2018年08月22日

お茶のお稽古の後に大和平群を散策

 大和平群は、日差しはきついものの心地よい風が爽やかに吹いています。
 駅前にバスが停まっていました。しかし、風を浴びながら、いつものように歩いて山登りをして、お茶のお稽古に行きました。まだ、このバスを使って上がったことはありません。

180822_bus.jpg

180822_tatsuta.jpg

 今日は、久しぶりに薄茶のお稽古をしてもらいました。このところ、濃茶が中心になっていました。薄茶は4ヶ月ぶりではないでしょうか。
 おもしろいほどに、すっかり忘れています。しかし、時折すっと手が伸びて、我ながら驚きました。ほとんど先生の指示待ち状態の中で、無意識に手が動くと嬉しいものです。「そう、よく覚えていましたね」と言われると、ますます楽しくなります。

 今日は、お点前以上に、お茶をいただく上でのお作法をたくさん教えていただきました。お稽古というと、お点前を覚えて確認することに気持ちが注視していたのです。しかし、その基本が疎かになっていたことを自覚したのです。そこで、この点てること以外のことで、基本の再確認をお願いしました。お茶室に入ってから出るまでの、一連の流れの中での動きのおさらいです。
 わがまま勝手なお願いをする生徒で、申し訳ないことです。今日は、3時間みっちりと特訓を受けました。

 帰りは、風が涼しくて気持ちがよかったので、いつもと違う平群駅へ出ることにしました。ブラブラと気ままに、かつて住んでいた地域を散策しながら、子供たちが大きくなって行く頃の十数年前を思い出して歩きました。

180822_tubakidai2.jpg

180822_hasi.jpg

180822_kado.jpg

180822_oji.jpg

180822_kado2.jpg

180822_kominkan.jpg

180822_gurand.jpg

 20年間、生駒山、信貴山、二上山を勉強部屋から眺めながら、ここで子育てをしたのです。その景色は、今も何も変わっていません。
 他人がこの記事を読まれると、またそんな思い出語りを、と思われることでしょう。しかし、当の本人は、思い出すたびに懐かしさとともに、楽しかったことが再確認できる、得難い時間の中に身を置くことになるのです。過去と今を往き来する楽しみは、こんな時に体験できるので、おもしろい回顧歩きだと思っています。

 龍田川も、この辺りに来ると流れも緩やかになります。小学校の前の親水公園は、授業参観の時などに子どもと一緒に川へ入った所です。「ちはやぶる 神代もきかず たつた川 〜」の歌が書いてあります。

180822_coop.jpg

180822_sinsui.jpg

 こうした、過去に心身を瞬間移動させられる場所を、私は何箇所も持っています。この大和平群は、そのうちの大切な一つです。
 過去と今を往来する契機を与えてくれる写真を、自分と家族のために何枚か置いてみました。以下は、小学校から駅までの変わりようがわかるものです。駅前は、まだまだ変わっていくようです。

180822_gakko1.jpg

180822_gakko2.jpg

180822_hiroba.jpg

180822_eki1.jpg

180822_eki2.jpg
 
 
 

posted by genjiito at 20:12| Comment(0) | ・ブラリと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。