2019年01月23日

本年度最後の授業はお茶室で

 早いもので、今日は本年度の最終授業日です。
 昨年と同じように、学内にあるお茶室を使いました。
 お茶室の様子などは、昨年の記事、「お茶室で本年度最後の授業」(2018年01月18日)をご覧ください。
 ただし、今年は抹茶だけではなくて、世界各国のお茶を淹れました。

 最初だけは、型通りに教科書を使って、物の数え方の確認です。
 お箸は一膳二膳と数えることなどを。
 その確認が終わった後は、いろいろな話をしながらお茶をいただいたので、まさに茶話会です。

 まずは、ベトナムの蓮茶から。私も初めてです。少し渋みを感じました。
 そして、ペルーのココア茶、コカ茶。
 さらには中国の白茶、烏龍茶。
 最後は日本の抹茶、桑茶。
 香りと味の区別がつきやすそうなお茶を選んで、気ままに飲み比べてみました。

 こんな時には、畳の部屋で座卓を囲むと、気分がほぐれます。
 よく勉強する学生たちと、和やかに和室での最終授業となりました。
 
 
 
posted by genjiito at 21:28| Comment(0) | *美味礼賛
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。