2019年01月03日

新年の墓参で河内高安へ

 昨日と今日で、わが家の梅は一気に蕾をほころばせました。なんとか三が日に間に合いました。

190102_ume.jpg

190103_ume.jpg

 メダカたちの住み処にも、おめでたい扇を飾り付けています。

190103_medaka.jpg

 年末には曇っていた比叡山も、元日にはきれいな山容が見られました。

190103_hiei.gif

 賀茂川に架かる北大路橋から、北山と東山を望みました。

190103_kitayama.jpg

190103_higasiyama.jpg

 例年通り、3日は新年の墓参です。
 北大路駅から京都駅、大阪駅、鶴橋駅、河内山本駅、信貴山口駅と乗り継ぎ、駅前の霊園行きのバスでお墓まで2時間半。箱根駅伝をスマホで観ながらの小旅行です。
 信貴山口駅前にあった、この河内高安一帯の史跡図を写しました。ここは、古代からの古墳だらけの地域です。この高安に、小学校6年生から高校3年生までいました。横穴古墳でよく遊んだものです。大学を卒業後は、東京からこの高安の地に戻り、その後、右上の十三峠を東へと山越えした、大和平群の地に移りました。倭建命が「たたみごもへぐりの山の〜」と歌った平群でも古墳や陵墓が点在していて、勉強部屋からは二上山が望めるという古代の世界に包まれた日々でした。

190103_map.jpg

 信貴霊園から北摂方面を望み、カメラを南に振ると淡路島が視界に入ります。

190103_hokusetsu.jpg

190103_awaji.jpg

 お地蔵さんたちの後方は、六甲山と神戸地域になります。

190103_jizo.jpg

 帰りも、スマホで箱根駅伝を観ていました。私の母校は昨日の往路は3位、今日の復路は遅れたとはいえ総合7位と、来年のシード校権を獲得しました。あの、昨春まで職場があった立川の公園での涙ぐましい予選会には、今秋は走らなくてもいいのです。お疲れさまでした。

 今年も、この京都、大阪、奈良を大移動する生活を送ります。
 昨日の記事に書いたように、今年からは何もしない日を取り入れながら、自分を追い込まないように日々を送るつもりです。これまでと変わらないお付き合いを、どうぞよろしくお願いします。
 
 
 
posted by genjiito at 20:28| Comment(0) | ・ブラリと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。