2018年12月17日

メダカたちの新居を作りました

 下鴨神社の北東にある高野橋のたもとに、「カナート」という大型ショッピングセンターがあります。
 そこに、広いペットコーナーが新しくできました。きれいな施設であることはもちろんのこと、それぞれの動物に関する専門家がいらっしゃいます。東京の豊洲にあった「ビバホーム」の中のペットショップと同じような施設です。
 メダカに詳しい若い方がいらっしゃったので、相談をしながら観賞用のケースと浄水給水器に保温装置を付け、さらにはLEDの照明器具まで揃えてしまいました。

 子供たちが小さかった頃、幼稚園でもらってきた金魚が予想外に大きくなりました。そこで、生け簀のような水槽とさまざまな機器に飾り物などを設置して、鯉の大きさにまで育てたことがあります。

 このメダカが、そんなに大きくなるとは思えません。しかし、新年には孫が来ることもあり、一緒に楽しめる環境を作っておくことにしました。

181217_medaka3.jpg

181217_medaka2.jpg

181217_medaka1.jpg

 危なくないように、前面の角は丸くなっています。ここがレンズの働きをしてくれるので、水槽の中を泳ぐメダカがさまざまな姿に形を変えて見えるのです。マジックミラーのような効果があります。大人が見ていても飽きません。孫も喜んで、何時間もこの不思議なメダカの動きを楽しく見続けることでしょう。

181217_medaka4.jpg

 これまでのメダカについては、「京洛逍遥(515)京都っ子で第2世代となるメダカたちと穏やかな日々を」(2018年10月01日)に書きました。
 その次の世代が来たので、これで第3世代目となる京都っ子のメダカとの共同生活が始まったことになります。

 水は浄化され、上からは水が流れ落ちて酸素が供給され、水温はヒーターで23度に保たれています。快適な住環境になっていると思います。もちろん、これは浅知恵の人間が思いつく限りの心遣いであり、メダカにとって本当に住み心地がいいのかはわかりません。特に、LEDによる上からの照明は、24時間ライトアップされた明るい水中になっているので、メダカの気持ちを掻き乱さないかが心配です。「メダカ語」なるものがあれば、いつか「どんなお気持ちですか」と聞いてみたいと思っています。
 
 
 
posted by genjiito at 23:30| Comment(0) | *身辺雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。