2018年09月05日

誤差1時間を見込んだ生活と「すゝめ」のこと

 昨日の台風の影響もあり、今朝の交通は乱れていました。
 大学へ行くために、事前に情報を収集。天王寺駅まで出れば、阪和線は大阪方面へ向かう電車は止まっているけれども、和歌山方面は大丈夫だとありました。大学がある関西国際空港の手前の日根野駅には行けそうです。いつもの通勤ならば、行きは3時間ほどを見ています。この状況ならば、今日は4時間ほどを考えておけばよさそうです。毎月、東京の日比谷図書文化館へ新幹線で行く時と同じです。その意味では、長時間の通勤は特に苦にはなりません。それよりも、今日はこのプラスとなる1時間が閃きをくれました。
 日頃は、何かとあたふたバタバタと生活をしています。そこへ、1時間の誤差を見込んだ生活にしたらどうだろうか、と。
 会議や約束の時間は、守らなければなりません。人に迷惑をかけるからです。少なくとも、日本ではそうなっています。この点は、海外ではそんなにがんじがらめに縛られてはいない方が多いように思います。
 そこで、これからは、私も1時間の誤差を見越した生活のパターンを取り入れたいと思うようになったのです。もし、設定された時間に対応できないことが想定される時には、最初からその予定はパスをするか、責任者にそのことを伝えてあらかじめ了解を取ることにすればいいのです。

 もう現役は引退しています。そのためにも、自分に課せられた責任は可能な限り軽くしたいものです。人様に迷惑をかけないように、必要最低限のことはします。しかし、いつまでも中心にいることは控え、可能な限り立ち位置を少しずらすことにするのです。

 とにかくやって見ます。これも、一日も長く生きるための試行錯誤の一つとして、ご理解の程をお願いします。

 と書きながら、JR以外の私鉄と地下鉄を乗り継いで、やっと天王寺駅に着いて呆然。JRの改札口に入れないことがわかったのです。
 依然として、大学から今日は休学かどうかの連絡はありません。昨日は、いくつかのルートで休学の連絡があったので、今日はさらなる混乱の中なのでしょう。

 またまた情報を集めました。

・JR阪和線の天王寺駅から日根野駅までは動いているけれども120分の遅れ
・朝9時の段階では、天王寺駅と日根野駅とは折り返し運転中のはず
・ところが、阪和線はホームに入ることすらできない
・それでも情報では阪和線は動いていると書いてある
・阪和線は、やっと乗れても普通だけ
・異音感知のため、阪和線は緊急の不通状態になる
・やっと乗れても、普通だけの上、信号待ちなどで止まって進まず、トイレで苦しんでいる人がいる
・南海はやっと和歌山方面が10時から動くとか
・異音感知解決で、運転再開らしい
・信太駅にいる人からの情報では、日根野行きは駅でずっと止まったまま
・天王寺行きはホームに人が溢れていて乗れない
・普通電車は4両のみで異常な混みよう
・線路上に葉っぱが乗っていて、また停車とのこと
・阪和線があまりにも止まってばかりなので、ちゃんと点検してから再開しろ、とネットが炎上
・泉佐野市は今も停電中なので、大学のエレベーターもエアコンも無理?
・科研のプロジェクト研究員で大学の近くに住んでおられる方から、停電でメールの送受信ができないため携帯で失礼を、として連絡あり
・大学のシステムに不具合が発生しているらしい
・科研のことでお世話になっている大学の事務の方から、大学は停電はしていないものの、スクールバスは運行していない、と


 以上の情報から導き出した結論は、天王寺から京都に引き返すことになりました。
 帰り道、天満橋駅で「学問のすめ」というおつまみを見つけました。

180905_surume.jpg

 このネーミングは、もう一捻りできそうです。
 例えば、『源氏物語』の写本では「すゝめ」は次のような字形で書かれています。
 高校の教科書に採択されている、「若紫」の「雀の子をいぬきが逃がしつる」という場面です。「鈴虫」にもあるので、参考までにあげておきます。

180905_suzume.jpg

 商品名に変体仮名を使うと、もっとおもしろい文字遊びができる名前ができるでしょう。
 徒労に終わった出勤の気分転換に、こんなことでいろいろと楽しく頭の体操をしながら帰りました。

 出町柳は、昨日とはちがってのどかでした。
 ただし、飛び石が、水嵩が増したために見えなくなっています。

180905_demachi.jpg

 参考までに、3日前の出町柳の様子を再掲載しておきます。

180902_demachi.jpg
 
 
 
posted by genjiito at 20:08| Comment(0) | ■変体仮名
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。