2018年09月30日

読書雑記(238)望月 麻衣『京都寺町三条のホームズ・9』

『京都寺町三条のホームズ・9〜恋と花と想いの裏側〜』(望月 麻衣、双葉文庫、2018年3月)を読みました。

180601_Holmes9.jpg

 今夏テレビアニメになるという宣伝と、コミック版(作画:秋月壱葉)が発売されていると帯にあります。
 
 
■「プロローグ」
 ホームズのライバルである円生が、葵を「スルメ」だと言って帰ります。何のことだろう、と思いながら、次節へとページをめくりました。
 
 
■「花と酒と恋の鞘当て」
 冒頭に出てくる「府立総合資料館」は、本書が刊行された本年3月よりも前の2年前(平成28年12月)に、「京都府立京都学・歴彩館」としてスタートしています。また、「風見はみるみる画面を蒼白とさせ、額に手を当てた。」(167頁)とか、「今日 皆に暴かれます。〈改行〉 エンターテインメントにすべてを捧げたあなたは、エンターテ インメントの中で消滅してください」(268頁)などは、校正が間に合わなかったようです。
 次第に親しさを増していくホームズと葵の会話が、そろそろ鼻に付くようになりました。特にホームズの歯の浮いたような葵への言葉遣いは、私には次第に下品になって来たように思われます。この作者には男が描けないことが、こうしたところからわかります。
 話の展開中に、抹茶に合う和菓子のことが出てきます。もっと盛り上がればよかったと思います。
 小野小町の「恋ひわびぬ〜」の歌の訳で、「夢に見れなくても、」(118頁)とあります。がっかり。
 この作品は、人間関係で遊びすぎです。短編では、読者が追いかけるのに疲れます。長編にして、もっと豊かな作品に仕上げたらいいと思いました。【2】

 ここで出てくる和歌は、以下の通りです。
 「見せばやな 雄島のあまの 袖だにも〜」(殷富門院大輔)
 「つれづれと 空ぞ見らるる 思ふ人〜」(和泉式部)
 「君こひり 寝てもさめても くろ髪を〜」(与謝野晶子)
 「忘れじの 行く末までは 難ければ〜」(儀同三司母)
 「恋わびぬ しばしも寝ばや 夢のうちに〜」(小野小町)
 「思ひつつ 寝ればや人の 見えつらむ〜」(小野小町)
 「玉の緒よ 絶えねば絶えね ながらへば〜」(式子内親王)
 「君がため 惜しからざりし 命さへ〜」(藤原義孝)

 
 
■「掌編 答え合わせ」
 なぜここに挿入されているのか、意味不明です。内容も、後の物語に関係するのでしょうか。男同士のやりとりとして、ピンボケで品のない話です。【1】
 
 
■「金の器と想いの裏側 〜清貴 十三歳になった日」
 これまた中途半端な話です。前の掌編と話を繋げられます。しかし、この掌編の位置付けが不明です。【1】
 
 
■「掌編 宮下香織の恋路」
 これも、中途半端な短編です。【1】
 
 
■「復讐のショータイム」
 ホームズは、女の子にモテるための前提条件は、清潔感だと言います。若者へのメッセージなのでしょうか。
 本話は、枚方パークでのイベントをめぐる話が中心です。ただし、話と推理がちぐはぐで、読み飛ばしました。シリーズ化における手詰まり感が伝わってきました。【1】
 
 
■「エピローグ」
 これまでを振り返り、これからの話に期待を持たせる話ぶりは、なかなか旨いと思います。
 本書を読み始めて間もなく、もうこのシリーズはこれまでかな、と思いながら読み進めて来ました。しかし、この最後の言葉を読み、次も読んでみるか、と思いました。この、無理をしない、飾らない語り口がこの作者の本領なのでしょう。
 
[追記]「あとがき」に次の付記があります。
 前回、清貴の修業先をメインに書いてしまったことで、葵の十九歳の誕生日の様子をお伝えすることができず、『ちゃんと誕生日を祝ったのでしょうか?』という質問をたくさんいただきましたので、今回、振り返るかたちでエピソードを紹介させていただきました。
 また、シリーズもここまで長くなると、各々のキャラクターのドラマがあり、それをいつもの短編連作に組み込むことが難しくなってきました。
 悩んだ結果、前回同様、『掌編』と分けてお届けすることにしました。
 清貴と円生のやりとり、香織の恋の行方など、『掌編』も小さな楽しみにしていただけると嬉しいです。(306頁)

 過日の「読書雑記(236)高田郁『花だより みをつくし料理帖 特別巻』」(2018年09月19日)で書いたように、この作品も短編が積み上げられてシリーズ化することによって、『源氏物語』でいうところの「並びの巻」が読者の受容の中から生まれます。外伝や別伝に加えて、後日談などで物語の隙間を埋めるのです。物語が次第に形を成していく様子が、この作品の形成過程からも伺えるようです。
 
 
 
posted by genjiito at 19:42| Comment(0) | ■読書雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。