2017年09月16日

【補訂】同志社大学の公開シンポジウム「源氏物語と日本文化の秘めた力」に参加

 小雨の中、頭部神経痛の激痛を薬で散らしながら、今出川にある同志社大学「寒梅館」のハーディーホールに行きました。〈同志社大学創造経済研究センター<公開シンポジウム>「源氏物語と日本文化の秘めた力」〉があるからです。
 今回の趣旨は、以下の通りです。

【趣旨】
 同志社大学創造経済研究センターと京都と茶文化研究センターは、昨秋「茶文化の世界への発信――京都からの提言」シンポジウムを共催し、日本舞踊、能楽、茶、華といった伝統文化が京都という空間においていかに継承され、現代、そして未来にむけて発信されていくべきかについて、議論をおこなった。
 本シンポジウムでは、日本文化の本質を明らかにすべく、平安文化の現代的意義を解明することからはじめ、日本文化の思想性を様々な観点から議論する。伝統的な日本文化の持つ特色を明確化するために、茶のお点前のモーション・キャプチャーを例にとり、産学官共同、文理融合の学術観点からも幅広く議論する。そして、日本を代表する伝統文化が、京都という「伝統」と「革新」が共存する空間において、いかに継承され、どのような形で現代社会に息づき、さらに、いかなる将来性を含んでいるのかを、各界の専門家の方々とともに考えていきたい。
 日本の文化力の真髄を明らかにし、またその真髄を世界に発信していくには何が必要かを議論することは、文化を中心とした地域創生を進めるための政策を検討する上において重要な意味を持ち、文化庁の京都移転によって進める新たなる文化行政を考えていく上での課題を明らかにできると考えている。】


170916_sympo.jpg

 以下、不自由な右手を駆使してメモを取ったものを元にして、後で思い出せるように素描として記しておきます。

 午後1時から6時半までの5時間半にわたり、充実した時間に身を置くことができました。
 開会の挨拶(松岡敬学長)と「趣旨説明」(佐々木雅幸・同志社大学経済学部教授)の後、三部構成で進みました。
 
◆第一部 講演「文化庁の京都移転で目指すもの」
   松坂浩史(文化庁地域文化創生本部事務局長)
 文化庁が京都に移転してくることになり、その背景と今後について、詳しい説明がありました。
 ・文化庁とは何者なのか?
 ・2年前から少しずつ移転が決まっていった。
 ・来年が文化庁設立50年
 ・「人間国宝」は毎日新聞の記者が作った名言で、行政用語では「国宝」
 ・文化庁の主要活躍領域は「生活文化」である。
 ・質問はドイツの場合との違いと、文化とお金の問題
 
◆第二部講演「『源氏物語』−三角関係の謎」
   山折哲雄(宗教学者、評論家)
 次の3点がとりあげられました。
 (1)人間関係を当時の人がどのように考えていたか?
 (2)日本の文化は三角関係が正面から論じられたり証明されたりしないのはなぜか?
 (3)三角関係について考えたのは紫式部と夏目漱石の2人。ただし、漱石は後に裏切る。
 ・三角関係を「葵」巻が見事に表現している。出産場面がそれ。
 ・『紫式部日記』の出産は激痛分娩。無痛分娩と比較して考えるべき。
 ・物語と日記の出産場面はまったく同じ。
 ・夕霧の誕生と葵の上の死において、生霊が勝ったか法力が勝ったか?
 ・紫式部の人間認識は透徹していた。ただし、それが当時の貴族に共有されていたか?
 ・日記は出産場面で始まる。
 ・その日記で、『源氏物語』のように芥子の実を投じていないのはなぜか?
 ・『紫式部日記』で、生霊が明らかにされていないのはなぜか?
 ・この2つが疑わしい。当時の人は知っていた。しかし、明かさない。それは、定子だからであろう。
 ・日記で紫式部は、定子の物の怪化を消し去ろうとしていないか。これはどういうことか?
 ・三角関係について、感覚でわかる日本人は今はいなくなった。
 ・姦通という問題は、世界中で問題になっている。不倫も同じ。今の日本がそうだ。
 ・姦通や不倫の問題を、三角関係として人間関係を表現できるのが文学。
 ・本居宣長の源氏論と折口信夫の源氏論の中に、こうした問題や謎を解く重要な鍵があるのではないか。
 ・宣長は、もののあはれと物の怪を問題にしている。あはれ論が主流だった。物の怪は陰になっていた。
 ・加持祈祷は、神仏のしるしを大事にして、病気と闘う。薬を飲んだくらいでは解決しないもの。
 ・折口信夫は「色好み」で姦通や不倫を説いている。「思い隈なし」(思いやりがない)と言って理解している。
 ・しかし、このことばを折口信夫は、「執着心を相手に捧げる深い心」とする。
 ・折口信夫は、ホモセクシャルを大事にしながら、血縁脱却を見ている。
 ・宣長と折口信夫は共通している。
 ・このことが、『源氏物語』と『紫式部日記』の三角関係を読むのに参考になる。
 ・相手あっての二者関係、親子、夫婦の倫理の中で、三角関係を理解できるのか?
 ・三者関係の理解が大事。
 ・漱石は紫式部の考えを理解していたのではないか。
 ・漱石の小説の中心にあった三角関係は、二者関係になってしまう。自殺、狂気、宗教に行き着く。
 ・漱石は一人の世界を求めた。その方向に、日本の文化は移ってきている。
 
◆第二部朗読「京ことばによる源氏物語の女房語り」 
   山下智子(朗読家)
 『源氏物語』の第7巻「紅葉賀」を読んでくださいました。
 「朱雀院の御幸は〜」と、滑らかな京都弁で語られる物語を堪能しました。
 特に、若紫がしゃべるところが可愛くて、大いに楽しめました。
 最後は、原文のひとくだりを読んで綴じ目となりました。
 山下さんが主宰なさっている女房語りのチラシを紹介します。

170916_yamasita1.jpg

170916_yamasita2.jpg

◆第三部討論会「伝統文化と現代社会―文理融合の可能性」
 モデレーター:佐伯順子(同志社大学社会学部教授、京都と茶文化研究センター センター長)
   横川隆一(同志社大学生命医科学部教授)
   岩坪健(同志社大学文学部国文学科教授)
   河村晴久(能楽師)
 佐伯さんの司会で進行していきました。
 河村さんは、能を代表するものとして「船弁慶」と「葵の上」を選ばれた話。インパクトのあるものだからと。
 岩坪さんは、『源氏物語』が持つパワーや魅力を語られました。
 横川さんは、小笠原流の煎茶道のお点前を身体にセンサーを付けて工学的に解析(モーションキャプチャー)した結果を提示されました。熟練者は無心で、顎がほとんど動かないことがわかったそうです。
 横川さんが、『源氏物語』を語っている時の山下さんの気持ちを問われました。
 山下さんは、あまり感情的になってしまうのではなく、感覚的なものを大事にしていると。
 女房という立場で客観的に語るようにしている、とのことでした。
 横川さんは、運動行為として、謡や語りに興味を持った、とのことです。
 河村さんも、冷静な自分がいると。ひたすら型の世界。無意識部分がかなりある。
 岩坪さんは、『源氏物語』のテキストの中にも裏の意味がある例を挙げられました。
 本音を言わないので、そこのところを読むことが大事だ、と。
 京都で源氏を研究することの利点は。天気のことや作品の舞台の距離を身をもって、身近に感じられる。
 河村さんの話で、京都は天皇さんがおられた所で、江戸は将軍さんがおられた所だ、とのことでした。
 
◆閉会の挨拶 
   横川隆一(同志社大学生命医科学部教授)
 挨拶の中で、解答には複数あり、一つではない、ということを強調なさったことが印象に残りました。

 体調がよくなかったので、山下さんに少しご挨拶をしただけで、頭痛を我慢しながら帰りました。
 乱暴なメモで恐縮です。勘違いがありましたら、お許しください。
(170919_誤植を訂正しました。)
 
 
 
posted by genjiito at 20:14| Comment(0) | ◎源氏物語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。