、私の行動は録画されているようなので理解していただけると思い、そのようにしました。

190517_saitoku3.jpg

190517_saitoku4.jpg

 いただいた朱印は、次のように書かれていました。参拝した日付がないので、自分で書くことにします。

190517_syuin.jpg

 境内に歌碑がありました。よく見ると、このお寺の御詠歌が万葉仮名で刻まれていました。次の翻字には、万葉仮名の下に現在の五十音の平仮名で表記してみました。この万葉仮名の漢字の選定にはどのような根拠がありそうなのか、ご専門の方からのご教示をお待ちしています。

190517_kahi.jpg

詠歌

 安奈多宇土 加祢乃比〻幾尒
(あなたうと かねのひゝきに)
        仁之也摩乃
       (にしやまの)
  美祢與利以都留 牟良佐伎乃久毛
 (みねよりいつる むらさきのくも)
           義  道

※「尒」の「小」は「㣺」(したごころ)

 ブラブラと瀬田の唐橋に向かうと、途中の住宅地の川で亀が泳いでいるのに出くわしました。琵琶湖からやって来たのか、飼い主から逃れて来たのか。オーィと声をかけても、泳ぐのに必死の様子でした。この亀は、平泳ぎをしていたように思います。

190517_kame.jpg

 瀬田川に出ると、瀬田の唐橋が一望のもとに見渡せました。釣り人や釣り船が見えます。

190517_seta1.jpg

 この唐橋は「せたからはし」と言うようです。「の」がないのです。

190517_karahasi1.jpg

190517_karahasi2.jpg

 この瀬田唐橋の色は唐茶色だそうです。いろいろな論争があるようなので、詳しくはネットでどうぞ。

190517_karahasi3.jpg

 唐橋の西の袂にギャラリーがありました。水彩画やハンドメイドの作品などを、お二人で展示しておられました。お話をしているうちに、大徳寺の近くの方だとわかりました。親しくお話をしながら拝見しました。大きなハマグリに草花の絵を描いたり、モンゴルへの旅を絵にしてあったりと、楽しい作品でした。中に防人の歌を書いたものがあり、その中の文字で「弖」が「弓」となっていました。それとなく弓の下に傍線がいることを伝えました。この字は、今の平仮名にない変体仮名なので、勘違いしやすい文字ですね。

 京阪の唐橋前駅からバスで石山寺のまだ南に下った南郷まで行きました。そして、南郷洗堰の先にある南郷温泉二葉屋で、日帰りの温泉に入ることにしました。ところが、フロントで入浴をお願いすると、今日は貸し切りとなっているので入れない、とのことです。ホームページにはそのことが書いてなかったと言っても、すみませんの言葉しか返ってきません。
 仕方がないので、その向かいにある南郷温泉つぼた屋に行きました。すると、準備に1時間ほどほしいとのことでした。南郷の温泉は諦めて、元来た道をバスに乗ってJR石山駅まで戻りました。このまま帰るのも心残りなので、一駅先の瀬田駅からイオンモール草津に行き、その中にある草津湯元「水春」で温泉気分を味わって来ました。

 ハプニングに見舞われながらも、最後はゆったりと天然温泉で気持ちをほぐすことができました。出かけると、いろいろなことがあるものです。それがまた楽しさでもあります。
 
 
 
posted by genjiito at 23:55| Comment(0) | ・ブラリと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。