2018年03月27日

第7回[町家 de 源氏物語の写本を読む]開催のご案内

 今週末の31日(土)午後4時15分から、「be京都」(http://www.be-kyoto.jp/)で7回目となる[町家 de 源氏物語の写本を読む]を開催します。
 本日27日(火)の京都新聞(朝刊)「まちかど」欄に、呼びかけの記事が掲載されましたので、あらためてこのブログでも紹介します。
 開始時間がいつもの午後2時からではなく、午後4時15分から6時までとなっていますので、参加を予定なさっている方はお気をつけください。

180327_machiya-G.jpg

 これは、『源氏物語』の写本に書かれている変体仮名を読む勉強会です。
 テキストである『ハーバード大学美術館蔵『源氏物語』「須磨」』(伊藤編、新典社、2013年)で読み進めます。
 これまでに、本文の確認は昨年末の12月16日に、6丁表の最終行「たまはぬ耳」まで見ました。
 その後は、書き写されている文字に関して問題がある箇所に絞って、順次丁を追って確認して来ています。今回は、21丁表9行目からです。特になぞっている箇所において、下に書かれている文字を推測して読み取るテクニックを伝授する予定です。

 興味と関心をお持ちの方は、このブログのコメント欄より、参加希望の連絡をお願いします。折り返し、詳細な案内をお送りします。
 
 
 
posted by genjiito at 18:33| Comment(0) | ◎NPO活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。