2018年08月26日

京都から成田を経てハーバード大学へ

 またまた大移動です。
 今回は、アメリカのボストンにあるハーバード大学行きです。
 鎌倉時代に書写された古写本『源氏物語』の原本調査です。
 数年前に、『ハーバード大学美術館蔵『源氏物語』「須磨」』(新典社、185頁、2013(平成25)年)と『ハーバード大学美術館蔵『源氏物語』「蜻蛉」』(新典社、210頁、2014(平成26)年)を刊行しました。その後、いろいろと疑問点が見つかり、書写されている文字をどう読むのかということと、なぞられた文字のその下に書かれている文字を確認する必要が生じました。その他にも、『源氏物語画帖』なども閲覧できることになりました。
 今回は、ハーバード大学のメリッサ・マコーミック先生のご高配をいただき、こうした原本の調査が実現したのです。メリッサ先生には、『ハーバード大学美術館蔵『源氏物語』「蜻蛉」』に解説を寄せていただきました。
 京都にお出でになった折のことを、「京洛逍遥(254)メリッサ先生と丸太町のマダム紅蘭へ」(2013年02月03日)に書いています。
 久しぶりのボストンです。
 さて、どんな収穫がありますか。いや、私の場合は、どんなハプニングに見舞われるのか。
 楽しみの多い調査旅行の始まりです。
 
 
 
posted by genjiito at 14:39| Comment(0) | ◎国際交流
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。