2017年10月19日

熊取ゆうゆう大学︰「若紫」を読む(その5)

 今日も、熊取ゆうゆう大学の講座では、8人で橋本本「若紫」の写本を読みました。
 テキストは、『国文学研究資料館蔵 橋本本『源氏物語』「若紫」』(伊藤鉄也・淺川槙子編、新典社、2016.10)です。
 今回は、変体仮名に慣れた学生さんに読み進めてもらい、私がその合間合間に話をつなげました。
 前回は巻頭部の最初の一行だけで終わっていたので、今日は少しペースを上げ、第一丁の裏まで進みました。
 しばらく間が開くと忘れがちな変体仮名は、以下の通りでした。
「堂」「新」「累」「多」「気」「万」「春」「登」「古」「者」

171019_NIJL-dou.jpg

171019_NIJL-si.jpg

171019_NIJL-ru.jpg

171019_NIJL-ooi.jpg

171019_NIJL-ke.jpg

171019_NIJL-ma.jpg

171019_NIJL-su.jpg

171019_NIJL-to.jpg

171019_NIJL-ko.jpg

171019_NIJL-ha.jpg

 また、「を」「遣」「世」のくずし字の字形が紛らわしいことも、要注意です。

171019_NIJL-wo.jpg

171019_NIJL-ken.jpg

171019_NIJL-se.jpg

 さらには、踊り字の「ゝ」や「/\」がなかなか識別できないことに対して、ぼやきながらの勉強会です。
 なお、「登」の説明で、箸袋に書かれている「御手茂登」(おてもと)や、「者」の説明で「楚者”」(そば)の例をあげても、若者たちにはまったく通じません。普通の平仮名で書かれたものしか見たことがない、とのことです。
 学校の周辺で、変体仮名を使った言葉の表記を、これから探してみることにします。そうでないと、信じてもらえないのです。次回は、この実例報告からとなります。
 社会人のお二人は、関西の学生特有のツッコミで私を困らせる、その軽妙さとおもしろさに、終始笑い転げておられました。
 次回は、11月2日(木)午後4時半から6時まで、大阪観光大学図書館で気ままに読み進んでいきます。
 以前7月にお知らせした日時と異なりますので、参加希望の方はお気をつけください。
 
 
 
posted by genjiito at 23:27| Comment(0) | ■講座学習
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。