2018年05月25日

キャリアアップ講座(その2)『源氏物語』のくずし字を読む

 5月の第2週から隔週で始まったキャリアアップ講座「古写本『源氏物語』のくずし字を読む」の第2回です。初回は図書館で行ないました。しかし、予想外に参加者が多かったので、狭いと感じるようになりました。そこで、勉強会の場所を、明浄3号館2階にある国際交流サロンに移しました。

 お一人欠席だったものの、17人で『国立歴史民俗博物館蔵『源氏物語』「鈴虫」』を読みつなげました。

 前回は、巻頭の3行分だけを、字母を丁寧に確認しながら、変体仮名を読みました。
 今回は、変体仮名の字母としてぜひとも覚えておくべき平仮名文字の確認からです。
 それは、以下のものです。
 これらは、鎌倉時代の写本によく出てくる仮名文字を中心とするものであり、室町時代や江戸時代にはまた別の文字がよく使われるようになります。時代によって、変体仮名の好みも流動していくのです。

あ(安) 阿 愛
い(以) 伊
う(宇) 有
え(衣) 盈 江
お(於)
か(加) 可 閑 賀
き(幾) 支 起
く(久) 九 具
け(計) 个 遣 希 気
こ(己) 古
さ(左) 散
し(之) 志 新 四
す(寸) 須 春 寿
せ(世) 勢
そ(曽) 所 處
た(太) 多 堂
ち(知) 地 遅
つ(川) 徒 都 津
て(天) 帝 亭 氐
と(止) 登 東
な(奈) 那
に(仁) 尓 耳 二 丹
ぬ(奴)
ね(祢) 年
の(乃) 能 農
は(波) 者 盤 八 半 葉
ひ(比) 飛 悲 日
ふ(不) 布 婦
へ(部) 遍
ほ(保) 本
ま(末) 万 満 萬
み(美) 見 三 身
む(武) 無 无 牟 六
め(女) 免
も(毛) 无 母 裳 茂
や(也) 夜 屋 野
ゆ(由) 遊
よ(与) 夜
ら(良) 羅
り(利) 里 梨 李
る(留) 類 累 流
れ(礼) 連
ろ(呂) 路 露
わ(和) 王
ゐ(為) 井
ゑ(恵) 衛
を(遠) 乎 越


 今回は、1丁裏まで終わりました。次回は、2丁表の「や可尓・ち井さく」から読みます。まだ始まったばかりなので、あまり突っ込んだ問題は取り上げていません。今は、目慣らしの段階です。

 またまた会場の変更のお知らせです。
 今回の国際交流サロンよりもっといい部屋が見つかりました。明浄1号館4階のセミナールーム1(エレベータを降りて左側)です。
 次回からは、この部屋に移ります。二転三転でご迷惑をおかけします。
 講座の中身はもとより、みなさまが快適に勉強していただくことも大事なことだと思っています。ご理解をお願いします。
 今後のスケジュールを掲載します。
 この講座は、途中からでも参加が可能です。興味と感心をお持ちの方々が、幅広く参加してくださることを願っています。


第1  5/10(木)
第2  5/24(木)
第3  6/ 7(木)
第4  6/21(木)
第5  7/ 5(木)
第6  7/19(木)
第7  8/ 2(木)
■夏季休暇
第8  9/27(木)
第9 10/11(木)
第10 10/25(木)
第11 11/ 8(木)
第12 11/22(木)
第13 12/ 6(木)
第14 12/20(木)
■冬季休暇
第15 1/17(木)
第16 1/31(木)


 これは、あくまでも予定です。
 変更がある場合は、直前の講座でお知らせします。
 緊急連絡のための連絡網を作りたいと思います。
 ご協力のほどを、よろしくお願いします。
 
 
 
posted by genjiito at 23:58| Comment(0) | ■講座学習
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。