2017年11月08日

43 回目の結婚記念日

 私が結婚したのは、大学院の一年生の時でした。独りで生活できない私を見かねた同級生の妻は、よちよち歩きの研究生活を、ずっとこれまで支えてくれました。以来、いろいろなことがあっての43年です。あっという間だったので、予想外に短かった、というのが実感です。

 今夏からは、公私にわたっての膨大な量の仕事を、なんとか無事にこなして来ました。それでも、大事な仕事が積み残しとなっています。申し訳ないことです。

 今日は、科研という大仕事がひとまず終わりました。この一事のために、夏以来、多大なエネルギーをつぎ込んで来たのです。後は、4月1日を待つだけです。いくつもの手応えがあったので、その結果が今から楽しみです。

 結果が確認できる仕事は、仕事のうちには入らないと言われそうです。そうであっても、今回は気合の入れようが違っていました。多くの方とお話をし、今まで見聞きしなかったことをたくさん学びました。こんな今だからこそ得られた手応えであり、感触です。
 事務方のみなさんはもとより、支援していただいた方にも、心よりお礼を申し上げます。
 夕方の会議が終わってから、一区切りがついたことを実感しました。

 いつものように、3時間半をかけての帰り道で、この文を書いています。
 今、結婚記念日のお祝いをする自宅近くのお店に向かっています。

171108_seryou.jpg

 明日からは、また時間に追われる日が続きます。それでもこうして、少しでも息をつげるタイミングがあることは幸いです。ひたすら突っ走って来たのですから、今日だけは息抜きともいうべき、43回目の結婚記念日であり66歳の誕生日を、妻と二人で祝います。

追伸
 孫娘からお祝いのメッセージが届きました。

171108_message.jpg 
 
 
posted by genjiito at 21:44| Comment(0) | *身辺雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。