2018年09月14日

高校での入試前の授業と社会人講座の広報活動

 今日は、少し蒸し蒸しするかと思わせながらも、秋の気配を十分に感じる一日でした。

 高校での授業は、「インフォームド・コンセント(患者が自分の病気と医療行為について説明を受けたうえで、同意をすること)」のあり方について考えました。生徒が提出した小論文を添削した例を示して、気付いた点を解説しました。

 来月からは大学受験の推薦入試が始まります。今後の個別指導のために、各自の受験スケジュールと、予定している自己ピーアールのポイントを書いてもらいました。
 これを参考にして、今後とも一人一人に対処していきます。

 来月から開催する社会人講座の広報については、高校の副校長とチラシの配布方法を中心とする打ち合わせをしました。講座の内容については、一昨日の記事「大阪天王寺地域で新しく社会人講座がスタートします」(2018年09月12日)に記した通りです。

 先生方や全生徒には、副校長からの一斉メールなどで連絡が行き渡っていました。用意したチラシは、各クラスの担任を通して帰りの終礼で全生徒に配布してもらいました。先生方全員にも、チラシをお渡ししました。

180912_kouza1.jpg

 高校周辺地域の自治会の皆様にも、副校長のご尽力により、チラシを配布していただけることになりました。大学の方には早速、チラシを800枚ほどを刷り増ししてもらえるように依頼しました。
 地域に貼るポスターは、A3版をラミネート加工してくださることになり、これも大学から大至急データを送ってもらい、お願いをしました。ご理解とご高配に感謝しています。
 さらには、ありがたいことに、京都学を担当なさる本多健一先生のご協力で、高校の近くにある阿倍王子神社の境内にビラを貼ってもらえることになりました。

 この社会人講座も、少しずつ広報活動が広がってきています。さまざまなことから出遅れた取り組みでした。しかし、このようにして手助けしてくださる方が増えてきたのです。感謝感謝です。
 この社会人講座に何人の方が集まってくださるのかは未定ながらも、広報活動は今後のためにも積極的に展開していくつもりでいます。
 さらなるご協力をいただけることを願っています。

【追記】
 明浄学院高等学校のホームページの中にある「明浄ニュース」で、「お知らせ」として、この社会人講座のことが紹介されました。参考までに追加情報とて記します。

「【地域における学びの拠点を目指す】社会人講座を開設します!」(2018年09月14日)
 
 
 
posted by genjiito at 20:32| Comment(0) | ■講座学習
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。