2018年06月25日

第7回 池田亀鑑賞 授賞式と記念講演会のご案内と過去の記事一覧-2018

 今週末の6月30日(土)午後1時半から、鳥取県日野郡にある日南町総合文化センター・多目的ホールで、第7回 池田亀鑑賞 授賞式と記念講演会を開催します。
 ポスターができあがりましたので、ここに掲示します。

180624_池田亀鑑賞7表.jpg

180624_池田亀鑑賞7裏.jpg

 当日は、以下の内容で進行していきます。

第1部 池田亀鑑賞授賞式および受賞者記念講演会
 演題「時代を超える『源氏物語』の魅力」
     奈良大学 文学部 講師 松本 大 氏

第2部 特別講演
 演題「新指定 重要文化財「池田本」の価値−池田亀鑑のその後に向けて−」
     筑紫女学園大学 准教授 須藤 圭 氏

第3部 重要文化財 池田本『源氏物語』「桐壺」巻を読み、池田亀鑑を追体験する
     池田亀鑑賞 選考委員長
     NPO法人〈源氏物語電子資料館〉代表理事
     大阪観光大学 特命教授 伊藤鉄也 氏


 鳥取県、岡山県、島根県に跨がる山間地の緑豊かな町で、少しだけアカデミックな催しを、「池田亀鑑文学碑を守る会」や町民のみなさまと一緒に回を重ねてきました。毎回、70名以上の方々の参加があります。過疎化が進む町で、この参加者の多さは地元の方々の文化と文学に対する意識の高さを示すものだと言えるでしょう。熱気と活気のある文学集会となっています。

 7回目となる今回も、第1部の池田亀鑑賞受賞者の記念講演はもとより、盛りだくさんの内容です。
 第2部と第3部では、新天理図書館善本叢書 第3期 『源氏物語 池田本』(全十巻、八木書店、2016年1月〜2018年6月)の完結と、池田本が重要文化財に指定されたことを記念して、特別講演と体験講座を行ないます。
 配布資料として、受賞記念講演のレジメの他に、以下の4点も用意しています。

(1)『池田本 源氏物語 校訂本文「桐壺」(第一版)』(NPO法人〈源氏物語電子資料館〉伊藤・須藤編、2017年1月、44頁)
(2)新善本叢書 第3期 パンフレット(八木書店、8頁)
(3)同上 完結リーフレット(八木書店、4頁)
(4)重要文化財指定のチラシ(八木書店、1枚)


 興味と関心をお持ちの方々のご参加をお待ちしています。

 これまでのこの集まりの様子は、以下の記事で確認していただけます。

第0回
「小さな町を揺るがした池田亀鑑の1日」(2010年03月13日)

第1回
「盛会だった池田亀鑑賞の授賞式」(2012年03月10日)

第2回
「第2回池田亀鑑賞授賞式と記念講演会」(2013年06月22日)

第3回
「第3回池田亀鑑賞授賞式」(2014年06月29日)

第4回
「第4回池田亀鑑賞授賞式と講演会」(2015年06月27日)

第5回
「第5回池田亀鑑賞授賞式と講演会」(2016年10月01日)

第6回
「充実した第6回池田亀鑑賞授賞式」(2017年06月24日)
 
 
 
posted by genjiito at 23:27| Comment(0) | □池田亀鑑
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。