2017年08月29日

読書雑記(207)望月麻衣『京都寺町三条のホームズ』

 『京都寺町三条のホームズ』(望月麻衣、双葉文庫、2015.4)を読みました。「第四回 京都本大賞」(2016年度)を受賞したことと、「キャラクターミステリー」と帯にあります。

170829_homes.jpg

 京都三条の骨董屋さんというと、山本兼一の〈とびきり屋見立て帖〉のシリーズを思い出します。幕末の道具屋夫婦のはんなり系時代小説です。残念ながら4作で急逝されたのが惜しまれます。

「読書雑記(56)山本兼一『千両花嫁 とびきり屋見立て帖』」(2012年12月18日)第1弾

「読書雑記(57)山本兼一『ええもんひとつ ―とびきり屋見立て帖』」(2012年12月19日)第2弾

「読書雑記(63)山本兼一『赤絵そうめん』でお茶のイメージトレーニング」(2013年04月17日)第3弾

「読書雑記(100)山本兼一『利休の茶杓 とびきり屋見立て帖』」(2014年06月03日)第4弾

 これは、坂本龍馬や近藤勇などが出てきたので、明治になる直前の京都三条が舞台でした。本作『京都寺町三条のホームズ』は、現代を舞台とします。京大の大学院生が、骨董にまつわる謎を的確な判断で解き明かします。
 下鴨神社の近くに「葵書店」というお店があるとありました。実は、「葵書房」なら我が家の近くにあります。方角は反対ながら、右京区には「あおい書店」があります。固有名詞を少しずらして使っていることがわかります。
 気になったことがあります。テンポよく進む話に、背景がないのです。演劇の舞台で使われる、簡単な作り物のようだったり、それらしい背景画なのです。物語はおもしろいと思います。しかし、なんとなく深みにかけるのは、そんなことが原因なのかもしれません。この手のライトノベルとされているものは、軽く読み流すべきかもしれません。しかし、それではもったいないと思います。
 ここに集められたら作品の中では、『鞍馬山荘遺品事件簿』が一番おもしろいと思いました。また、『祭りのあとに』が一番印象に残りました。この作者は、今後とも追いかけて読んでみたいと思います。
 本作には、随所に京都の歴史、地理、文化が語られています。まだ京都をよく理解していない高校生である葵のための、勉強も兼ねた説明なのです。しかし、それが読者には京都へ行きたくなるような、誘い水になっています。観光気分に浸れる、爽やかなご当地小説の出現です。【4】
 
 
 
posted by genjiito at 21:57| Comment(0) | ■読書雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。