2018年04月07日

日比谷で橋本本「若紫」を読む(2018年度-体験講座)

 先月で一旦終わった本講座も、5月からまた新たなサイクルに入ります。と言っても、私の講座では、現在使っているテキストをそのまま継続して読み進めて行きます。今は、ちょうど半ばに至ったところです。

 京都では少し花曇りではあるものの、賀茂川の桜まつりが今日から始まりました。昨日の雨と大風で、花が散り初めたところです。明日までが見ごろだと思われます。

 車窓からの今日の富士山は、足早に通り過ぎた暖かさに困ったような表情です。

180407_fuji1.jpg

 東京駅に着くと、暖かいことを実感しました。内幸町から日比谷図書文化館の写真は、今回初めて掲載します。

180407_koukaido.jpg

 日比谷公園の桜は、もう葉桜です。

180407_park.jpg

 今日は、新しい受講者を招き寄せるための、体験講座がありました。お試し版に参加していただき、受講するかどうかを考えてください、という趣向のものです。お世話になっている、日比谷図書文化館の「古文書塾 てらこや」が受講者獲得のために取り組んでおられるプログラムの一つです。
 幸いなことに、16名の方が試しに話を聞いてみよう、ということでお集まりになっていました。

 自己紹介の後は、今回使用するテキストのことを説明しました。橋本本「若紫」が鎌倉時代の中期に書き写された写本であることを、持参した複製本などを回覧して話しました。
 また、源氏千年紀に編集した『千年のかがやき』を使って、橋本本や大島本がどういう写本であるかなども確認しました。
 さらには、書写の道具である糸罫のことも。
 明治33年に平仮名が一字に、国策として決まったことを強調したことは、言うまでもありません。

 後半の1時間は、文字についての問題点を確認してから、橋本本「若紫」の第1丁表を、3行目まで確認しました。ここまでで漢字は一文字も出て来ません。漢字は意識の外に置き、仮名文字の字母に注意を払いながら読んで行くことを強調しました。また、変体仮名が昨年はユニコードに採択されたことも伝えました。

 いろいろとお話ししたいことが多かったので、詳しくは本課コースで、ということに留めておきました。一人でも多くの方が、新しく講座に参加してくださることを楽しみにしています。

 今日は、この体験講座が始まる前の2時間を、地下のラウンジで旅行会社の方と打ち合わせをしていました。
 今年の8月に、ハーバード大学所蔵の古写本『源氏物語』(「須磨」「蜻蛉」の2冊)を調査に出かけます。最初は秋を予定していました。しかし、ハーバード大学のメリッサ・マコーミック先生から、8月に一緒に調査をしないか、というお誘いを受けました。そこで、日比谷図書文化館の講座を受講なさっている方々にもお声がけをして、マコーミック先生のお話も伺いながらこの『源氏物語』を閲覧する計画を進めているところなのです。
 このハーバード本は、現在読み進めている橋本本と近い環境で書写された写本だと思います。その意味からも、講座の参加者はこの橋本本の原本を、多い方は3回も、国文学研究資料館で実際に手にして見ておられるので、いい勉強の機会にもなるかと思います。
 今日の段階では、10名くらいの方と渡米し、原典を見ていただくセッティングを考えているところです。期間は、8月19日(日)から24日(金)までです。当初は、ワシントンの米国議会図書館にも立ち寄り、国立国語研究所からも公開している『源氏物語』の写本の調査もする予定でした。しかし、日程などを考えて、ハーバード大学だけにしました。
 5月の連休明けまでに詳細が決まりますので、わかり次第に本ブログにも掲載します。機会があれば閲覧して調査を、と、考えておられた方は、この機会に同道を検討してみてください。人数に制限がありますので、ご希望に添えないことがあることをご承知おき願います。

 今日は、体験講座だけでした。いつものように終わってからの自主講座はないので、先月に新しく生き返ったゴジラを、先月は正面からだったので今日は左右から写真に収め、すぐに新幹線に飛び乗りました。

180407_gojira1.jpg

180407_gojira2.jpg

 まだ明るいうちにこうして帰洛することは、めったにありません。珍しく、夕靄の中に聳え立つ富士山を見ました。富士はいつもいつでもどこから見ても絵になります。

180407_fuji2.jpg

 京都の駅前では、いつものように水芸をしていました。私は、これを見るのを楽しみにしています。つい魅入ってしまったので、写真を撮ることを忘れてしまいました。
 雨上がりの夜空を見上げていると、冷たい空気が身体を包みます。ぶるっとしました。暖かかった東京が嘘だったかのように、底冷えのする京都に立っていることに気付きました。
 
 
 
posted by genjiito at 21:55| Comment(0) | ◎NPO活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。