2018年05月29日

読書雑記(226)宮脇淳子『日本人が知らない 満洲国の真実』

 『日本人が知らない 満洲国の真実 封印された歴史と日本の貢献』(宮脇淳子、監修:岡田英弘、扶桑社新書257、2018年1月1日)を読みました。本書は、2013年4月にビジネス社より単行本で刊行された『真実の満洲史[1894−1956]』に加筆し改題の上で新書として発行したものです。

180527_mansyu.jpg

 印刷されている文章と、それを語る作者の背景がよくわからないながら、筆者の思い込みが気になりました。「と思う。」とか「ということです。」が多すぎます。また、引かれている著書や著者と思われる人名も、どうしてその本が? その人が? と思うことがいくつかありました。
 論理的な展開ではなくて、感情的な表現に私は引っかかってしまいました。これは、人や物に対する、思いやりというものに欠ける文章になっているせいではないでしょうか。
 一例を引きます。

孫文もそうですが、いまだにウィルソンを誉める日本人の気が知れません。(206頁)


 歴史を見る目は真っ直ぐなのでしょう。しかし、読み進むうちに、そういうことだろうか、違う視点ではどうなるのか、別の資料はないのだろうか、などと、行文の背後が気になって仕方がありませんでした。

 逆接の接続助詞「が」で文章がダラダラとつながっていくので、読者としては非常に疲れる文章だったことも補足します。

 また、次のような文はどのように読んだらいいのか困りました。いくつかあげます。
 まずは、筆者自身の意見はどこからかが不明な文章から。

『歴史通』(2012年5月号、ワック出版)に、「日帝支配資料館『加虐日本人』の正体」という小名木善行さんの記事が掲載されました。中国に南京虐殺事件の資料館があるように、韓国にも日帝支配資料館があるのですが、ここに、日本が行なったという残虐行為の写真がたくさん残っています。しかし、それはじつは朝鮮人の仕業だったというのです。
 日本は朝鮮半島の統治にあたり、言葉や地理に詳しい現地の朝鮮人を補助員として大量に採用しましたが、この人たちが、同じ朝鮮人に残酷な仕打ちをしたり拷問をしたりしました。日韓併合後に残虐だった日本人は全員、日本軍の服を着た朝鮮人の憲兵や、日本の制服を着た警察官だった、という記事です。
 韓流歴史ドラマでもひんぱんに描かれていますが、李氏朝鮮時代には拷問はあたりまえでした。日本は日韓併合後、法律を作って拷問を禁止しました。ところが法律で禁止したにもかかわらず、これまで一部の特権階級にいじめられてきた朝鮮人は、日本の権力を借りて恨みをはらそうと、同胞であるはずの朝鮮人たちに、苛酷な暴行を始めたのです。支那事変でも、日本人になった朝鮮人が中国人に恨みを晴らしたことも多く、朝鮮の創氏改名も、満洲で中国人に対して威張りたい朝鮮人が日本名が欲しかったということがあります。じつのところ、朝鮮人たちが創氏改名したかったのです。日本人は決して強制していません。現に、東京帝国大学を朝鮮名のままで卒業した人や、朝鮮名のまま日本帝国陸軍の中将になった人。オリンピックの選手になった人など、能力があって自信のある朝鮮人は、朝鮮名のままで通しました。(36〜37頁)


 次に、私には「筋違い」だと思われるくだりです。

「一八九五年から一九四五年までの五十年間の台湾、一九一〇年から一九四五年までの朝鮮は日本史でしょう。満洲についても、一九〇五年に日露戦争に勝ってから一九四五年までを日本史として扱うべきで、それをまったくしていないことが問題です。
 日本人はそれが問題だということを理解しません。いまだに「満洲の歴史など知りたくない。中国も台湾も放っておけ」という態度で、何か問題が起こると、「もう日本人だけの日本にして、外国人は全部出ていって欲しい」となるのが、多くの日本人の考えです。従軍慰安婦が問題になると、「在日(朝鮮人)は出て行け」となるのです。これは、まったくの筋違いではないでしょうか。
 なぜなら、一度は日本になった地域出身の人間を、日本人として扱わないことに問題があるからです。世界史を見ればわかります。ヨーロッパであろうとどこであろうと、自分たちが征服したり、宗主になった土地に関しては、よくも悪くも責任があるのです。たとえ台湾や韓国の出身であっても、日本語を話し日本文化が好きな人たち、日本で教育を受けて、精神はほとんど日本人と変わらない人たちを、血筋だけで差別することは、日本人の悪いところだと私は思います。(39〜40頁)


もし日本が中国と同じように、かつて日本だったところをすべて日本として載せるとどうなるかというのが地図3です。これは大東亜共栄圏の範囲を示したものですが、日本もこれくらいのものを教科書に載せないでどうするのかと言いたいです。大日本帝国はこれほど広かったのです。(53頁)


 次の固有名詞の表記については、どのような議論があるのか知りたくなります。

「満洲」という文字は、漢人が「マンジュ」という種族名に音を当てたものですが、なぜサンズイがつくかというと、もともと彼らが自分たちは水に関係があると意識していたので、清という国号もそうですが、こういう漢字を選んだのです。したがって、サンズイを抜いた「州」にすると、たんなる「満族の土地」という意味になって、もとの固有名詞ではなくなります。だから、戦後、過去を否定するような気分で「満州」と書き換えてきたような風潮は、ここで止めましょう。日本だって、東京駅には「八重洲」という改札があり、「洲」という字を残しているではありませんか。(58頁)


 次も、明快な文章となっているだけに、筆者の真意を測りかねるものです。発言は自由なので、そのままを引用しておきます。

満洲国は大日本帝国が大東亜戦争で負けなければ、大成功だったのです。現地の四千万の漢人が、日本人が撤退した後、毛沢東や蒋介石を歓迎したかといえば、そんなことはなく、文化の高い日本人の方がよほどよかったのです。そういった意味でも満洲はうまくいきかけていたのです。そして、日本の敗戦から歴史が逆戻りしたのが今の北朝鮮です。(86頁)


 NHKのドラマ『蒼穹の昴』を取り上げたくだりも引きます。これは、私が好きな井上靖のことに言及しているから取り上げるだけです。

あのドラマは、井上靖の『蒼き狼』のチンギス・ハーンがぜんぜんモンゴル人らしくなかったのと同様に、登場人物に満洲人らしいところがありません。人物があまりにも日本人的で、すごく近代的な人間に描かれ過ぎていました。文明としての清朝や満洲は、あれでは理解できません。ドラマとして見れば、清朝宮廷の雰囲気と満洲人のコスチュームプレイが、とても面白かったですけれども。(94〜95頁)


 民主主義に対する、大胆とも思える言及もあります。

国際的にも世論の重要性が言われますが、多数決の民主主義はだいたいが間違った方向へ行くと私は思います。その理由は優秀な人は少数だからです。卑しい感情を煽るのが共産主義なので、立派な人をみんなで潰そうとしました。多数決というのは、悪い感情を暴走させるシステムだと、最近、私は思っています。マスコミの責任も大きいですが、同時に普通の人、大衆は、知らないことには口を出すべきではないとも思います。(237頁)


 日本人は国際法のルールを破っていませんが、戦後はなぜかそれが逆転して、日本が悪かったことにされています。アメリカと中国の利害が一致したので、南京大虐殺などと言いだしたのです。こういったことが、なぜ普通の日本人にはわからないのでしょうか。正直に言って、わからない日本人はもう駄目だと私は思います。(302頁)


 私の父はシベリアに抑留されていました。そのため、次のフレーズもチェックしました。この論法はわかります。しかし、本質がズレているようにも思えます。

私は「シベリア抑留」と言うのは間違いだと思います。その理由は、シベリアだけでなく、モンゴル人民共和国、北朝鮮、ウズベキスタン、キルギスタン、ヴォルガ河、コーカサスにも連れていかれたからです。「ソ連抑留」あるいは「共産圏抑留」と言うべきです。(317頁)


 本書は、次の文章で締めくくられます。これも、どこまで額面通りに読んでいいのか困ります。

 日本人が一所懸命したことに対して、中国や韓国がひたすら非難するのは、前政権を否定しなければ、自分たちの正当性が証明できないから、という向こうの理由であって、日本人がそれをそのまま認める必要はまったくありません。
 日本の敗戦後七十年以上たって、私たちが理想を抱いて開拓した土地が、その後どんなふうになっているかを、私たち日本人はずっと見続ける、ウォッチする義務があるのであって、それは負い目ではなく責任なのです。日本人は、現地をいい国にする責任があります。なぜなら、私たちは一度そこを日本にしたからです。責任を取るというのはそういうことだと思います。この本を読んで、そういったものの見方ができるようになってもらえれば嬉しいです。(350頁)


 こうした、著者の歴史の解釈について疑念を多く抱いたということで、歴史を多視点から見る必要性を学べました。途中で投げ出さずに読んで良かったのではないか、と、読み終わった今、思っています。【1】
 
 
 
posted by genjiito at 23:13| Comment(0) | ■読書雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。