2017年09月07日

読書雑記(209)山本兼一『黄金の太刀』

 『黄金の太刀 刀剣商ちょうじ屋光三郎』(山本兼一、講談社、2011.9)を読みました。

151022_ougon.jpg

 ペルリが来航した翌年の嘉永7年正月、江戸神楽坂で幕が開きます。
 御腰物奉行の家に生まれた光三郎は、勘当されて家を飛び出した男です。あることから一人の男を探し求めて、五か伝の鍛冶どころである相州鎌倉、美濃関、山城、大和、備前をめぐる旅に出ます。伝統文化としての刀鍛冶をテーマとする〔観光物語〕とでも言えます。
 鎌倉での正宗探しは楽しく語られています。現地取材をしている作者の姿を彷彿とさせる文章です。
 光三郎は、道中記を手にしていました。宿場間の距離や宿屋の数が書いてある案内書のようです。こうしたものが出てくるところからも、話が観光名所巡りの性格を帯びていることがわかります。
 各旅籠での食事も、丹念に記してあります。鎌倉は鰆、大和は茶粥、備前はバラ寿司。そして、各宿場での食事の膳には、魚、大根の煮付け、味噌汁が出て来ます。
 作者が楽しみながら書いていることが伝わってくる小説です。【3】
 
 
初出誌︰『小説現代』
 「黄金の太刀」  2009年6月号
 「正宗の井戸」  2009年8月号
 「美濃刀すすどし」2009年10月号
 「きつね宗近」  2009年12月号
 「天国千年」   2010年2月号
 「丁子刃繚乱」  2010年4月号
 「江戸の淬ぎ」  2010年6月号
 
 
 
posted by genjiito at 19:04| Comment(0) | ■読書雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。