2017年10月02日

府立医大病院で検査結果を元にした診察を受けました

 先週受けたMRI検査の結果が出ました。それを元にして、主治医の先生から説明を受けてきました。
 断層写真や3D化した画像をモニタに映写しながら、いろいろなことを話してくださいました。
 一番記憶に残っているのは、糖尿病患者にしては頭部の血管が予想外にきれいだ、ということです。また、脳腫瘍や脳梗塞の心配もないとのことです。つまり、脳に関しては、今のところは何も心配しなくていいようです。頸椎の狭窄も、心配するほどではありませんでした。いろいろと、一安心です。
 現在、頭が痛いのは後頭神経痛であり、ストレスが原因である可能性が高いと考えられます。そのため、仕事中でも適度なストレッチや筋力トレーニングを根気強く続けることで、少しずつ改善させるように、というアドバイスをいただきました。スポーツクラブに通っていることを伝えると、マシンジムでの筋力アップのメニューなどを勧められました。
 服薬としては、筋肉の緊張をほぐすための「テルネリン」と、痛みを緩和させる「ロキソニン」を2週間分いただきました。これは、前回投薬していただいた薬の継続分です。
 お医者さんの見立てでは、これで症状はよくなるだろう、とのことです。もしそれでも痛みがとれないようであれば、予約なしでもいいので診察に来るように言われました。
 今回の頭痛は、こうした経過により、当分は様子見ということになりました。
 そうこうするうちに、昨日から腰痛になり、立ったり座ったりで難儀するようになりました。
 加齢のため、と言われれば、もうどうしようもありません。
 思うに任せられないこの自分の身体に、とにかく気長に付き合っていくしかありません。無理をしないことを心掛けて、これからの日々を過ごします。
 また、いろいろな方にご迷惑をおかけすることになります。お約束している仕事も、当初の予定通りには進みません。すみません。生き存えることを最優先で、これからの日々に対処していきます。見限らないで、末永くお付き合いのほどを、よろしくお願いします。
 
 
 
posted by genjiito at 20:26| Comment(0) | *健康雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。