2018年01月14日

雪の日に大和平群へ行き濃茶のお稽古

 今朝の京都は雪でした。お地蔵さんが寒そうです。

180114_jizo.jpg

 お茶のお稽古に出かける途中、北大路橋から北山方面を望みました。雪化粧です。

180114_kitayama.jpg

 奈良では雪は降っていませんでした。降り立った元山上口駅では、多くのハイキング帰りの方に出会いました。平群のお山の奥には、千光寺という、役行者が大峯山を開く前に修行したとされる修験道の霊場があります。そこが元山上千光寺と呼ばれることから、駅名が付いたようです。ユースホテルもあります。みなさんは、千光寺から歩いて下って来られたのです。

180114_hiking.jpg

 さて、今日のお稽古は濃茶です。年末から始まりました。前回は、先生の言われるがままにやりました。今日は、この前はどうだったかな、と少し考えたからでしょうか。まったく前とは違う所作としか思えないほど、あれっ! そうだったのかな? こんなことをしたのかな? ということの連続でした。

 後で、先生も、一緒にお稽古をしていたお仲間からも、滑らかにできていた、とおっしゃいます。しかし、どうも不思議な感覚が残りました。お稽古を積み重ねることで、自然と身体が動くようになるのでしょう。気長に続けるしかありません。

 お菓子は奈良町元興寺近くにある樫舎の「飛梅」でした。いつも、贅沢でおいしいお茶菓子をいただいています。

 今日も、先生にたくさんの質問をし、興味深いお話をうかがいました。へぇー ということが多いので、飽きることがありません。何気なくしている挨拶も、あらためてその言葉の意味やそこに込められた心遣いがわかると、まさにおもてなしの世界であり、忖度の社会であることが実感できます。「忖度」という言葉が、あの政治的な問題で悪い意味だけで知られるようになり、使われなくなっていく風潮が残念です。辞書に書いてある以上に、相手の気持ちを思い遣る意味を持っていた言葉だと思っています。言葉に手垢がついたり、貶められて品性をなくすのは、生き物である言葉が持つどうしようもないものなのでしょうが・・・・・

 そんなこんなで、いつも何か手応えを得て帰って来ます。
 
 
 
posted by genjiito at 20:30| Comment(0) | *美味礼賛
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。