2018年05月04日

大阪で開催された「東西でかるたを楽しむ会」に参加

 東京の「点字・拡大文字付き百人一首〜百星の会」と大阪の「大阪点字付きかるたを楽しむ会」の合同企画による「東西でかるたを楽しむ会」に参加してきました。

 会場は、JR桜島駅からシャトルバスで10分の所にある、「アミティ舞洲」(大阪市舞洲障がい者スポーツセンター)の3階にある、研修室2と3です。

180504_bus.jpg

180504_entrance.jpg

180504_room.jpg

 午前中は初心者のためのイベント。
 お子様中心の、簡単な平安クイズや、ゆかりの品物としての衣装にゆっくりと触れる時間です。目が見えない方々にとっては、この手で触った感覚がイメージを豊かにし、世界が広がるのです。

180504_isyou.jpg

 午後は、初心者と中上級者のかるた会。
 まずは目が見える方の模範試合からです。畳ではなくてフロアだったので、やりにくそうでしたが。

180504_match1.jpg

180504_match2.jpg

 今日のために用意された10枚のカルタは、渡邊寛子先生(福島県立盲学校高等部国語科教諭)が選んでくださった歌十首です。選定にあたっては、親子関係、女性、決まり字、歴史の勉強もできる、などなどが考慮されていました。

「教育現場用 十首 バリアフリーかるた」

秋の田の〜/春過ぎて〜/花の色は〜/めぐりあひて〜/よをこめて〜/瀬をはやみ〜/世の中よ〜/世の中は〜/来ぬ人を〜/人もをし〜


 カルタは、私が「八つ橋型」と呼ぶ、丸く反った形をしたものです。紙製とトランプ製があります。トランプ製は、お湯につけて曲げるのだそうです。関場さんをはじめとする、ボランティアのみなさんの苦労の産物です。

180504_karuta1.jpg

180504_karuta2.jpg

 昨日の記事に取り上げた、私の思い出の歌も選ばれていました。

180504_print.jpg

 今日のカルタ会では、この会のまとめ役である関場さんから、新しいルールが披露されました。

(1)利き手で取ることを原則とし、手はカルタ台の手前で重ねた状態で読まれるのを待つ。
180504_te.jpg

(2)お手付きは、自分が取った札一枚を相手に渡す。

(3)札は手前に引いて取る。
180504_hiku.jpg

(4)目が見える人は、下の句を読み出したらアイマスクを着けて勝負に臨む。


 このルールでやったところ、いろいろとこれまでとは違う問題が出ました。

・空札が入ると途端にお手付きが増えた。

・これまでの癖で、つい両手で取る。
180504_w-hand.jpg

・札を上から叩いて押さえ込む。
180504_osae.jpg


 しかし、これらは回を重ねるごとに改善されていくものなので、大した問題ではありません。

 やがて2試合目、3試合目となると、鬼気迫る緊迫感がありました。

180504_match4.jpg

180504_match5.jpg

 隣の部屋では、南澤さんの指導のもとに、初心者のための取り方教室も進行中です。
 人差指を抜くゲームは、なかなかむつかしそうでした。これは、耳と手の感覚を養えます。

180504_yubi.jpg

 勝負が終わった頃には、坊主めくりのお菓子が配られました。

180504_bouzu.jpg

 関場さん、兵藤さん、野々村さん、南澤さん、そして多くのボランティアでお越しになっていたみなさま、ありがとうございました。
 楽しいひと時を、皆さんと一緒に過ごせました。
 関場さん、背中の和泉式部はオシャレでしたよ。

180504_izumi.jpg 
 
posted by genjiito at 23:01| Comment(0) | ■視覚障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。