2018年06月10日

第4回「大阪 点字付きかるたを楽しむ会」のご案内

 最新情報が届きましたので、さらに広く行き渡るようにお知らせします。

 「大阪 点字付きかるたを楽しむ会」で今回から代表をなさる兵藤美奈子さんと、それを支えておられる野々村好三さんから、
クチナシの香りが漂う季節となりました。
皆さんお元気でお過ごしでしょうか。

という前書きと共に、以下の内容の開催に関する連絡をいただきました。
 また、「点字・拡大文字付き百人一首〜百星の会」の事務局長である関場理華さんからも、メーリングリストを通して会員のみなさまへの告知がなされました。

 この「大阪 点字付きかるたを楽しむ会」は、「点字の百人一首を楽しめる場を大阪で作りたい!」という思いから、日本点字制定記念日の直後の2017年11月4日に、第1回が開催されました。
 第2回は本年1月、第3回は3月に行なわれました。
 そして東京の「百星の会」との合同企画「東西でかるたを楽しむ会」が、5月4日にありました。この時のことは、「大阪で開催された「東西でかるたを楽しむ会」に参加」(2018年05月04日)で報告した通りです。

 今回も、
坊主捲りや4人一首、文字通り100枚使っての百人一首で盛り上がっています!
点字の付いたカルタ(百人一首)のお持ち込みも大歓迎です。
ご持参いただける方は、お申し込み時にお知らせください。
「点字は苦手」という方もお子さんも、一緒に楽しめる場にしたいと思います。
皆様のご参加をお待ちしております。

とある通り、大阪での「点字付きかるた」を使った『百人一首』も、着実に歩んでいます。

 こうした取り組みがあることを、お知り合いの方々にお伝えいただけると幸いです。

 なお、当日私は、東京の日比谷図書文化館で『源氏物語』の講座があるために、残念ながら参加できません。
 次回を楽しみにして、盛会をお祈りしています。
 
--------------------------------------
 
■日時:2018年7月7日(土)14時30分〜17時
■場所:日本ライトハウス情報文化センター 4階 会議室3
 (大阪市西区江戸堀1-13-2 電話 06-6441-0015)
■交通:大阪市営地下鉄四つ橋線「肥後橋駅」北改札から2番出口を出てすぐ左。
 もしくは地下鉄御堂筋線・京阪本線「淀屋橋駅」4番出口から西へ400m
 (肥後橋交差点の南西角)
■参加費:大人―500円 高校生以下―無料
■定員:先着20名(定員になり次第締め切ります)
■申込:事前に、下記へメールでお願いします。
 putti-castle205@key.ocn.ne.jp
 (楽しむ会代表・兵藤美奈子)

※いただいたメールにすぐにご返信できない場合もありますが、ご容赦ください。

<参考1>
坊主捲りには、「点字付き お坊さんめくり」(発売元:京都ライトハウス)を使用しています。
札を横長に置いた時の左上の角が丸くカットされ、上下に札の記号があります。
札は、姫は「メメ」(姫のメ)、坊主は「こた」(お坊さんの頭?)、殿は1本線のほか、皇族を表す台座も点字で表されていて、手で触って区別しやすくなっています。

<参考2>
2016年公開映画『ちはやふる』[上の句][下の句]は、シネマデイジーでお楽しみいただけます。
手に汗握る、競技かるたの世界をご堪能ください。

 
 
 
posted by genjiito at 20:15| Comment(0) | ■視覚障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。