2017年08月07日

スポーツクラブでの身体測定では29歳の身体だとか

 今日から、近所にある「コナミスポーツクラブ」に通うことにしました。
 これまでが文部科学共済の法人会員だったのを、これからは日本私立学校振興・共済事業団の法人会員に契約が変更となりました。

 まずは、何度目かの再出発(?)いや再々出発に当たり、自分の身体の実態を知ることからです。これまでに何度も受けた身体測定から、申し出て実施してもらいました。
 過去の測定記録は、プリントアウトを持っていました。しかし、引っ越しが度重なったために、今すぐには出てきません。また見つかったら今回のものと比べてみます。

 今回の測定で驚いたのは、「基礎代謝量」というものが本当だろうかと思うほどに高かったのです。8段階の7という好成績でした。それ以外はすべて、8段階の1から3という非常に低レベルです。
 私は痩せ細った身体なので、とにかく筋肉を付けて体重を増やしたいと思っています。その意味では、「基礎代謝量」以外は納得できる数値です。この「基礎代謝量」なるものが高いということが、私にとって一体何を表しているのか、またいつか考えてみます。

 また、腕の筋肉量が予想外に多いことにも驚きました。そして、案の定、足の筋肉量が8段階の1と、極端に少ないことにガッカリ。運動不足以外の何ものでもありません。ウォーキングと称して歩いているつもりでも、実際には運動になっていないことがわかりました。

 その後、エアロバイク(自転車)での体力測定もしました。
 これは、これまでにも何度もやったことがあり、いつも18歳の体力だという結果が出ていたものです。昨日の記事で過去のブログを紹介している中にもある通りです。
 今回はどのような結果かと楽しみにしていたところ、私の今日の体力年齢は29歳とのことです。実年齢よりも相当若く出ています。これまでもそうだったように、このエアロバイクの体力年齢は、景気づけの励まし程度のものと思っておいた方がいいようです。それにしても、二十歳代とは、悪い気はしません。

 今回、久しぶりにコナミに来て、計測結果がデータとして記録されないシステムになっていたことに驚きました。しかも、それは今春からだとのこと。これまでは、その日のデータがバックアップデータとして記録されていたので、銀座で運動した数値や身体計測の結果などが、立川や横浜や京都のコナミでも引き継いで累積していました。どこで運動をしても、前回までの数値と比較したり、運動量を加算できたりしていたのです。そのシステムが廃止となり、データがその場で捨てられることになったのです。いろいろと事情があるのでしょう。しかし、デジタル化の時代と逆行するサービスの低下としか思えず、非常に残念なことだと思います。

 そんなことはともかく、今度こそは続けて通いたいと、決意を新たにしているところです。
 
 
 
posted by genjiito at 23:56| Comment(0) | *健康雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。