2017年12月17日

学外授業で堺の与謝野晶子記念館へ行く

 大阪観光大学における後期の授業では、与謝野晶子の短歌を読んで来ました。座学だけでは作者の実像がわからないので、校外での授業を実施することで補うことにしました。
 幸い、与謝野晶子が生まれた堺市へは、大学から至近の距離にあり、電車一本で行けます。学生も40分ほどで行けるということなので、寒波が襲来している中をものともせずに日曜日の時間をとって出かけました。
 行き先の「さかい利晶の杜」は、与謝野晶子と千利休を通じて堺を体験できる施設で、2年前の2015年に開館したところです。

171217_risyou1.jpg

 実は、私は勝手知ったる与謝野晶子文芸館というイメージから、今回の集合場所をJR堺市駅にしました。しかし、実は与謝野晶子文芸館が南海堺駅の方に移転して、与謝野晶子記念館になっていたのです。
 これまでに、与謝野晶子文芸館のことは、以下のブログで詳しく取り上げています。

(1)「与謝野晶子と蜻蛉日記の講演会」(2011年01月17日)

(2)「西国三十三所(27)粉河寺」(2010年10月27日)

(3)「与謝野晶子の自筆原稿『新新訳源氏物語』と『蜻蛉日記』の撮影」(2010年10月26日)

(4)「与謝野晶子の源氏訳自筆原稿「夕顔」等を確認」(2010年07月16日)

(5)「神野藤昭夫先生の晶子がたり」(2010年02月21日)

(6)「与謝野晶子の『新新訳源氏物語』自筆原稿画像データベース公開」(2010年02月20日)

(7)「与謝野晶子と『源氏物語』(2)」(2008年09月07日)

(8)「与謝野晶子と『源氏物語』(1)」(2008年09月06日)

 上記のブログで報告している通り、一時はここに通い詰めていたことがあったのです。そのため、この与謝野晶子文芸館が移転しているとは思いもしませんでした。与謝野晶子文芸館は今、堺アルフォンス・ミュシャ館となっていました。

171217_myusha.jpg

 すぐに堺市駅前からバスで「さかい利晶の杜」へ移動しました。
 また、一人だけ遅れて来た学生も、奇跡的としか思えない偶然で、目的地である「さかい利晶の杜」の入り口で出会えました。私の思い込みからスタートが遅れてしまいました。しかし、幸いなことに大事には至りませんでした。

 与謝野晶子文芸館に足を運んでいた頃にお世話になった方が、今も記念館にお勤めだということがわかりました。しかし、今日はお休みということで、お目にかかることはできませんでした。これを機会に、今春からは大阪の大学にいることの報告を兼ねて、あらためて連絡を取りたいと思っています。

 記念館の中では、学生に説明しながら、ゆっくりと観て回りました。ただし、文芸館の頃の専門的な立場からの充実した展示を知っているので、この記念館の展示の内容には大いに失望しました。与謝野晶子と千利休という、堺が輩出した偉人を広く広報することを目的とする施設なので、専門性は限りなく削ぎ落とされています。しかし、それにしても内容がありません。
 さまざまな制約の中で、やっとここまでできた、という事情があるに違いありません。そうは言っても、やはり義務教育の生徒を対象にしただけのこの展示では、少し与謝野晶子を知っている人には物足りないはずです。何も知らない人ばかりを対象にするのではなく、少しずつ理解が深まる展示をお願いしたいものです。一見さんだけではなく、何度も足を運べる内容にすべきです。これは、展示スペースが狭いということとは別問題です。生意気なようですが、学芸員の一人としてこのことを痛感しました。

 また、晶子が生まれた和菓子屋「駿河屋」の再現はまったく無意味です。これだけのスペースをこんなものに充てるのは、究極の無駄遣いです。堺市は晶子に関するすばらしい資料をお持ちです。せっかくの宝物が死蔵されているのはもったいないことです。この展示室は、根本的なところから見直すべきです。来訪者を甘く見過ぎです。

 このことは、その下の階にあった千利休茶の湯館も同じことです。お茶に関係するものが並んでいるだけで、まったく面白味も中身もありません。共に、著名人の名前に寄り掛かった無策の展示室となっています。企画展示室が2部屋もあるようです。ここの利活用には、大いに期待したいと思います。

 一通り見終わってからは、ロビーの一角で説明を補ったり今後の打ち合わせなどをしました。
 また、遅れてきた学生が先日の授業を休んでいたので、その補講を兼ねて帰り道に南海堺駅まで一緒に歩きながら、いろいろな話をしました。こんな授業があってもいいでしょう。

 堺駅前には、植え込みに与謝野晶子と千利休がデザインされたフラワーポットがありました。

171217_akiko1.jpg

 また、西口駅前には、平成10年に晶子生誕120年を記念して建てられた、与謝野晶子の等身大のブロンズ像がありました。

171217_akiko2.jpg

 その台座には、明治38年に『明星』に発表された次の歌が刻まれています。

171217_akiko3.jpg

  ふるさとの 潮の
 遠音の
  わか胸に ひひくを
      おほゆ
   初夏の雲
      晶子の
       う堂


 帰りに振り返ると、晶子の自信に満ちた後ろ姿が印象的でした。

171217_akiko4.jpg

 次の機会には、晶子の歌碑めぐりをしたいと思っています。
 
 
 
posted by genjiito at 23:56| Comment(0) | ・ブラリと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。