2018年06月03日

京洛逍遥(493)初夏の散策で見かけた河原の風景

 そろそろ梅雨の季節に入るようです。
 先週、我が家のささやかな庭で二葉葵に囲まれているお地蔵さんに、ツワブキの葉が射し掛かっていました。折しも雨の日だったので、ふとした自然の心憎い遊び心に感心しました。

180602_jizo.jpg

 賀茂川に出たら、いつもは見かけない動物がいました。葵橋でよく見かけるヌートリアではなさそうです。今度みかけたら、しっかりと確認しておきます。

180602_animal.jpg

 そんなことにはお構いなく、鴨はのんびりと泳いでいます。

180602_kamo1.jpg

 ツメクサが絨毯となっている河原から、如意ケ嶽の大文字を見ました。8月の送り火が、今年も楽しみです。

180603_daimonji.jpg

 夕陽が西山に落ちる頃の山際は目を細めて見るといいものです。

180602_yuuhi1.jpg

 北山から東山にかけては、その夕陽が雲に映っています。

180603_yuuhi2.jpg

 初夏の河原は、夏の暑さに向かう準備をしているようです。
 
 
 
posted by genjiito at 20:59| Comment(0) | ◎京洛逍遥
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。