2017年08月12日

丸善での講演会「京都の伝統文化 地蔵盆の歴史を知る」に行って

 丸善京都本店で開催された、「村上紀夫先生 講演会 京都の伝統文化 地蔵盆の歴史を知る」に行ってきました。会場となった丸善は、梶井基次郎の『檸檬』に出て来ることで知られているお店です。精算所の横には、『檸檬』の記念スタンプや手拭いが置いてあります。

170812remon.jpg

 村上氏の新著『京都 地蔵盆の歴史』については、一昨日の本ブログ「読書雑記(203)村上紀夫『京都 地蔵盆の歴史』」(2017年08月10日)に書いた通りです。
 この講演会は、『京都 地蔵盆の歴史』の刊行を記念して行われたものでした。この本については、丸善のホームページには次のように紹介されています。


『京都 地蔵盆の歴史』

毎年地蔵菩薩の縁日である8月24日頃に京都の各地で実施される年中行事。「お地蔵さんが子どもを守る」という理解から、子どもたちの祭りと一般的には認識されている。京都のみならず、近郊の大阪・滋賀などでも実施されているが、京都で特に盛んに行われていることから、京都の盆行事の特色とされ、京都の都市文化を知るうえで欠かせないものと言えるが、これまでその歴史研究は皆無であり、本書は地蔵盆の歴史研究に初めて本格的に取り組んだ1冊といえる。

<著者紹介>
村上紀夫(むらかみ のりお)
1970年愛媛県生まれ。大谷大学大学院文学研究科博士後期課程中退。博士(文学)(奈良大学)。現在、奈良大学文学部准教授。著書に『近世勧進の研究』(法藏館、2011年)、『まちかどの芸能史』(解放出版社、2013年)がある。


 本日の講演会では、スライドで市内のお地蔵さまを映し出し、現在行われている地蔵盆の様子なども説明しながら話は進みました。
 平成25年のアンケートでは、京都での地蔵盆は79パーセントが実施しているそうです。東山区では90パーセントとも。
 また、京都中にお地蔵さまは1万体もあるそうです。京都では、警察官の数よりもお地蔵さまが多いし、コンビニや郵便ポストよりもお地蔵さまが多いということも驚きでした。
地蔵盆は、京都を中心とした限られたものであり、歴史的な研究はまったくなかったそうです。
 配布された資料は、A4版3頁分です。お話はキビキビとした歯切れのいい口調で聴きやすく、楽しく語ってくださいました。最後には、質疑応答が30分にもわたってありました。参加者の問題意識が高かったこともあってか、難しい質問が多く出ました。奈良や大阪の例に始まり、青森にも地蔵盆があることは意外でした。
 その質問の中でも、主役であるはずの子供の姿が、著書にも今日の話にも語られなかったことについては、私も疑問に思っていたことでした。村上氏の回答では、歴史的に意義のある資料に基づいての考察であり、著書の内容も大人が記した文献によっての成果なので、女性や子供たちの姿が見えないものとなっているのは確かである、とのことでした。子供たちは文献としての文字の上からは語り手にはないとしても、地蔵盆の時にはお地蔵さんの回りを飛び跳ねながら楽しんでいたはずであり、今も楽しみにしているので、今後は女性や子供たちの存在も浮かび上がるようにしたい、とおっしゃっていました。
 この地蔵盆については、今後ともいろいろなことがわかっていきそうです。楽しみなテーマだと思いました。
 今日は私の町でも、朝から地蔵盆の会場となる公園の掃除がありました。まさに今、タイムリーな話題でもあり、多くの刺激をいただきました。
 私が住む町内会の地蔵盆は19日なので、またその時にこのことについて書きましょう。

 なお、これまでに本ブログで取り上げた地蔵盆に関する記事は、以下の2つがあります。参考までに引いておきます。

「京洛逍遥(337)下鴨神社の盆踊りと地域の地蔵盆」(2014年08月23日)

「京洛逍遥(158)上善寺の小山郷六斎念仏」(2010年08月23日)

 
 
 

posted by genjiito at 22:31| Comment(0) | ・ブラリと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。