2017年11月22日

「いい夫婦の日」は赤ワインで

 「誕生日」は、自分に関することとはいえ、人が祝ってくれるので、されるがままという雰囲気に包まれます。
 「母の日」や「父の日」は、なんとなく擽ったくて照れ臭い、人ごとのような実感の湧かない日です。
 それにひきかえ、「結婚記念日」と「いい夫婦の日」は、元気で今あることをお互いが祝福する、気持ちのいいお祝いの日です。

 今日は「いい夫婦の日」だそうです。一昨年の今日のブログを見ると、研究集会の記事の中に「いい夫婦の日」であることが埋もれていました。その記事では、「新宿に出て、妻と一緒にいつもの『岐阜屋』で諸々のお祝いをしました。」とあります。そういえば学生時代から、何かあれば妻と一緒に、新宿にある思い出横丁の『岐阜屋』でした。
 去年はどうしていたのか、ブログには特に何も書いていません。気づかないままに過ぎ去ったのかもしれません。

 単なる語呂合わせで【1122】なので、自分との関わりはまったくない日です。そのせいもあってか、気持ちに余裕があると、思い出しては、お祝いと称して祝盃をあげているだけのことです。

 今日は、授業の後に会議が2つありました。その間に、時間の隙間を縫うようにして8種類の書類を仕上げ、慌ただしく各部署に提出しました。私は、この書類作成が一番苦手です。そのため、いつも遅れがちとなり、締め切りギリギリになると大慌てです。懲りもせず、いつもの儀式となっています。

 ウトウトしていた車中で、フッと見た日付が「1122」。そうだった、と思い妻に連絡をすると、ワインがいいとのこと。大阪駅で乗り換える時に、赤のボジョレヌーボーを手に入れました。

171122_wine.jpg

 我が家では、血糖値を上げないようにと、ワインは赤にしています。
 今日もぐったりなので、陽気なラベルを見ながら頂くことにします。
 
 
 
posted by genjiito at 22:18| Comment(0) | *身辺雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。