2017年10月20日

マイクロソフトの心寂しくやがて笑える電話サポート

 新しく導入したパソコンで、マイクロソフトのワードとエクセルが使えないことが判明しました。今夏以来の悪戦苦闘が、結局は徒労だったのです。

 この夏、職場の研究室で使うパソコンを、Mac miniからiMacに変えました。
 タイムマシンで、これまでのデータを引越しした後のことです。マイクロソフトのワードとエクセルの認証手続きが、どうしても終わらないのです。この Office というソフトでできるのは、文書や表を見ることだけに限定されます。それも、時々できないことがあるので困っていました。編集はまったくできません。印刷は、できたりできなかったり。
 そもそも、私はワープロはほとんど使いません。エディタがあればいいのです。ただし、他の方からワードやエクセルのデータが届くことがあるので、それを見たり、手を入れることに使う程度です。

 コンピュータのトラブルに遭遇した経験は、語り尽くせぬほどあります。今回も私としては、あらゆる手を尽くして対処しました。職場のシステムエンジニアも巻き込んで、何とかしようとしました。お手上げです。そして、今日の電話によるマイクロソフトのY氏のサポートで、このパソコンではこのソフトOfficeが使えないことが明らかになりました。
 手元には、4台分の「Office Academic 2016 for Mac」があります。それ以外に、1台分の「Office 365 solo」と4台分の「Office Home & student 2016 for Mac」もあります。8台分の「Office:Mac 2011」も。
 いずれも、新しいiMacで使おうとしても、認証が受けられないものたちです。それぞれがどのような来歴で購入したものかは、今は措いておきます。

 そんな中で、「Office Academic 2016 for Mac」について限定しても、手元のiMacでは使えないことが、今日のネットを介してのリモートサポートの終盤で宣告されました。
 細かな経緯はさておき、最新のiMacでOfficeの最新版が使えないことの理由は、タイムマシンでこれまでのマックからお引越しをした際に、まるごと移行したからだ、ということになったのです。

 いくつか提案を受けました。しかし、それはOfficeを使うためだけのものであり、それ以外の多くのアプリケーションを使っていることは度外視しての提案です。他のソフトなどの設定をすべてやり直すなど、マイクロソフトの製品のためだけに、そこまで時間を浪費してはいられません。自分の会社の製品しか見えていない、貧困なサポートでした。

 また、「Office:Mac 2011」については、今月の11日にサポートを終了したので、それを使うことの案内は一切できない、と冷たく切り捨てられました。八方塞がりです。
 これに関しても、不毛なやりとりの再現は、アホらしいのでしません。日本には、こんな冷徹な文化はなかったな、との思いを強く持ちました。

 一昨日に電話口で対応してくださったのは日本語がたどたどしい方、昨日と今日は日本語は流暢な方でした。
 長々とバカげたやりとりに退屈したこともあり、iMacを導入する前に使っていたMac miniを取り出して起動させてみました。すると、「Office:Mac 2011」が元気に動くのです。このことを踏まえてのY氏からの対処法は、ワードとエクセルを使う時だけにはMac miniを使い、それ以外の時にはiMacを使う、ということに落ち着きました。これでサポートの打ち切りを急がれるYさんのことを思い、私も間抜けなサポートに飽き飽きしたこともあり、電話を切りました。
 延々、今日の仕事の合間に6時間もこの件で携帯電話越しのサポートを受け、その結果が失望以外の何物も残りませんでした。漫才のようなこのやりとりは、先方では「サービス品質の向上のため」に録音していたはずなので、いつか聞いてみたい気がします。
 なお、iMacのハード的な欠陥ではないと思われるので、アップルに持ち込んでも解決にはいたらないだろう、とのことでした。その上で、マイクロソフトの責任でもない、ということです。

 マイクロソフトとは1983年からなので、もうかれこれ30年以上のお付き合いです。実質的には、「MS DOS 3.3B」(1989年)まででしょうか。ウィンドウズが発表されてからは、あまりにも酷いOSだったのでアップルのマッキントッシュに鞍替えしました。マイクロソフトとはその後、マックのために開発されたと言われるエクセル以外とは縁を切りました。
 今回の件で、またマイクロソフトとは遠ざかっていきそうです。
 
 
 
posted by genjiito at 22:09| Comment(0) | ◎情報社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。